臨床心理士とは?役割と資格、支援を受けられる場所、発達障害・不安障害の相談・療法・検査まとめ

臨床心理士とは?役割と資格、支援を受けられる場所、発達障害・不安障害の相談・療法・検査まとめのタイトル画像

臨床心理士は人のこころにアプローチしていく専門家で、国家資格ではなく民間資格ですが知名度の高い資格です。今回は発達障害や不安障害で悩んでいる人が臨床心理士に相談できる場所、行ってくれる心理アセスメントや療法、検査について具体的にまとめました。臨床心理士になるにはどうしたらよいのか、どこで活躍しているのかなど、臨床心理士の仕事についてくわしくご紹介します。

6077ad2b372d5a152de8191d73e3e4480c620035 l
15474 View
目次 臨床心理士とは 臨床心理士の活躍の場 臨床心理士になるための資格取得の方法は? 臨床心理士による相談~心理療法の流れ 臨床心理士による、発達障害に対する心理アセスメント 臨床心理士による、発達障害へのアプローチ 臨床心理士は「二次障害」や精神疾患に対する支援も行います 臨床心理士による「二次障害」・精神疾患の心理療法の例 臨床心理士にどこで会えるの? 公認心理師とは まとめ

臨床心理士とは

臨床心理士とは、不登校や精神障害などのこころの問題をかかえた人に対する心理療法や、こころの問題を予防するための研究にもとづいて、人のこころにアプローチする専門家です。

臨床心理士はクライエント(=カウンセリングや福祉での相談者)の視点に立って、クライエント一人ひとりの独自性や固有の特徴、問題点を見つけることに重きを置いています。これに加えて、どのような援助の仕方が最適なのかも同時に明らかにしようとします。クライエントの特徴によって、さまざまな臨床心理学技法を用いてクライエントのこころを支えていきます。

しかし、臨床心理士はこころの専門家ではありますが医師とは異なります。そのため、薬をつかった治療や障害かどうかの診断をすることはできません。また医師にかかる場合は、健康保険が適用されますが、臨床心理士に相談する場合は基本的には健康保険が適用されません。

臨床心理士の活躍の場

「二次障害」や精神疾患に対する心理アセスメント

臨床心理士は発達障害や精神疾患で苦しんでいる患者さんをはじめ、身体疾患のある患者さんや人間関係に悩んでいる人なども対象にしています。臨床心理士は幅広い人を対象にしているため、その活躍の場も多岐にわたります。

医療機関や福祉施設だけでなく、学校や会社の相談室で活躍されている臨床心理士の方もいらっしゃいます。家庭裁判所で調査員として関わったり、鑑別所で子どもの特性を踏まえたうえで処遇の検討をしたりする方もいます。他にも、DVで苦しんでいる方の相談にのったり子育てに悩んでいる保護者の相談にのったりしている方もいらっしゃいます。

臨床心理士以外の心理学系資格も多く、臨床心理士以外の資格で活躍されている方も多くいます。

臨床心理士になるための資格取得の方法は?

平成27年の時点で臨床心理士の資格を持っている人は全国31,291人で、そのうち医師免許を持っている人は573人です。臨床心理士の資格は国家資格ではなく、公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会による民間資格です。
臨床心理士の資格を取得するには、受験資格を満たしたうえで年に1度東京で10~12月にかけて行われる資格審査に合格しなければいけません。

受験資格は大きく3つの種類にわけることができます。

・日本臨床心理士資格認定協会によって指定された大学院を修了している者
(ただし、大学院によっては1年以上の心理臨床経験も必要になる場合があります)
・諸外国で上記と同等かそれ以上の教育をうけて、日本で2年以上の心理臨床経験がある者
・医師免許取得者で、取得後2年以上の心理臨床経験を有する者

