異食症とは?「氷、髪の毛などを食べたい衝動がとまらない」主な症状やタイプ別特徴、対応方法まとめ

異食症とは?「氷、髪の毛などを食べたい衝動がとまらない」主な症状やタイプ別特徴、対応方法まとめのタイトル画像

食事として食べないものを継続して摂取してしまう、異食症。口にしてしまうものによって様々なタイプがあり、症状は人それぞれです。短期間で症状が治まる場合もありますが、口にするものによっては身体に重大な危険をもたらすこともあります。症状が気になるときは専門機関に相談することが重要です。

発達障害のキホン
65357 View
目次 異食症(Pica)とは? 子どもの異食症の症状・原因 妊娠中の女性の異食症の症状・原因 その他の疾患と異食症を併存している人の症状・原因 異食症と関係する合併症 病院へ行くべきなの?異食症の見分け方と相談先 異食症の診断基準 異食症の治療法 異食行動を発見した時の緊急対応方法 まとめ

異食症(Pica)とは?

異食症とは少なくとも1ヶ月間、通常食べることのない・栄養がないものを1つ以上、継続して口にしてしまう摂食障害の一つです。摂取してしまうものの例としては、氷や土、毛髪、チョークなどが挙げられます。

特に氷、土、毛髪を食べることは多く知られており、氷食症、土食症、食毛症という個別の症状名がつけられています。

しかし乳幼児のように、まだ十分に認知機能が発達していないことから生じる突発的な異食行動や、熱帯地域などの場所で慣習的に土が食べられているといった、異食行動がその地域にとって普通の行為である場合は異食症とはみなされません。

文化的にも社会的にも通常食べられないものを摂取してしまう場合に限り、異食症とみなします。

異食症は年代や性別などによっても様々なタイプがある疾患です。おもに、子ども・妊婦・他の疾患を発症している人と3つのタイプに分けることができます。タイプごとにどういう症状や原因があるのか、どういった対応・治療をしていけばよいのか見ていきましょう。

子どもの異食症の症状・原因

症状

乳幼児期は物の区別を苦手とする上に好奇心が旺盛で、何でも口に入れてしまう傾向があります。その為、幼児期の異食行動は自然に起こるものという考えが一般的です。世界保健機関(WHO)の『ICD-10』(『国際疾病分類』第10版)によると、幼児期に土を食してしまう割合は1歳児で35%あるのに対し、4歳児では6%ほどになるとされています。このように異食行動を行う頻度は年齢とともに低下していく傾向にあるため、2歳以前の異食行動自体がすぐに問題になるわけではありません。

そこで、子どもにおいては生後24ヶ月(2歳)以降に栄養のなく、通常食べることのないものを継続して摂取してしまうという症状があった時、異食症とみなされる場合があります。

子どもが摂取してしまう異物は、子どもの身近にあり手に入りやすいものと考えられます。例えば氷、毛髪、土、絵具、ひも、鉛筆の芯、布、ほこり、糞便、紙片が挙げられます。

原因

先述したとおり、2歳までは知的好奇心による正常な行動の場合が多いです。しかし、それ以降も異食行動が習慣化するまで継続してしまうと、異食症と診断される場合があります。

異食行動を続けてしてしまう原因として、保護者のネグレクトなどにより空腹感から異食してしまう等も考えられますが、決してそれだけではありません。子どもがストレスをため込みやすい性格をもっており、その発散方法として異食行動を行ってしまう、周囲の人が知らない間に異食行動を見逃し、それが常態化しているなど、様々なケースがあります。

妊娠中の女性の異食症の症状・原因

症状

女性は妊娠期間中に衝動的に異食行動を行ってしまうことがあります。この場合は妊娠中のみに発症し、自然に治ることが多いと言われています。口にするものとして、土、石、氷、生のジャガイモや小麦粉がよく挙げられます。

原因

妊娠中の女性による異食症は、鉄や亜鉛などの栄養不足が大きな原因と言われています。妊娠することによって女性のからだは、自分自身ではなく赤ちゃんに優先して栄養や酸素を供給するように自然とはたらき始めます。

栄養や酸素は血液を通して赤ちゃんに送り込まれるため、からだは体内の血液量を増やそうとします。しかし、通常摂取している1人分の栄養素で多くの血液を体内で生成しようとすると、成分に影響が出てくる可能性があります。その成分が鉄や亜鉛です。

