息子がADHDと知る前あまりの態度にキレた私は、あろう事か…

ライター:かなしろにゃんこ。

子どもが発達障害だと診断を受ける前は、強い自己主張に根負けする毎日でした・・・。

なんでも歯向かってくる息子をただ「ワガママな子」と思い込んでいたので、甘やかしてはいけないと親も肩に力が入っていました。

注意しても反発する子どもの態度に、
ある日ブチっとキレてしまい・・・。

ADHDと診断される前、息子の行動を叱る日々だったが…

怒ったり注意したりすると必ず反抗する息子に、ある日、「ちびすて山に捨てるから」と神社へ。
Upload By かなしろにゃんこ。
これは息子がまだ発達障害の診断を受ける前、小学校2年生か3年生くらいのときのお話です。

注意するとすぐに反抗してくる子を「ワガママな子」だと思い込み、甘やかさないように注意して接していました。

ある日、息子があまりにも言うことをきかないので、ついついブチッと来てしまい、「ちび捨て山に捨てるから!」と外にある神社に連れ出してしまいました。

あんなに口答えしていた息子が必死になって見せた底力

「ここで暮らしなさい」と言うとこわがる息子、「ぼくも帰るー」と走り出し、仲直り。
Upload By かなしろにゃんこ。
捨てられる!と思うと猛ダッシュして親に追いつく息子の足は、大人の走りと同じくらい速かったのです。

息子は運動が苦手で、普段は体育の授業はまともに受けないような子です。

そんな息子が私をブチ抜く姿を見て驚き、真剣に走る姿がいい感じで

「コイツやるな!」と後から笑いがこみ上げてきました。


この速さを運動会で出したらきっと一等賞間違いない!本当は運動が苦手じゃないのでは?と思ったのでした。
小学校6年間は体育が苦手科目でしたが、中学ではそれ程でもなく、体を上手く動かせるまでに人より時間が必要だっただけなのかもしれません。

あの時の私が気づけなかった、育児のコツ。

このときの私の行動を振り返ると、子どもを捨てる行為は脅しですから一番やってはいけないことですから、反省しています。
私は家を出ていって近所を軽く一周してクールダウンすればよかったのかもしれません。

あまりの育児のしんどさに、この子を捨てたい、母親やめたいと思うことも、正直何度もありました。

今となっては、当時何に怒っていたのか思い出せませんが、一度離れれば冷静になれるという育児のコツに、このときはなかなか気が付くことができませんでした。

ちび捨て山の帰り道に仲直りしたことは、今では親子で笑える思い出話です。
「ママは何もしないで!」小4発達障害娘に反抗期がやってきた!?視覚支援も声がけも拒否、失敗してパニック。母のイライラは限界で…のタイトル画像

「ママは何もしないで!」小4発達障害娘に反抗期がやってきた!?視覚支援も声がけも拒否、失敗してパニック。母のイライラは限界で…

「帰宅の儀式」にイライラ、お友達への他害…ASDミミの保育園時代、発達障害の育児本を読んでは対応に悩んでのタイトル画像

「帰宅の儀式」にイライラ、お友達への他害…ASDミミの保育園時代、発達障害の育児本を読んでは対応に悩んで

ずっと一緒でイライラ?親も子もラクになる「声かけ変換」にチャレンジ。「いい加減にしなさい!」も変換すると…楽々かあさんの「声かけ変換表」ものタイトル画像

ずっと一緒でイライラ?親も子もラクになる「声かけ変換」にチャレンジ。「いい加減にしなさい!」も変換すると…楽々かあさんの「声かけ変換表」も


追加する

バナー画像

年齢別でコラムを探す


同じキーワードでコラムを探す



放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。