試験は一次試験と二次試験があり、臨床心理査定、臨床心理面接、臨床心理的地域援助およびそれらの研究調査等に関する基礎的知識と技能について問われます。

一次試験は筆記で100問のマークシート型の試験(150分)定められた字数内での論述型試験(90分)の2種類を1日で実地します。二次面接は2名の面接委員による口述での面接試験です。一次試験、二次試験ともに合格すると、臨床心理士として名乗ることができるようになります。

臨床心理士は資格取得後も定期的な継続研修や研究実践を求められ、5年毎に資格の再認定を受けることが義務付けられています。

臨床心理士による相談~心理療法の流れ

臨床心理士による療法は心理アセスメント使用する心理療法の選択心理療法開始というおおまかな流れで行われることが多いです。

心理アセスメントとは、生活におけるクライエント独自の行動やふるまいを調べたり、さまざまな検査をしたりして、クライエントの状態を理解して判断することです。

たとえば観察法質問紙法投影法作業検査法面接法などの方法を用いて行われます。心理アセスメントの結果から、臨床心理士はクライエントにとってよりベストな心理療法を提示し、心理療法をすすめていきます。

臨床心理士による、発達障害に対する心理アセスメント

ここからは発達障害の子どもによく行われる心理アセスメントの紹介をします。
発達障害の子どもにはよく以下の3種類のアプローチで心理アセスメントが行われます。

1.聞き取りによるアセスメント

臨床心理士が子どものことを身近で見ている保護者にいくつか質問をしたり、話し合ったりすることで手掛かりを見つける方法です。

出生状況や出産時の子どもの状態といったことから食事・衣服の着脱・排泄・睡眠などの生活習慣がどれくらい身に付いているのかといった成育歴や発達に関すること、保護者が子育てをしているなかで感じている問題や子ども自身の今までの生活の様子・病歴・家族関係など事例によってさまざまです。

2.知能検査・発達検査・スクリーニング検査

知能検査・発達検査・スクリーニング検査は、子どもの問題に応じていくつかの検査を使い分けて行われます。それぞれの検査について説明します。

◇知能検査
知能検査ではおもにIQ(知能指数)の値を指標とすることが多いです。従来は、精神年齢と生活年齢をもとにもとめる比例IQを用いることが多かったですが、最近では、同年代の平均との隔たりをもとにもとめる偏差IQが中心になってきています。

知能検査を行う目的は認知発達の水準を科学的・客観的に評価することで、その人の得意分野、不得意分野を分析することです。知能検査の結果からわかる子どもの得意、不得意分野から療法の方向性を決定するために使われます。

代表的な知能検査に以下のようなものがあります。
・ウェクスラー式知能検査
・田中ビネー知能検査
知能検査とは?知能検査の種類、受診方法などのタイトル画像
関連記事
知能検査とは?知能検査の種類、受診方法など
WAIS・WISCとは?ウェクスラー式知能検査の特徴、種類、受診方法、活用方法のまとめのタイトル画像
関連記事
WAIS・WISCとは?ウェクスラー式知能検査の特徴、種類、受診方法、活用方法のまとめ
田中ビネー知能検査とは?田中ビネー知能検査Ⅴ(ファイブ)の概要、受診方法、費用について紹介しますのタイトル画像
関連記事
田中ビネー知能検査とは?田中ビネー知能検査Ⅴ(ファイブ)の概要、受診方法、費用について紹介します
◇発達検査
発達検査では日常生活や対人関係などにおける子どもの発達基準を数値で表したDQ(発達指数)を算出します。子どもが成長していくには、発達段階に適したアプローチが必要になります。そのため、発達段階を客観的に知るための手段として発達検査は使われます。

ただし、発達指数の値だけで子どもの発達状態を判断をすることはありません。あくまでものさしの一つであり、発達検査から分かる能力のバランスや日常生活の様子などを総合して子どもの発達状態を把握します。