妊娠中に必要な栄養素を摂取していない場合、身体が通常の鉄分・亜鉛でたくさんの血液をつくろうとするため、これらの成分が不足してしまいます。

血液中に鉄分が少なくなり、貧血がおこると体内で酸素をうまく運ぶことができなくなります。この鉄欠乏性貧血は、妊娠中に特に起こりやすくなる貧血の一つです。妊娠中の氷や石・土の異食症は、身体が無意識に鉄分を補おうとして引き起こされることが多いとされています。

しかし、妊娠中に発症する異食症の原因は栄養不足だけではありません。脳への酸素供給量が不足することによって、「おなかいっぱい」だという感覚を失ったり、からだの温度調節の機能が鈍くなったりすることで異食症が引き起こされる場合もあります。

またその他にも精神的ストレスによって、精神を安定させる働きのある脳内の神経伝達物質の一つ、セロトニンが不足してしまい、感情や欲求が抑制できなくなったりするなど、様々な要因が重なり合っている場合があると考えられます。

その他の疾患と異食症を併存している人の症状・原因

併存症のある人は、その併存している疾患によって症状が異なります。その代表的な例として、統合失調症、強迫性障害、パーソナリティ障害などの他の精神疾患、自閉スペクトラム症などの発達障害、知的障害、そして認知症があげられます。

症状

上記で述べた他の疾患と異食症と併存している場合、目に入るものが食べ物かどうか判断することを難しいと感じる認知の障害により、異食行動を起こしている場合が多いです。

そのため異食症として摂取してしまうものは、その人の身近にあり手に入りやすいものであることが多くなります。例えば氷、毛髪、氷、土、毛髪、絵具、ひも、鉛筆の芯、布、ほこり、糞便、紙片が挙げられます。

またパーソナリティ障害の場合は、自傷行為のために釘や針を異食したり、出血するまで爪をかんだりすることがあります。パーソナリティ障害とは、思考、感情、人とのかかわり方、衝動の制御の4つのうちの少なくとも2つにおいて、柔軟性がないと判断された場合に診断される疾患です。パーソナリティ障害がある人は、考え方や行動パターンの偏りが大きくなるため、異食行動を起こしてしまうことがあります。

原因

異食症と一緒に発症しているその他の疾患が直接的な原因となる場合があります。疾患が進行していく途中に異食行動を起こすようになり、エスカレートしていくと異食症と診断される傾向があります。

・自閉スペクトラム症/自閉症スペクトラム障害:
自閉スペクトラム症/自閉症スペクトラム障害とは、社会性と対人関係の障害、コミュニケーションや言葉の発達の遅れ、行動や興味の偏りの3つを特徴とする発達障害の1つです。この場合の異食行動は、本人が特定の食べものの見た目や舌ざわりに対して強いこだわりを持った場合に起こることが多いです。

・統合失調症:
統合失調症は、感情や考えがまとまりづらく、気分や行動、人間関係などに影響が出てきてしまう疾患です。この場合の異食行動は、幻覚や妄想の症状によって引き起こされやすいと言えます。

・認知症:
中度~重度へと進行した際に引き起こされる、味覚障害、認識障害が主な異食行動の原因となります。

・知的障害:
18歳までの発達期に生じた知的機能の障害により、理解、判断、思考、記憶、知覚などの知覚機能の発達が、周囲と比べて遅れている状態のことです。発達の遅れによる認知の障害が異食症の要因と言われています。
知的障害とは?「IQ」と「適応機能」の関係、程度別の特徴や症状、診断基準について解説しますのタイトル画像

関連記事

知的障害とは?「IQ」と「適応機能」の関係、程度別の特徴や症状、診断基準について解説します

異食症と関係する合併症

異食症では普段口にすることがない物質を体内に入れるため、身体的に様々な合併症を引き起こすこともあります。

合併症の症状は食べたものによりますが、主に
・胃炎、胃潰瘍、腸閉塞
・中毒
・電解質異常
・寄生虫の発生
があります。

その他にも普段の食事の栄養バランスに偏りがおこり、ビタミン欠乏症、鉄欠乏性貧血が発症する可能性もあります。

病院へ行くべきなの?異食症の見分け方と相談先

乳幼児期の異食行動は、ほとんどの子どもに起こりうることです。また、妊娠中の女性の異食に関しても、多くの場合起こりうる症状です。

しかし、以下に当てはまる場合は要注意です。
・行動が徐々にエスカレートしていく。
・ストレスを感じている様子がある。
・明らかな体調不良を感じる。
・継続的に異食する物質が人体に有害な恐れがある。


