聴覚過敏の原因と、具体的な改善方法は?

聴覚過敏の原因と、具体的な改善方法は?のタイトル画像

日常生活や学校・仕事に支障をきたすこともある聴覚過敏。周囲の人が気にしないような音が、耳を覆いたくなるほど気になってしまう。普段は気にならなかった音が、やけに頭に響く。これは体からのサインです。ここでは、聴覚過敏の具体的な特徴、原因や改善方法などについて詳しくお伝えします。

発達障害のキホンのアイコン
発達障害のキホン
869394 View
目次

聴覚過敏とは?

聴覚過敏とは、感覚過敏のひとつであり、英語ではHyperacusis 、または Phonophobiaと表記されます。耳に入ってくる環境音に対して、不快感や苦痛をともなう状態を指します。聴覚過敏は、音に不快感をもっているという「状態」であり、あくまで病気ではありません。

聴覚過敏には、はっきりとした明確な定義はなく、医師のとらえ方によりその定義が異なります。

聴覚過敏を指す用語にはいくつかの種類がある。
Hyperacusis:音に対する異常に低い許容
Phonophobia:音や声への不合理な恐れ
Odynacusis:聴覚刺激による疼痛
この中でもHyperacusisが聴覚過敏一般を示す用語として用いられる。

引用:聴覚過敏の診断と治療|坂田俊文,日本耳鼻咽喉科学会会報120(9) p.1184-1185,2017年

出典:https://www.jstage.jst.go.jp/article/jibiinkoka/120/9/120_1184/_pdf/-cha...
聴覚過敏は年齢や性別に関わりなく起こる症状であり、原因も様々です。例えばストレスや、または顔面神経麻痺、てんかん、難聴などの疾病がその背後に潜んでいます。また、症状の度合いもばらばらです。 あまりに症状がひどいときには、身体的・精神的な負担により、日常生活に支障をきたすこともあります。

聴覚過敏の症状は?どんな音が気になるの?

音が響く

定義の曖昧な聴覚過敏ですが、「音が響く」ことが症状を表すひとつのキーワードになります。具体的には以下に紹介するような表現で症状を表わします。

・耳をつんざくように音が響く
・頭の中で音が反響する
・耳に音が刺さって、脳が震える感じ

症状の程度も様々であるといわれています。例えば、作業を中断せずとも我慢できる場合から、意識がもうろうとして横にならないと耐えられないほどの場合もあります。聴覚過敏の症状が強い場合、耳をふさぎたくなるほど耳の奥が痛くなったり、頭痛が起きたりするような身体的な痛みを伴うことがあります。症状の程度によっては休憩をとったり、不快感の原因となっている音から離れたりすることが必要です。

気になるのはどんな音?

不快感をもよおす音には個人差があります。以下では、聴覚過敏の症状がある方にとって不快な音となりやすいものの例をいくつか紹介します。

・人と人が会話している音
・救急車両のサイレンの音
・打ち上げ花火の音
・駅や街中での人ごみの音
・子どもの声
・ゲームセンターやボーリング場での音
・ドアの開け閉めやノックの音
・食器と食器が触れ合う音

特に、低い音よりは、女性の話し声や子どもの騒ぎ声、また食器が触れ合う音などの高い音を苦痛に感じる人が多いようです。ある特定の音が気になる場合もあれば、耳に入る全ての音に対して苦痛をもよおす場合もあります。精神状態や体調によっても不快感の度合いは異なります。

聴覚過敏に至る原因、メカニズムは?

それではどのような原因によって、聴覚過敏に至るのでしょうか。ここではそのメカニズムについてお伝えします。原因はひとつだけではなく、組み合わさっていることもあります。

脳や耳の身体的機能不全

1. 音を伝えるシステムがうまく働いていない
強大な音が入ってきたときには、私たちの耳では、音をそのまま耳の奥の細胞に伝えることを防ぐためのシステムが働きます。具体的には、鼓膜を緊張させたり、「耳小骨」と呼ばれる骨の音の伝わり方を調節させたりするのです。このシステムが何らかの原因でうまく機能しないと、大きな音が直接耳に飛び込んできて、耳の中で音が鋭く響いてしまう症状が見られることがあります。顔面神経麻痺、てんかんの際に生じる聴覚過敏はこれにあたります。