代表的な発達検査には以下のようなものがあります。
・新版K式発達検査
・乳幼児精神発達診断法
発達検査とは?子どもの発達特性が分かる検査の種類や検査内容を紹介しますのタイトル画像
関連記事
発達検査とは?子どもの発達特性が分かる検査の種類や検査内容を紹介します
発達指数(DQ)とは? 発達指数の定義、知能指数(IQ)との違い、検査結果と支援方法まとめのタイトル画像
関連記事
発達指数(DQ)とは? 発達指数の定義、知能指数(IQ)との違い、検査結果と支援方法まとめ
新版K式発達検査とは?検査方法や費用などをご紹介しますのタイトル画像
関連記事
新版K式発達検査とは?検査方法や費用などをご紹介します
◇スクリーニング検査
発達障害に関するスクリーニング検査は、どの精密検査を行うべきかの判断や潜在的な発達遅滞や発達障害の可能性を検査するために行われます。

スクリーニング検査は、たくさんある発達障害のうち、子どもの障害として可能性のあるものを絞り込むためのものです。スクリーニング検査には網羅性が重要視されるため、正確性はそれほど高くはありません。

かりに検査で陽性が出たとしても精密検査するかどうかの判断基準になるだけで、発達障害であることが確定するわけではないということに注意が必要です。

スクリーニング検査は乳児健康診査、1歳6ヶ月健康診査、3歳児健康診査などの場でも活用されています。代表的なスクリーニング検査には以下のようなものがあります。

・STRAW
・M-チャート
・ADHD-RS
・LDI-R
・PARS

3.行動観察

臨床心理士は言葉をかけた時の子どもの反応や、話し方、質問を正しく理解しているのかなどのさまざまな反応をできるだけ詳細に観察して、子どもの特徴やくせを見つけようとします。

臨床心理士による、発達障害へのアプローチ

臨床心理士が心理アセスメントをした結果、発達障害の可能性が高いと判断したときや、すでに医療機関で発達障害と診断されているとき臨床心理士はどのような支援をしてくれるのでしょうか。

臨床心理士と一概に言っても、臨床心理士の行う療法にはさまざまな種類があります。それぞれの臨床心理士によって専門とする心理療法が異なる場合もありますし、どの療法を適用するかはクライエント一人ひとりの状態でも異なります。

ここでは、発達障害へのアプローチとして代表的な心理療法をいくつか紹介します。

1.ソーシャルスキルトレーニング

ソーシャルスキルとは、抽象度が高く明確な定義が決まっているわけではありませんが、他人とよい関係を築き、社会に適応するために必要な能力だといえます。

発達障害の子どものなかには、支援を受けないままではソーシャルスキルを身につけることが難しく、友達と良好な関係をつくることが困難である場合や、集団生活が苦手な場合があります。ソーシャルスキルトレーニングは、スムーズに身につけられなかったソーシャルスキルを獲得するための療法です。
ソーシャルスキルとは?定義や測り方、ソーシャルスキルトレーニング(SST)の方法や実施機関まとめのタイトル画像
関連記事
ソーシャルスキルとは?定義や測り方、ソーシャルスキルトレーニング(SST)の方法や実施機関まとめ

2.ペアレントトレーニング

ペアレントトレーニングは、「親は子どもの最良の治療者」という考えからうまれた保護者向けのプログラムです。

ペアレントトレーニングにはいくつか種類がありますが、基本的には臨床心理士などの専門家のもとで講義・ワークを行うことが中心のプログラムです。臨床心理士のもとで学んだことをホームワークとして継続していきます。

保護者はホームワークをしていくなかでうまれた不安や悩みを相談することもできます。ペアレントトレーニングの効果として、保護者の不安解消や子育てに対する自信を得られること子どもが好ましい行動をとる傾向が強くなることが期待されます。
ペアレントトレーニングとは?種類と効果、受けられる場所と費用まとめのタイトル画像
関連記事
ペアレントトレーニングとは?種類と効果、受けられる場所と費用まとめ

臨床心理士は「二次障害」や精神疾患に対する支援も行います

発達障害のある人の場合、不登校や引きこもりなどの「二次障害」や、気分障害、不安障害などの精神疾患を合併することも少なくありません。そのような場合にも、臨床心理士はアセスメントや心理療法を行い、支援をしています。