本人の状態を見てこれらに当てはまるときは、ためらわず、相談機関や医療機関に相談することをおすすめします。

異食症の相談先

異食症は、様々な原因によって発症する疾患です。そのためまずは、かかりつけの病院で相談することをおすすめします。しかし身近に相談できる病院がすぐには見当たらない、いきなり病院へ行くのはためらいを感じる場合は以下の相談先も活用してみましょう。

児童相談所:
児童相談所は、すべての都道府県と政令指定都市に最低1つ以上設置されている児童福祉の専門機関です。主に、「子どもの養育に関する相談」、「障害に関する相談」、「性格や行動の問題に関する相談」などの育児に関する相談ができる機関となっています。

全国精神保健福祉センター:
各県、政令市にはほぼ一か所ずつ設置されている、保健・精神保健に関する公的な窓口です。精神保健福祉に関する相談をすることができます。

精神科医、臨床心理技術者、作業療法士、保健師、看護師などの専門職が配置されており、相談については、予約制、健康保険の適応があるところがあります。詳細は、それぞれのセンターにお問い合わせください。
精神科:
心の症状、心の病気を扱う科です。心の症状とは具体的に不安、抑うつ、不眠、イライラ、幻覚、幻聴、妄想などのことです。心の症状に対して治療を行います。

心療内科:
心と体、それだけでなく、その人をとりまく環境等も考慮して扱う科です。上記の心の症状だけでなく、ほてり、動悸などの身体的症状とその人の社会的背景、家庭環境なども考慮して治療を行います。

精神科、心療内科どちらに行ったらいいか迷う方もいらっしゃるかもしれませんが、異食症の場合、精神科を受診しても心療内科を受診してもどちらでも大丈夫です。

食べてしまったものによって明らかに身体に不調がでている場合は、まずは内科に行き、中毒症状などの治療を受けることを優先してください。

異食症の診断基準

医療機関では、2014年に出版されたアメリカ精神医学会の『DSM-5』(『精神疾患の診断・統計マニュアル』第5版)や『ICD-10』の基準を用いて診断されることが多いです。『ICD-10』と『DSM-5』の間でその基準や障害の概念に多少の違いはあり、どちらに準拠して診断を行うかは医療機関や医師によります。

それぞれの異食症の診断基準は次のようになります。

『DSM-5』の診断基準

A. 少なくとも1ヶ月間にわたり。非栄養的非食用物質を持続して食べる。
B. 非栄養的非食用物質を食べることは、社会的にみて標準的な慣習でもない
C. その摂食行動は文化的に容認される慣習でも、社会的にみて標準的な慣習でもない。
D. その摂食行動が他の精神疾患(例:知的能力障害、自閉スペクトラム症、統合失調症)
や医学的疾患(妊娠を含む)を背景にして生じる場合、特別な臨床的関与が妥当なほど重篤である。

(日本精神神経学会・編『DSM-5 精神疾患の診断・統計マニュアル』医学書院・刊p323)

出典:https://www.amazon.co.jp/dp/4260019074/

『ICD-10』の診断基準

F98.3 乳幼児期および小児期の異食症 Pica of infancy and childhood
A.持続性または反復性に週2回以上の頻度で栄養にならない物質を食べること.
B.1カ月以上の持続(研究目的によっては最低3カ月間という持続期間を設定してもよい).
C.ICD-10における他の精神および行動の障害(精神遅滞[知的障害]F70-F79以外で)がないこと.
D.歴年齢および精神年齢は2歳以上.
E.その食行動は文化的に容認される習慣ではないこと.

(中根 允文・訳『ICD-10精神および行動の障害-DCR研究用診断基準 新訂版』医学書院・刊 P.179)

出典:https://www.amazon.co.jp/dp/4260005294

異食症の治療法

異食症の治療は、通常食べることのないものを食べてしまったことで何らかの併存・合併症にかかっていないかをまずは判断し、ある場合は先にその疾患を治療します。その後、心理的評価を行い、心理療法および薬物療法により対処します。