2. 音の強弱を調整するシステムがうまく働いていない
耳の中の鼓膜のさらに奥に「蝸牛(かぎゅう)」と呼ばれる部分があります。そこには、内有毛細胞という「音を電気信号に変換して脳に情報を送る細胞」があります。この細胞がうまく働かないと、音の強弱が調整されにくくなります。音の強さが少し強くなっただけなのに、音がものすごく大きくなって響くような感じがするときには、この内有毛細胞がうまく働いていないと考えることができます。このような現象は、補充現象(Recruitment)と呼ばれます。

3. 音の情報を処理する脳機能が何らかの問題を起こしている
私たちは、自分にとって必要な音とそうでない音を、無意識にふりわけて脳の中で処理をしています。それを選択的注意といいます。聴覚過敏の症状が現れるときには、この選択的注意が機能していないことがあります。情報の取捨選択ができず、脳が耳に入る全ての音に対して情報処理を行おうとしている状態であるといえます。

もうひとつ考えられる原因としては、聴覚の情報を処理する脳の機能である「聴覚野」の感度が上がって、音がやけに大きく聞こえるのではないかと考える医師もいるようです。偏頭痛の際に生じる聴覚過敏はこのケースが多いと考えられています。

自律神経の乱れ

聴覚過敏の症状を訴える人には、ストレスを抱えている場合が多いです。体を健康に保つための機能について理解をする必要があるでしょう。ここでは自律神経と呼ばれる私たちの体を整えている神経の仕組みについてお伝えします。

健康な状態であるときには、交感神経と副交感神経というふたつの神経により構成されている自律神経のバランスが整っている状態です。しかし、精神・心身に過度のストレスがかかると、自律神経に乱れが生じます。

つまり、交感神経が緊張状態に陥り、副交感神経の働きが低下するのです。交感神経の緊張状態は、アドレナリンを体内に作用させます。アドレナリンは、生命の維持のために必要な体を活発にさせるホルモンですが、過剰に作用しすぎると、心拍数が急増したり、血管に過度に収縮が起こります。

これが聴覚過敏を伴う耳鳴りや難聴など、耳の不調の原因のひとつとなります。耳の症状のほかにも、肩こりや手足のしびれ、頭痛など様々なさまざまな体の不調を引き起こします。

聴覚過敏が起こりやすい人は?

身体的・精神的なストレスにさらされ続けている人

具体的には
・生活の中でトラブルを抱えている
・チームの中心的役割に立っている
・気が休まらないような心配事を長く抱えている
・体に負担がかかり続ける環境に置かれている

上記のような場合はストレスにさらされやすく、その結果聴覚過敏の症状が出ることがあります。

身体的なトラブルを抱えている人

疾患のあるときや、身体的なトラブルを抱えているときに聴覚過敏の症状が出ることがあります。

まずひとつには、難聴を伴う疾患です。具体的には、突発性難聴、急性低音障害型感音難聴、メニエール病などの耳の疾病のあるときには聴覚過敏の症状が見られます。このようなときには、同時に耳鳴りの症状が見られるときもあるようです。
 
もうひとつには、女性の場合月経前や月経中には、普段気にならなかった音が気になってしまいイライラするということがあります。聴覚過敏のほかにも、めまいや耳鳴りの原因が月経前症候群(PMS)だったということも考えられます。

発達障害と聴覚過敏の関係は?

発達障害のある人は、定型発達の人に比べると、外部の様々な刺激に対して知覚作用が鋭いことがあります。聴覚のほかには、視覚、触角、嗅覚、味覚などで、これらを総称して五感といいます。ある研究では、特に自閉症スペクトラムの子どもの幼児期、具体的には2、3歳児に高い確率で聴覚過敏の症状が現れるという示唆が得られています。

発達障害の子どもは幼児期に、特定の音に対して耳を塞ぐ、または泣き叫ぶなど強い抵抗感や拒否感を示す場合があります。耳鼻科を受診しても異常が見つからなかった場合には、発達特性としての聴覚過敏の可能性を検討してみましょう。子どもの特性を理解し、その子が苦手な音が起こりにくい環境調整をする、嫌な音が起こった時の対処法を子どもが身につけられるよう支援するなど、子どもが苦しみを軽減させる手立てを探していきましょう。
「教室で集中できない!」聴覚過敏の息子が取った行動とは?のタイトル画像

関連記事

「教室で集中できない!」聴覚過敏の息子が取った行動とは?