今回は精神疾患の一つ、不安障害を例にとって心理アセスメントについて説明します。

臨床心理士は心理アセスメントを通して、クライエント一人ひとりの不安障害の原因となる考え方を明らかにしていきます。心理アセスメントは具体的には投影法、作業検査法や質問紙法などの方法が用いられます。

臨床心理士は、不安にかられてしまうような場面を具体的に想定して、そのときの無意識な思考をクライエントから読み取ります。さらに、その思考になった原因となる考え方やその場面でのクライエントの行動などを明らかにしていきます。

臨床心理士による「二次障害」・精神疾患の心理療法の例

発達障害を起因として起こる引きこもりや不登校などの「二次障害」や気分障害や不安障害などの併存症に対して心理療法が行われることがあります。適応される心理章法は様々ですが、ここでは一例として、不安障害へのアプローチをご紹介します。

臨床心理士による不安障害に対する代表的な療法として、認知療法・森田療法・曝露法(エクスポージャー法)があります。

1.認知療法・認知再構成法

認知療法・認知再構成法では、不安の原因になっている考え方を再構成することで不安をなくしていきます。

たとえば、テストであまり点数がとれなくてなにをやってもだめだと不安になっている場合について考えてみましょう。「次回はいい点が取れるかもしれない」と考えたり、「勉強ができなくても歌はうまいから、自分はなにをやってもだめなわけではない」と考えたりすることができるようになると、強く不安にかられることがなくなります。

2.森田療法

森田療法の特徴は、不安や恐怖を消そうとするのではなく、不安や恐怖を自然な感情として受け入れようとすることです。森田療法には、「自然な感情を自覚して、受容する」などの5つの指針が定められており、それをもとに療法が行われます。
森田療法とは?不安障害との関連や具体的な治療法(入院・通院)「あるがまま」という考え方について解説!のタイトル画像
関連記事
森田療法とは?不安障害との関連や具体的な治療法(入院・通院)「あるがまま」という考え方について解説!

3.曝露法(エクスポージャー法)

曝露法ではあえて不安を感じる場面に身をおくことで、その場面に慣れて少しずつ自信をつけていくものです。いきなり本人にとって強い不安を克服しようとすると、かえって悪化してしまうこともあるので弱い不安から少しずつ克服していくことが大切です。

たとえば、人前で話すことが苦手な人であれば、親しい人からはじめて、少しずつ人数を増やしたり見知らぬ人の前で話したりするようにしていきます。

特に発達障害のある人の曝露法適用にあたっては、治療法に関しての十分な心理教育を行い、スモールステップで本人に合わせて導入する必要があるといわれています。

実際にはこれらの心理療法は家族療法やいくつかの療法を組み合わせて適用されることも多いです。

臨床心理士にどこで会えるの?

臨床心理士に発達障害や精神疾患についての相談ができる場所としては、医療施設、学校・園のスクールカウンセラー、福祉施設、大学附属の施設、私設相談室などがあります。

◇医療施設
精神科医と臨床心理士が連携して治療をしている病院もあります。

◇学校・園のスクールカウンセラー
学校や園にはスクールカウンセラーのいる相談室がある場合があります。スクールカウンセラーの多くは臨床心理士の資格を持っています。スクールカウンセラーが相談室に常駐せず、毎週決まった時間のみ相談を受け入れているようなケースもありますので、詳しくはお子さんの通われている学校・園にそれぞれお問い合わせください。

◇発達障害者支援センター
発達障害者支援センターは、発達障害のある人に対して総合的な支援をしている専門機関です。地方自治体によって指名された社会福祉法人、特定非営利活動法人によって運営されており、保険・医療・福祉・教育・労働などの機関と連携することで地域における総合支援ネットワークを築いています。

発達障害者支援センターには「発達障害者支援センター運営事業実施要綱」に基づいて障害者支援の専門家が配置されています。しかしセンターによっては、臨床心理士ではなく、言語聴覚士、精神保健福祉士や医師などの専門家が配置されている場合もあります。

