マイナスなイメージに悩んだ末…我が家が療育手帳を取得した理由

マイナスなイメージに悩んだ末…我が家が療育手帳を取得した理由のタイトル画像

長男が診断ありの自閉症、次男は診断名特になしの発達遅滞。二人とも療育手帳を取得しました。「療育手帳」への抵抗が無かったとは言えませんが、取得に至った過程と心境を少しお話しします。

E6ba73dc9533e190c71bfc3877414870457f1533 s
17419 View

療育手帳の取得に悩む…

療育手帳の取得、みなさんはどうお考えですか?
「言わなければ(いざとなるまでは)わからない」タイプの子を持つ親御さんにとっては、悩みの1つだと思います。

我が家も療育手帳の取得については、何度も家族会議を重ねたものです。療育手帳のもつマイナスなイメージが心のどこかで払拭できず、とても悩みました。

ただ、最終的には、転居をきっかけに、転居しても切れ目なく療育を受けるための印籠として取得に踏みきったのです。

社会からみたイメージを知って

療育手帳に対して、そもそも私たち夫婦は当初から抵抗はありませんでした。

ですが、インターネットで「成長過程で手帳を返したが、就職の際に不当な扱いを受けた」という話を見て驚きました。

周りからは「障害者のレッテルを貼ることになる」と言われ、憤慨。

何が一番子どものためになるのだろう、そう考えて模索する中で、療育手帳が本来の役割と異なったマイナスイメージを抱えていることに気がつきました。

療育手帳を取ることで「我が子の経歴に取り返しのつかない傷がつく」そう感じている方が多いこと、その背後には障害があるということを「傷」だと考えている人々が、まだまだ世の中に多いのだということも強く実感しました。

子どもの将来に選択肢を

そんな話を聞いていると、抵抗は無かったものの、不安になる瞬間もありました。

しかし私は将来のことを考えると、やはり手帳の取得が必要だと判断しました。

将来というのは子どもの就職についてです。

万が一、障害のない人と同じ条件で就職するのが難しくなった場合、障害者雇用で仕事に就けるようにしておきたかったのです。

成長を経て、息子の障害の判断がより複雑になる前に取得しておこう、そうすれば万が一の策はとれる。もし成長を経て、療育手帳が要らない生活になった時にはお返しすればいい、そう考えました。

診断なしの次男も取得へ

長男の取得から1年後、次男も療育手帳を取得することにしました。

次男は、障害名の診断は受けていませんが「発達に遅れがあるんだな」と、なんとなく把握しているという状態です。
4歳になってもお話しができず、オムツも取れません。そんな彼が、このまま彼のペースでゆっくり大人になってもいいように、手帳を取得することに決めました。
療育手帳を取得して、思いもよらぬサポートもありました。

まずは都内だと役所や公園の駐車場が、場所によっては無料で使える場合があること。
おかげさまで、週末は人の少ない公園を狙って車で出向き、時間を気にせず思いっきり遊ばせることができます。

もうひとつは補助金がもらえること。

療育手帳を持っているというだけで、私が住んでいる区では月4000円程度の補助金が区から支給されます。
この補助金は障害者本人の口座へ入金されるため、このままずっと貯めておけば彼らが成人する頃にはちょっとした金額になっているはずです。
彼らが自立することができたなら、もしも私や主人に何かあったなら…。そんなときの足しにしてほしいと思っています。

療育手帳のマイナスイメージを消すのは私たち

療育手帳を取るか取らないか。

それ自体が悩みなるような時代であることを悲しく思います。

サポートが必要な人が、心配せずに療育手帳を取得できるよう、またサポート受けた本人が将来差別や偏見の対象にならないような、そんな社会にしていきたいと思っています。

社会を変えていくのは、誰かがやってくれることではありません。療育手帳の取得は、「アクションを起こすのは親である私たち」そんな思いを抱くきっかけにもなりました。
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
Avatar11
Column title

あわせて読みたい関連記事

Area search

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。