聴覚過敏かな?と思ったら

生活を見直す・ふりかえる

原因、メカニズムの章でお伝えしたような、ストレスやプレッシャーがかかる場面に長くさらされ続けていないかをふりかえり、聴覚過敏に至るまでの経緯と背景を見直すことが大事です。現在の日々のスケジュールや、身を置いている環境を今一度ふりかえってみましょう。「しなければならない」作業や、過剰な心配ごとに押しつぶされてはいないでしょうか。

専門家に相談する

もうひとつ、改善のために考えられるのは専門家に見てもらうという方法です。聴覚過敏の場合には精神科・心療内科もしくは耳鼻科に行くとよいでしょう。

改善方法と気をつけたいこと

聴覚過敏については、耳鳴りに比べると情報が少なく、医師の間でもその治療方法はさまざまで手探りな状態です。なのでこちらの章では、少しでも聴覚過敏の症状を和らげるための具体的な手立てについてご紹介したいと思います。

病院での治療

疾病を伴う聴覚過敏の場合には、その疾病の治療に取り組みます。しかし、聴覚過敏そのものについての根本的な治療の手立ては確立されていないのが現状です。病院や医師によってその方針は様々です。

精神科・心療内科では、お薬を出してもらえるほか、カウンセリングなどの心理療法を受けられることがあります。耳鼻科では、その症状に至るまでの経緯や、睡眠時間や職場の環境、家での過ごし方など生活について医師から訊ねられます。原因について解明したあと、お薬を出してもらったり、生活指導を受けたりすることになります。また、耳鳴りの症状に対して施される「TRT(Tnnitus Retraining Therapy)」という治療をしてもらえる病院もあります。

リラックスを心がける

聴覚過敏の症状は、心因性である場合が多いです。症状の根っことなっている原因に光を当て、その生活習慣を改善するという方法がもっとも有効でしょう。

感覚過敏は精神状態の影響を受けます。精神状態が悪く不安が強いと重くなる傾向があります。積み重なっている仕事や心配事を一度わきに置いて、リラックスを心がけ余裕をもちましょう。

治療・薬を「加える」ことだけでなく、聴覚過敏を引き起こしている原因となる物事(ストレスやプレッシャー、心配事など)を「減らす」という視点も持っておくのがよいでしょう。

環境を調節する

負荷のかかる音声が少なくなるように、環境を調節することも大事です。可能であれば大きな音のある場所には行くことを避けましょう。例えば、スーパーのがやがやした音が苦手であれば、人の少ない夜の時間や朝に行くことができます。しかし、このように都合よく音響に関する環境を整えることができない場合もあるでしょう。

そのように周囲の環境を調節できず、聴覚過敏の症状が強く、またそのような環境下に長くいなければならないときには、耳栓やイヤーマフを着用して音を塞いでしまうのもひとつの方法です。耳栓をすることによって、自分の耳に入る音をコントロールすることができます。

耳栓もイーマフも製品によって、遮音を得意とする音域が変わってきます。製品を選ぶときには、「自身の耳(あるいは耳の穴)の大きさにあったもの」、「使用していて痛くないもの」、「自身の苦手とする音をカバーしてくれる遮音性能のあるもの」という3つの観点をもつとよいでしょう。

聴覚過敏の症状を訴える子どもが周りにいる場合には、周囲の大人が環境に配慮する必要があります。例えば、ドアの開け閉めをそっと静かにする、大きな音を出すことを避けられないときには、子どもを別の部屋に移動させるなどです。このように少し気遣うだけでも子どもの症状は軽減されます。
イヤーマフとは?聴覚過敏に対処するためのイヤーマフの選び方とオススメ4選のタイトル画像

関連記事

イヤーマフとは?聴覚過敏に対処するためのイヤーマフの選び方とオススメ4選

一方、耳栓の着用に関しては専門家の間でも賛否両論の声があるので、注意が必要です。聴覚過敏がきつくて、どうしても騒音の環境に身を置かなければならないときではない場合以外にも常に耳栓の着用をしていると、聴覚過敏が慢性化することがあるようです。

というのも、「音を聞くため」にある耳を常に塞ぎ、その機能を抑制してしまうと、音を伝えるシステムに摩擦を生むと言われているからです。その摩擦が体内で大きな抵抗を生み、自律神経の偏りに拍車がかかります。その結果、耳が詰まったり、本当に聞こえにくくなってしまうという反応が現れることがある、という説もあります。

