不登校の娘が経験した「入院」という選択肢。親が、娘が感じたことは

不登校の娘が経験した「入院」という選択肢。親が、娘が感じたことはのタイトル画像

アスペルガーの診断が出ている娘は小2から不登校です。学校や周囲からのプレッシャーに親子でまいってしまったとき、医師から入院を勧められました。入院してみて状況は良くなったのか、親の精神的な負担はどう変わったのか?いろいろと振り返ってみたいと思います。

0ca9277f91e40054767f69afeb0426711ca0fddd s
35642 View

娘の不登校で心労が重なり…批判的な世間の目に押しつぶされそうだった私

小2から不登校の娘は現在中学2年生で、アスペルガー症候群の診断が出ています。

そしてシングルマザーである私にも、アスペルガー症候群の診断があります。

娘は小2の2学期から徐々に学校を休み始めたました。それに対し、学校からの電話や訪問は毎日続き、2学期の終わりには付き添い登校もしましたが3学期から完全に行けなくなってしまいました。

その間の心労で私は5キロ太り、「こんなに醜くなってどこへも行きたくない」と実家のトイレで1人ボロボロ涙を流しました。近所の人やママ友からは「学校には行かせなきゃダメよ」と会えばプレッシャーをかけられ、道端で大泣きしたこともあります。

一方で娘はというと、登校しようとしても校舎を見ただけで「気持ち悪い、しんどい」と震え出します。精神的に限界がきているのがわかりましたが、放課後には勉強しないことを条件に登校することができていました。

そんなとき提案された入院。日常から切り離されたことによる変化は

そんなとき、娘の主治医から提案されたのが入院でした。
「日常から離れてリラックスするために、親子で1週間入院しませんか?」と薦められたのです。

疲れ切っていた私はさっそく手続きをし、親子2人で個室の入院生活を始めました。私は付き添いなので食事は出ませんが、ソファーベッドもあり、院内にはコンビニがあるので結構快適な入院生活でした。

学校には「お見舞いは先生も生徒も一切お断りします」と言っておきましたし、主治医も休養目的ということでほとんど介入してこなかったので、日常から切り離され病院という場に守られ、親子共にゆっくりと過ごすことができたのです。

娘もその生活が快適だったのか、1度も「退屈」とか「帰りたい」とは言いませんでした。
私も日常生活の雑事や、学校、近所の目などから切り離され、すっかり安心して娘とリラックスできました。

完全に不登校になった娘。2人きりの時間が辛くなった私はとうとう…

しかしその後、小学3年生になった娘は、相変わらず学校に行くことができないままでした。
この頃から夜眠れなくなり、「布団に一緒に入って」と言ったり「眠れない」と言って泣いたりする日が続くようになりました。

「生きてるのに疲れた。引きこもりやし、ママとケンカばかりしてるし。不登校児かって大変やねんで。しんどいし、心許せる人としかよう会わんねん。家におっても時々しんどくなったり、お腹が痛くなる。

娘はそう言い、私が怒るたびに泣いていました。

娘が不登校になり、家にいる時間が増えたとき、私は仕事を失った直後でした。2人きりで閉じこもり、娘の辛い気持ちをぶつけ続けられているうちに、私もだんだんと精神的に追い込まれていったのです。

そして訪れた2度目の入院。苦渋の決断だったけれど、他に選択肢は無かった

あまりに2人きりの生活が辛く、娘の主治医に「この頃本気ではないけれど、死にたいってよく考える」と打ち明けると、

●一時保護を利用して娘と一度離れる
●支援学校の訪問指導を受けるために入院する

という2つの案を出されました。
どんなに辛くても一時保護だけは嫌だった私は、訪問指導付きの入院を選んだのでした。

入院してすぐに特別支援学校に転籍した娘。支援学校の先生が病室へやって来て、親から離れ勉強する日々が始まりました。
残念ながら娘は先生と相性が合わず、2人っきりで勉強することをとても嫌がりました。

「先生と勉強したら学校に連れ戻されるんやろ。」といって、身体は拒否感から体調不良が悪化、苦しむようになったのです。

その様子を見ていて私も辛かったですが、もし先生の薦めに従わず家に2人きりだったら…虐待に走っていたか、自分が完全に壊れていたのではないかと、今でも思います。

このときはその選択しかなかったのだと、今でも思っています。

親子関係が煮詰まったとき。入院することで救われることもある

子どもにとって入院は賛否両論あるでしょうが、不登校だった娘にはいいこともありました。

入院の最中、私と初めて引き離された娘は、看護師さんや同じ境遇の患者さんと出会い、私以外の人に頼ること、思い通りにならないときは気持ちの折り合いをつけることを学んだのです。

最初は泣いて駄々をこねるだけだったのに、看護師さんの仕事を手伝ったり、ちょっとお姉さんの患者さんには上手に甘えたりと、私と2人だけの世界からちょっとだけ出て、たくましくなったように思います。

私が所属する親の会でも、親御さんが精神的に追い詰められているケースをよく見かけます。

私もうつ状態が続いた結果、希死念慮がひどくなり母子共にとても危険な状態に何回か陥りました。そんなとき、主治医の先生は入院を勧めてくれ、結果として私の精神状態も落ち着き、娘に危害を加えてしまうことを防げました。

親子だけで関係が煮詰まってどうしようもなくなったり、親が疲れ果ててしまったとき、入院というのも1つの選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

少し距離を置くことで関係が変わることもありますから。
子どもの不登校や引きこもり、生活改善を促す前に親がしたいことのタイトル画像
関連記事
子どもの不登校や引きこもり、生活改善を促す前に親がしたいこと
不登校のまま中学へ進学する娘。そのとき、親はどうあるべきかのタイトル画像
関連記事
不登校のまま中学へ進学する娘。そのとき、親はどうあるべきか
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
Column title

あわせて読みたい関連記事

Area search

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。