言葉が理解できず泣く娘。広汎性発達障害といわれ、初めての言語訓練で…

2016/09/14 更新
言葉が理解できず泣く娘。広汎性発達障害といわれ、初めての言語訓練で…のタイトル画像

広汎性発達障害の娘は、2歳半で初めて言語訓練を受けました。訓練で娘が泣きじゃくる様子を見て、「かわいそうだな」と思っていた私ですが、言語訓練の先生の考え方に、目からウロコでした!

SAKURAさんのアイコン
SAKURA
162852 View

発達障害の娘が、初めて「ことば」のお勉強にチャレンジ!

言葉が理解できず泣く娘。広汎性発達障害といわれ、初めての言語訓練で…の画像
Upload By SAKURA
現在5歳の広汎性発達障害の娘。

2歳7か月のとき初めて、言葉やコミュニケーションについて専門の先生から助言や指導をしてもらう「言語訓練」を受けることになりました。当時の娘は私の言葉もまだ通じず、話すこともできませんでした。

そんな娘に「訓練」をするなんて…本当に大丈夫!?

全く知識のない私にとって、それはまさに未知の世界。不安な気持ちで臨みました。

名前を聞かれても答えられず、言葉のレベルは「1歳半」と言われ…

言葉が理解できず泣く娘。広汎性発達障害といわれ、初めての言語訓練で…の画像
Upload By SAKURA
初日は、娘の言葉の発達レベルが、一般的な発達をしている子どものどの年齢に相当するのかを表す「言語年齢」を検査しました。

名前を聞かれても答えられない娘を見て、私はあきらめモード…。
他にも指示通りに動けなかったり、単語を言えなかったりで、私はヒヤヒヤしっぱなしでした。

検査の結果、2歳7カ月の娘の言葉のレベルは『1歳半』でした。
言葉が理解できず泣く娘。広汎性発達障害といわれ、初めての言語訓練で…の画像
Upload By SAKURA
実年齢より、1歳も発達が遅れていることがわかった娘。
言語訓練の先生が「一緒に頑張りましょう!」と言ってくれたので私も強い決意をし、訓練が始まりました。

絵カードを使って、「違う」という言葉の意味を教える

言葉が理解できず泣く娘。広汎性発達障害といわれ、初めての言語訓練で…の画像
Upload By SAKURA
言葉が理解できず泣く娘。広汎性発達障害といわれ、初めての言語訓練で…の画像
Upload By SAKURA
言葉が理解できず泣く娘。広汎性発達障害といわれ、初めての言語訓練で…の画像
Upload By SAKURA
言葉の理解出来ない娘への最初の訓練は、絵カードを使ったものでした。
いろんな絵が描かれたカードが並んでいて、先生はそのカードを入れる穴が開いた箱を持っています。

そして「ウサギはどれかな?」と娘に聞き、娘は選んだカードをその箱に入れます。
正解したときは、箱にカードを入れることが出来るのです。

しかし、違うカードを選んでしまったとき、先生は「違います」と言いながらカードを入れる穴に手で蓋をします。
これを繰り返すことで、「違います」という言葉の意味を理解させていく方法でした。
言葉が理解できず泣く娘。広汎性発達障害といわれ、初めての言語訓練で…の画像
Upload By SAKURA
言葉が理解できず泣く娘。広汎性発達障害といわれ、初めての言語訓練で…の画像
Upload By SAKURA
「違います」という言葉の意味がまだ分からなかった娘は、ものすごく動揺していました。
なぜカードを入れさせてもらえないかを理解出来ず、怒ったり、時には先生の手を押しのけようとしたり…

イライラして大声で泣き出すこともたくさんありました。

泣きじゃくる娘を「かわいそう」と思っていた私。でも先生からの言葉にびっくり!

言葉が理解できず泣く娘。広汎性発達障害といわれ、初めての言語訓練で…の画像
Upload By SAKURA
言葉が理解できず泣く娘。広汎性発達障害といわれ、初めての言語訓練で…の画像
Upload By SAKURA
大声で泣き叫ぶ娘の姿を見て私は、
「あ~…入れたいんだよね…可哀想に…」
と思いながら見守っていました。

すると言語訓練の先生はニコニコしながらこう言ったのです。

いいんですよーこれでいいんですよ!今、一生懸命頑張って考えてますからねー!
イライラしながら…なんで入れられないんだって戦ってますから!

これに私は驚きました。
私は娘の涙を見て、「入れさせてあげたい…可哀想」とばかり考えていましたが、
娘が泣いているのは「戦ってる、学んでるから」という先生の考え方に、まさに目からウロコだったのです。

方法さえ分かれば、娘が前に進む手助けができる!という希望が見えた

言葉が理解できず泣く娘。広汎性発達障害といわれ、初めての言語訓練で…の画像
Upload By SAKURA
言葉が理解できず泣く娘。広汎性発達障害といわれ、初めての言語訓練で…の画像
Upload By SAKURA
このやり取りを数分続けただけで、娘はすぐに「違う」を理解しました。「違う」と言われたら、他のカードを選んでくるようになったのです。

私が何度教えても出来なかったことを、数分で理解させた言語の先生!
方法さえわかれば、この子も前に進める!と希望が見えました。

この日から、私は言語訓練の先生に方法を聞いて家での療育もスタートさせました。
現在5歳になった娘は言語訓練に通いながら、私との療育にも日々取り組んでいます。

今も課題に向かって、一つずつ楽しみながらクリアしていく毎日です。
言葉が理解できず泣く娘。広汎性発達障害といわれ、初めての言語訓練で…の画像
Upload By SAKURA
発達ナビPLUSバナー
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。

この記事に関するキーワード

あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。