異食行動を発見した時の緊急対応方法

あなたの周りの人が異食行動をしているのを発見してしまった場合、どうすればよいのでしょうか?以下の緊急の対応方法を行うことをおすすめします。

まだ口の中にものが入っている場合

大声を上げて怒らず優しく接することが重要です。なぜなら怒鳴られたりすることで、びっくりして口の中のものを急に飲み込んでしまったり、ストレスを感じて異食行動がエスカレートしてしまったりする可能性があるからです。

優しく、お菓子など口に入れる代替品となるものを差し出し、吐きだすように誘導するようにしましょう。

飲み込んでしまった場合

体に有害なものを飲み込んでしまった場合は、早急に以下のように対処する必要があります。誤って物を飲み込んでしまう緊急事態が起こってしまった場合は、個人で判断せず、すぐに駆け込める病院を確保しておくこと、日本中毒情報センターの中毒110番に確認することがおすすめです。

・ティッシュや紙くずなど消化できるもの....のどに詰まってない場合は、しばらく安静にして様子を見ます。
・小銭、電池、ビー玉、ビニール、おむつなど消化できないもの....のどに詰まっていない場合は、無理に吐かせず直ぐに受診します。
・たばこ....ニコチンなどの有害な物質を体に吸収させてしまう恐れがあるので、早急に吐かせ直ぐに受診します。
・洗剤....食道や胃の粘膜を炎症させたり、傷つけてしまう恐れがあります。洗剤の種類によっても対応の方法が違いますので、日本中毒情報センターの中毒110番で対処法を確認しましょう。

まとめ

異食症は短期間で症状が治まる可能性が高く、治療法もあります。特に子どもの場合は物を口に入れてしまうことは自然なことであり、焦る心配はありません。

しかし食べてしまう物によっては、身体に影響を与える危険性のある疾患です。ですので、まず第一に飲み込まないようにすることが大事です。万が一、飲み込んでしまった場合や、症状について気になった場合は迷わず診察を受けに行くことをおすすめします。

またご自身でも小さなストレスから取り除いていき、不足していると感じる栄養素を積極的に摂取していく日々の積み重ねが大切といえるでしょう。
感覚の過敏さ(感覚過敏)、鈍感さ(感覚鈍麻)とは?発達障害との関係、子どもの症状、対処方法まとめのタイトル画像

関連記事

感覚の過敏さ(感覚過敏)、鈍感さ(感覚鈍麻)とは?発達障害との関係、子どもの症状、対処方法まとめ

統合失調症とは?症状や特徴、原因、治療法、薬などについて詳しく解説しますのタイトル画像

関連記事

統合失調症とは?症状や特徴、原因、治療法、薬などについて詳しく解説します

当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
放課後等デイサービス・児童発達支援の求人一覧です。待遇・給与、勤務時間、研修・教育制度、職員のインタビューからあなたにぴったりの職場を探せます。
会員登録後のエントリーで1,000円のAmazonギフトカードがもらえるキャンペーンを実施中!
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

発達障害のキホンを知る

発達障害のキホンを知る

この記事を書いた人

発達障害のキホン さんが書いた記事

PTSD(心的外傷後ストレス障害)とは?原因、症状、治療、PTSDに似た発達障害の症状まで解説のタイトル画像

PTSD(心的外傷後ストレス障害)とは?原因、症状、治療、PTSDに似た発達障害の症状まで解説

PTSDは、つらいできごとがトラウマとなり、さまざまな症状を発症する疾患です。発症すると、そのできごとに関わる人・場所を過度に避けたり、考...
発達障害のこと
255557 view
2018/12/09 更新
子どもの癇癪(かんしゃく)とは?原因、発達障害との関連、癇癪を起こす前の対策と対処法、相談先まとめのタイトル画像

子どもの癇癪(かんしゃく)とは?原因、発達障害との関連、癇癪を起こす前の対策と対処法、相談先まとめ

大声で泣き叫んだり、暴れたりする子どもに困っている…。一旦気持ちが爆発するとなかなか収まらない癇癪ですが、子どもが癇癪を起こす背景には必ず...
発達障害のこと
661314 view
2018/12/07 更新
難病の軽症高額該当で、医療費助成の対象外でも支援が受けられる?制度該当条件などを詳しく解説します!のタイトル画像

難病の軽症高額該当で、医療費助成の対象外でも支援が受けられる?制度該当条件などを詳しく解説します!

難病法には重症度基準が設けられ、病状の程度が一定以上の人は、医療費助成の対象となります。しかし、指定難病の診断を受けていても、治療により症...
身のまわりのこと
4284 view
2018/12/04 更新
放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。