◇大学附属の心理相談施設
多くの大学には、学生向けの相談室を用意してあります。臨床心理士を養成している大学には臨床心理相談センターなどの付属の相談施設を持っているところもあります。詳しい利用方法については各大学のホームページで確認できるようになっているのでご確認ください。

◇私設心理相談室
私設心理相談室は個人もしくは複数人で経営されている相談室です。臨床心理士ではない資格でも同じような相談室を経営している場合もあるので、臨床心理士に相談したい場合は各相談室に確認してください。

以下のサイトからお近くの臨床心理士のいる相談室を探すことができます。

公認心理師とは

いままでは、心理学系の国家資格はありませんでした。そのため近年、心理学系の国家資格をつくろうとする動きがありました。

その結果、公認心理師法という法律が平成27年9月9日に議員立法によって成立して、9月16日に公布されました。公認心理師法は、公認心理師という国家資格を定めるとともに、国民の心の健康を増進させていくことを目的にした法律です。

公認心理師法の大部分は公布の日から2年以内に施行されることになっています。厚生労働省によれば、平成29年9月15日までに施行される予定になっています。

公認心理師という資格の説明は、以下の通りです。

公認心理師とは、公認心理師登録簿への登録を受け、公認心理師の名称を用いて、保健医療、福祉、教育その他の分野において、心理学に関する専門的知識及び技術をもって、次に掲げる行為を行うことを業とする者をいいます。
(1)心理に関する支援を要する者の心理状態の観察、その結果の分析
(2)心理に関する支援を要する者に対する、その心理に関する相談及び助言、指導その他の援助
(3)心理に関する支援を要する者の関係者に対する相談及び助言、指導その他の援助
(4)心の健康に関する知識の普及を図るための教育及び情報の提供

出典:http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000116049.html
第1回国家試験は平成30年までに実施すると厚生労働省は発表しています。国家資格である公認心理師が制度化されることで心理相談の現場は様々に変化してくる可能性があります。

まとめ

この記事では、臨床心理士になるための方法から具体的な療法や検査の種類に至るまで説明してきました。臨床心理士について知りたいときや、相談するか迷っているときに参考にしていただければ幸いです。

この記事内で取り上げた療法はあくまで一例にすぎないということをしっかり留意して、臨床心理士とよく相談して療法や通う頻度・期間を決めていただけると幸いです
「頑張れ!できるよ!」そんな励ましが実は子どもを追い詰めているとしたら…?のタイトル画像
関連記事
「頑張れ!できるよ!」そんな励ましが実は子どもを追い詰めているとしたら…?
認知行動療法(CBT)は心の病気に効果的? メカニズムや形式、体験談まとめのタイトル画像
関連記事
認知行動療法(CBT)は心の病気に効果的? メカニズムや形式、体験談まとめ
学校や療育で子どもは疲れていませんか?息子の癒しになった2つのことのタイトル画像
関連記事
学校や療育で子どもは疲れていませんか?息子の癒しになった2つのこと
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
Avatar11

みんなのアンケート

Column title c6836bad50fd5a57095ac6032e29e523a502a25fc8489b1ea6580e64dc0e2b19

あわせて読みたい関連記事

臨床発達心理士とは?臨床心理士との違いは?役割や資格取得の流れ、支援・サービスまとめのタイトル画像

臨床発達心理士とは?臨床心理士との違いは?役割や資格取得の流れ、支援・サービスまとめ

臨床発達心理士とは、人々の発達・成長・加齢に寄り添って「人の健やかな育ち」を支援する専門家の資格です。子どもからお年寄り、子育て中の保護者...
発達障害のこと
7831view
2017/07/12 更新
自閉症スペクトラム障害(ASD)とは?年代別の特徴や診断方法は?治療・療育方法はあるの?のタイトル画像

自閉症スペクトラム障害(ASD)とは?年代別の特徴や診断方法は?治療・療育方法はあるの?

