[第2回]「普通」だった僕が、12歳で自律神経失調症になった。のタイトル画像
Story long headline

[第2回]

「普通」だった僕が、12歳で自律神経失調症になった。

全員が不登校を経験した3人組バンド、JERRYBEANSの一員として「講演ライブ」を行っている八田さん。「学校は楽しいものだと思っていた」そんな八田さんが、不登校を経験した小学校6年生から中学3年生までの間について、どんな葛藤を抱えていたのかお話を伺います。

学校は楽しいものだと思っていたのに

本当に普通。勉強もスポーツも「普通」くらい。
友達はまあまあいて、小学校の4年生までは学校もずっと楽しかった。

それまで学校が大好きだったのは、クラスに恵まれていたからなのだろう。
学校は楽しいものだと思っていた。なのに、5年生の新しいクラスは、これまでと違っていた。
あまり良い雰囲気のクラスとは言えなかった。
[第2回]「普通」だった僕が、12歳で自律神経失調症になった。の画像
講演ライブでの八田さん

原因不明の腹痛が続く日々

仲の良かった子が、クラスメイトからかわれていた。
おもちゃの銃を持った7~8人のクラスメイトから町中を追いかけられたこともある。

今考えるといじめだったのかもしれない。
一緒に逃げた日の翌日「次の標的は八田君らしいで」と噂を聞いて、とても怖くなった。

ある朝、登校時間になると調子が悪い。
病院に行っても、原因がわからない。

また次の朝、行こうと思ってるのに体調が悪い。
でも、病院では何も診断されない。

そうやって不調が続き、学校を休み始めた。
ずるずる休んで、どんどん学校に行きづらくなっていった・・・。

クラスの雰囲気、友達関係、大切にしていたペットの死。
休み始めた時期は、僕にとってしんどい事が重なっていた。
[第2回]「普通」だった僕が、12歳で自律神経失調症になった。の画像
講演の打ち合わせ
学校に行けなくなって苦しかった。
上手くいかないことが重なったのは初めて。
親の期待に応えたい、上手くできない自分が恥ずかしい・・・そんなループから抜けられない。

しばらくして「自律神経失調症」と診断された。ストレスが原因らしい。
学校に行ったとき、意志とは裏腹にボーっとしてしまい、何かが迫ってくるような、気分が悪くなることもあった。今思えば、あれはしんどさが体にあらわれてたんだと思う。

友達にも会えない、しんどい日々が始まる。

仲良かった友達が、家に来てくれたこともあった。
会いに来てくれて嬉しい、友達の気持ちにも応えたい、頑張りたい。

でも身体は学校を拒否する。しんどい日々が続いていた。

最初のうちは毎日学校に行くか行かないかと、母親と喧嘩。
母親は、どう思っていたのだろう。
「まさかうちの子が不登校なんて」と動揺していたのかもしれない。

心配してくれている、その気持ちはわかる。痛いほどわかる。
でもその想いに応えられない自分が辛かった。

父親はというと、「休んでるんかぁ」と一言。
「ぼくに無関心なんや」と寂しかったけれど、「学校に行け」「家いても勉強くらいはしろ」なんて一切言わずに、そのままでいてくれたのは、すごく有難かった。

あの頃僕は、学歴が無いとまともな人生送れないと思っていた。
「どんな大人になるんやろ」と心配だったたけれど、今仕事があって信頼できる仲間がいて、笑って毎日過ごせている。
こんなに変われたのは、僕を無理に変えようとしなかった親、そして仲間のお陰だ。
[第2回]「普通」だった僕が、12歳で自律神経失調症になった。の画像
取材中も終始爽やかな八田さん

次回

「あの頃はとにかく自分を責めていた」という八田さん。取材中、何度も繰り返し出てくる言葉は、「親の変化」そして「仲間との出会い」。—次回はこの2つのキーワードが八田さんにどのような変化をもたらしたのか、そして、全国の親御さんへ伝えたいメッセージをお伺いします。
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
Story bar line Story bar line