[第1回]教員採用試験で初めてのカミングアウト。自分の考えが間違ってたことに気づいたのタイトル画像
Story long headline

[第1回]

教員採用試験で初めてのカミングアウト。自分の考えが間違ってたことに気づいた

現在大学院生の岩元さんは会話を始めようとするとき、冒頭の言葉が詰まり、スムーズに音が出てこない「吃音」という言語障害がある。 「いやぁ〜さすがにもう訛ってないですよ!(笑)」そう言うが、会話の端々には地元鹿児島の風がしっかりと残っている。そんな大らかさと、明るく柔軟な雰囲気とは裏腹に、瞳の奥にはしっかりと強い意思を感じる。彼の人生を1つひとつ聞いていきたい。

人と話すしかないような環境を選んでは「よし、これも訓練だ」と思って(笑)

ー岩元さんが吃音になったのはいつ頃ですか?

岩元:3歳のとき目の前でお母さんが倒れたのがショックで、一時的に言葉を失くしました。その後言葉は戻ってきましたが、以前のように流暢には話せなくなりました。

冒頭の言葉を「ぼ、ぼ、ぼくは」と繰り返したり、最初の文字を「あーーーー」と引き延ばしたりして、やっと次の言葉が出てくる感じですね。中学生くらいから自己流の発話訓練をやりながら、模索しています。

ー自己流の訓練というのは…

岩元:自分の場合は、声帯が勝手にぎゅっと閉じて声が出なくなる感覚なんですよ。
緊張するとクッと力が入るので、声帯をこじ開けて声を出すためにとにかくゆっくり話すという訓練をしてきました。

咄嗟に話し言葉が出てくるかどうかも、経験値によってだいぶ変わってくるんですよ。

[第1回]教員採用試験で初めてのカミングアウト。自分の考えが間違ってたことに気づいたの画像
ーそうなんですね。

岩元:だから大学に入ってからは、アルバイトや大学イベントの実行委員などをかなり積極的にやってきました。人と話さざるをえないような環境を選んでは「よし、これも訓練だ」と思って。(笑)

ーすごい、アグレッシブ。

岩元:そうでしょ?(笑)緊張していなければ今のように流暢に話せますけど、それでも、うーん、まだ全然駄目ですね!

就活の面接や大学のプレゼンでも、自分の番になると緊張して心拍数が上がり結局全然話せなかったりしますからね。

自ら「障害を理解してもらえる環境を作ろう!」とは動かなかった。それがダメだったなと思う

当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
Story bar line Story bar line