耳栓やイヤーマフを着用する際には、主治医など専門家の意見も聞きながら、必要な場面で必要な頻度にとどめて使用すると良いでしょう。

聴覚過敏の体験談

聴覚過敏に関する体験談や意見を紹介します。

小2の息子は、自閉症で感覚過敏は聴覚が特に酷いです。
お子さんの ”ザワザワした感じ”が辛い、というのは息子とも傾向が似ています。
就学前に苦手な音域を調べたのですが、教室内のようなスピーチノイズ(広帯域雑音)が最も不快だったようです。

お子さんも不快さだけでなく、雑音の中から先生の声を拾いにくいことはないでしょうか..?
聴覚過敏だと本来はフォルターでカットされるべき雑音が、拾うべき音と同じ大きさに聞こえてしまうので、息子には一斉指示が通りにくく30名が同じ空間で過ごす普通級はとても無理でした。

出典:https://h-navi.jp/qa/questions/114598
聴覚過敏のひとつの選択的注意が困難となっている場合です。すべての音が刺激となって脳に入ってくるときには、集中できるひとつの音を用意することで、それ以外の音を刺激として取り入れずに済みます。

また、子どもが聴覚過敏をもっているかそうでないかは外見からは判断できません。「聴覚過敏がないかもしれないけれど、もしかしたらあるかもしれない」とその可能性について配慮するだけでも救われる子どもがいます。

まとめ

以上、聴覚過敏の具体的な特徴、原因や改善方法などについてご紹介しました。聴覚過敏は、誰にいつ起きてもおかしくない症状であることもわかっていただけたと思います。

音に対する反応の仕方は様々で、いらいらしたり、パニックになることもあります。それは本人にとってはとても重要なことで、決してわがままでも贅沢でもありません。

自分にとってはなんてことのない「普通」の音が、聴覚過敏の症状をもつ人にとってはひどい苦痛をもたらしていることがあるのです。聴覚過敏は、何らかの負荷がかかっているという体からのサインです。

周囲の人が気にしないような音が、耳を覆いたくなるほど気になってしまう。そんな症状が出てきたときには、ストレスや負荷がかかっていないかもう一度ご自身の生活を振り返り、適切な対処を心がけましょう。
防音用イヤーマフ PELTOR PTL(PUSH TO LISTEN)
Peltor
自閉症と感覚過敏―特有な世界はなぜ生まれ、どう支援すべきか?
熊谷高幸 (著)
新曜社
スーパーに行くと“音”にやられる!?ぐったりする息子の脳内で起こっていたことは…のタイトル画像

関連記事

スーパーに行くと“音”にやられる!?ぐったりする息子の脳内で起こっていたことは…

療育はほどほどに!?聴覚過敏でジェットタオル拒否の息子。17歳になった今振り返る、療育のありかたのタイトル画像

関連記事

療育はほどほどに!?聴覚過敏でジェットタオル拒否の息子。17歳になった今振り返る、療育のありかた

当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

発達障害のキホンを知る

発達障害のキホンを知る

この記事を書いた人

発達障害のキホン さんが書いた記事

PTSD(心的外傷後ストレス障害)とは?原因、症状、治療、PTSDに似た発達障害の症状まで解説のタイトル画像

PTSD(心的外傷後ストレス障害)とは?原因、症状、治療、PTSDに似た発達障害の症状まで解説

PTSDは、つらいできごとがトラウマとなり、さまざまな症状を発症する疾患です。発症すると、そのできごとに関わる人・場所を過度に避けたり、考...
発達障害のこと
299807 view
2018/12/09 更新
子どもの癇癪(かんしゃく)とは?原因、発達障害との関連、癇癪を起こす前の対策と対処法、相談先まとめのタイトル画像

子どもの癇癪(かんしゃく)とは?原因、発達障害との関連、癇癪を起こす前の対策と対処法、相談先まとめ

大声で泣き叫んだり、暴れたりする子どもに困っている…。一旦気持ちが爆発するとなかなか収まらない癇癪ですが、子どもが癇癪を起こす背景には必ず...
発達障害のこと
1180099 view
2018/12/07 更新
難病の軽症高額該当で、医療費助成の対象外でも支援が受けられる?制度該当条件などを詳しく解説します!のタイトル画像

難病の軽症高額該当で、医療費助成の対象外でも支援が受けられる?制度該当条件などを詳しく解説します!

難病法には重症度基準が設けられ、病状の程度が一定以上の人は、医療費助成の対象となります。しかし、指定難病の診断を受けていても、治療により症...
身のまわりのこと
9768 view
2018/12/04 更新
放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。