「親亡き後に」発達障害のある子ども達に私が遺したい4つのもの

「親亡き後に」発達障害のある子ども達に私が遺したい4つのもののタイトル画像

私はシングルマザーです。そして発達障害のある子ども達を育てています。過去には、出産時の事故で軽い脳梗塞も経験してしまい、軽い後遺症もあります。ですが、だからこそ今、「生かされているんだな」ということ、そして子ども達と関わる事ができる幸せを日々感じています。常に「死」を意識しながら、子育てをしている私が思うことを綴ります。

517a85a16452bcbeca6ae067474b550924994e05a8f6794c0139dbe43252ddf1 s
39835 View

私がいなくなってもーシングルマザーの私が子どもたちに遺したいもの

私は、子ども4人を育てるシングルマザーです。

4人の子どもたちは、下は11歳から、上は18歳まで。4人中3名に発達障害や難病があり、本人に告知もしています。

自分の特性ゆえに悩んだり、学校環境とうまく合わず不登校になったりもしましたが、子どもたち一人ひとりが、それぞれの方法、それぞれのペースで育っていってくれているのを見守るとともに、母である私も色々学ばせてもらっています。

一方で、シングルマザーの私がいつも考えるのは、親亡き後ー私がいなくなった後のこの子たちの人生のこと。

過去に出産時の事故で軽い脳梗塞も経験し、現在も後遺症が残るなか、いつ、また倒れるかも分かりません。

常に「死」を意識しながらの子育て。そんな私がわが子に遺したいと思っているもの。今日はそんなお話をしたいと思います。

私があなたに遺すもの: 「他人に相談する力」

私が子ども達に残したいもの。

それは、「困った時には他の人に頼る、相談する力」です。

人生は思いのほか短い。

その人生を少しでも幸せに生きる為にも、頑張りすぎないようにすること。そのためには、上手に他の人の力をお借りすることが大事だと思っています。

困ったことを誰にも相談せずに1人で解決しようとすると、もの凄く多くのエネルギーを使い消耗してしまいます。結果、体調を崩してしまう事もあるかもしれません。

「自分は〇〇で困っています。助けてください。(手伝ってください)」と言えるように。子ども達には「困った時には周りの人に聞きなさい。困った時は頼っていいんだよ。」と伝えています。

そのためにも、まず私から子どもたちの手本になるように実践しています。

「お母さんは、風邪ひいて体調悪いからゴミ出ししてくれたら助かる。お願いできる?」
「お母さん1人で外出は寂しいから付いてきてくれる?」
と伝えたりして、母自らがわが子に頼ることを通して、見本を見せるようにしています。

私があなたに遺すもの: 「あなたをよく知る支援者たち」

私が次に子ども達に残したいもの

それは、「子どもたちの存在を知っている人たちと、支援者」です。

私は、子ども達の発達障害を隠さずに、周りにどんどん伝えています。それには意味があります。

発達障害のことをどんどん話して伝えていくことで、発達障害のある人への偏見を減らしていくことと、発達障害について知りたいと思う人を増やすこと、そして、発達障害のある人たちへの支援方法を知ってもらうことです。

発達障害のことを伝えるのに、血液型を伝えるぐらいの感覚で伝えられるようにする事が私の希望です。

それから、私がいつかこの世を去った後、子ども達が困って誰かを頼った時には、誰かが子ども達の支えになってもらえるようにと願ってのことです。

いつまでも私が側で見守ることはできません。いつかの日の為にその体制を残したい。

お陰様でこの地域では、子ども達の理解者は増えてきました。「気にかけてもらえている」これはとても大切な事だと思っています。

私があなたに遺すもの: 「一人ひとりへの遺言書」

これから私が子ども達に残したいもの。

それは「子ども達一人一人に当てた遺言書」です。

私は元々、文章を書くのは好きでした。幼い頃には、定期で家族新聞を書いて子ども部屋に張っていたぐらいでした。見たこと聞いたこと、感じたことを言葉にして残しておくのが好きな子でした。

遺言といっても暗いものではなく、生きるための力が湧くような言葉集のようなものです。自分で生きていく上で胸に留めておいてほしいことを、一人一人の特性に合わせて、書き残しておきたいと思っています。

いつか辛い時に読んでくれたら嬉しい。それは発達障害のある子ども達を育てているからこそ、私の中に心配する気持ちが大きいからこそなのでしょう。

これから少しづつ、子ども一人一人に向けた言葉をノートに書いて残しておこうと思っています。

私があなたに遺すもの: 「自分を認めて生き抜く力」

最後に、子ども達には何があっても自分たちで「生き抜く力」を、今から育んでいってほしいと思っています。

そのためには、まず何より「自分を認めていくこと」が必要になると考えています。

時に人生は、予期せぬことが起こります。私もまさか自分が脳梗塞をして、そこから鬱病になるとは思ってもいませんでした。

その後にまた鬱病を再発した時には一家心中をしようかと考えてしまうほどに追い詰められました。そんな時に助けになったのは、周りの支えでした。

辛いという自分を認め、「私は辛いので助けてほしい」と言えたことが良かったのです。

子ども達に身につけてほしい、「生き抜く力」とは、「とにかく頑張る」ということでは決してありません。

辛い時にこそ、どこかに味方は必ずいると信じられる心。そして、自分の気持ちを周囲に伝え、助けてもらいながらしなやかに生き抜いていく力を持つことが大切です。

生きていれば、心配すること、不安なことは沢山ありますし、それがゼロになることはありません。

だからこそ、むやみに心配したり、やみくもに頑張るのではなく、いい意味で諦めること。自分の現状をあるがままに認め、必要があれば周りに頼ってでも生き抜いていってほしい。そう願います。
 
--- 
 
子ども達と過ごせる残りの時間も先が見えてきました。

だからこそ、発達障害のある子ども達の子育てを楽しみながら、子ども達に遺せるものはまだまだあると、私も生き抜いていきたいと思います。
「発達障害のある子どもの自立」就労へ向け準備したいこととは?のタイトル画像
関連記事
「発達障害のある子どもの自立」就労へ向け準備したいこととは?
「自立して暮らすこと」を見据えて、子どもと今からできることって?のタイトル画像
関連記事
「自立して暮らすこと」を見据えて、子どもと今からできることって?
医師に教わった「子どもの自立」を見据え、今すぐ出来る3つのことのタイトル画像
関連記事
医師に教わった「子どもの自立」を見据え、今すぐ出来る3つのこと
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
Column title

あわせて読みたい関連記事

Area search

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。