自閉症スペクトラム障害とは対人コミュニケーションに困難さがあり、限定された行動、興味、反復行動がある障害です。自閉症やアスペルガー症候群な...
発達障害のこと
638098view
2016/09/29 更新
発達障害の診断・検査方法は?診断・検査は受けるべき?発症年齢や検査・診断の方法を詳しく紹介しますのタイトル画像

発達障害の診断・検査方法は?診断・検査は受けるべき?発症年齢や検査・診断の方法を詳しく紹介します

自分の子どもが発達障害だと疑われる場合、いつ頃からどこに診断を受けに行くべきでしょうか?また診断方法や診断の基準はどのようなものなのでしょ...
発達障害のこと
103176view
2017/02/28 更新
発達検査とは?子どもの発達特性が分かる検査の種類や検査内容を紹介しますのタイトル画像

発達検査とは?子どもの発達特性が分かる検査の種類や検査内容を紹介します

乳幼児の健康診断などで発達の遅れが疑われる場合、受診をすすめられることが多い発達検査。「診断名がつく検査かな?」と戸惑う方もいますが確定検...
発達障害のこと
127441view
2016/11/24 更新
新版K式発達検査とは?検査方法や費用などをご紹介しますのタイトル画像

新版K式発達検査とは?検査方法や費用などをご紹介します

発達検査は、子どもの発達の水準や偏りを捉えることを目的として作られた検査の一つで、発達支援や学習指導など様々な場面で利用されています。自閉...
発達障害のこと
117996view
2016/08/22 更新

この記事を書いた人

発達障害のキホン さんが書いた記事

赤ちゃんと目が合わない…原因や疾患・自閉症スペクトラム障害との関係、 育児不安への対処法まとめのタイトル画像

赤ちゃんと目が合わない…原因や疾患・自閉症スペクトラム障害との関係、 育児不安への対処法まとめ

赤ちゃんをあやす時や授乳をする時など、赤ちゃんと目が合わないと感じると、疾患や発達障害への不安や愛着形成への不安を感じてしまうことも少なく...
自分と家族のこと
807view
2017/07/25 更新
自閉症を描くおすすめドラマ8作品!あの有名作品から海外ドラマまでご紹介します。のタイトル画像

自閉症を描くおすすめドラマ8作品!あの有名作品から海外ドラマまでご紹介します。

自閉症は発達障害の一つで、コミュニケーションや言葉の発達の遅れ、行動や興味の偏りなどの特性がみられます。今回は、そんな自閉症のある人がキー...
発達障害のこと
1560view
2017/07/25 更新
レット症候群とは?女の子のみに発症する具体的な症状、予後、診断基準、医療費の助成などご紹介しますのタイトル画像

レット症候群とは?女の子のみに発症する具体的な症状、予後、診断基準、医療費の助成などご紹介します

レット症候群とは、女の子のみに発症する遺伝子が原因となる疾患です。生後6ヶ月から1歳6ヶ月頃に発症し、それまでできていたことができなくなっ...
発達障害のこと
25296view
2017/07/22 更新
ユニバーサルデザインとは?定義や事例、バリアフリーとの違いを詳しく解説します!のタイトル画像

ユニバーサルデザインとは?定義や事例、バリアフリーとの違いを詳しく解説します!

ユニバーサルデザインは、障害の有無や年齢、性別、人種などにかかわらず、たくさんの人々が利用しやすいように製品やサービス、環境をデザインする...
身のまわりのこと
42815view
2017/07/21 更新
ダウン症の治療法は?効果的な治療薬は存在するの?合併症の治療、療育、最先端の研究までご紹介しますのタイトル画像

ダウン症の治療法は?効果的な治療薬は存在するの?合併症の治療、療育、最先端の研究までご紹介します

ダウン症は染色体の突然変異によって起こります。ダウン症そのものに関する治療法は現在までのところありませんが、心臓疾患などの合併症は早期発見...
自分と家族のこと
6705view
2017/07/20 更新
コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。