支援学校で息子が習った「働く」意味。その内容にショックを隠せず…

支援学校で息子が習った「働く」意味。その内容にショックを隠せず…のタイトル画像

子育ての渦中にいると目先のことに囚われてしまい、ここ一二年のことしか視界に入らないことがあります。
でも、人生80年。進学すれば卒業がありますし、卒業すれば就労が待っています。そして、就労した後も人生は続きます。それぞれの時代が分断されてはならないと思うのです。

A17554a0d2b15a664c0e73900184544f19e70227 l
69655 View

特別支援学校高等部に入学した、自閉症の息子。その時間割を見てみると…

こんにちは。『子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方』の著者の立石美津子です。

2000年に生まれた、知的遅れを伴う自閉症の息子は2016年4月7日に特別支援学校高等部に入学しました。

息子が高等部入学したばかりのころ、私は時間割を見て驚きました。

「あれ?数学、国語はこんなにちょびっとなの?」

そこにあったのは、作業、作業の連続の時間割でした。
支援学校で息子が習った「働く」意味。その内容にショックを隠せず…の画像2
Upload By 立石美津子
特別支援学校高等部は正式には高校ではありません。就労するための職業訓練校的色彩が強いです。

障害も重い子、軽い子がいます。それぞれの能力に合った就労先を見据えて、園芸班、紙工作班、清掃班、接客班、事務班などに分かれて訓練しています。

仕事=つらい?息子が学校で習った内容は…

ある日、息子が学校から持ち帰ったファイルを開いてみると、「仕事頑張ります」と書いてありました。

社会に出るということも仕事の意味もわかっておらず、ただ担任に言われたことをそのまま写してているような気がしました。何だか切なくなりました。
支援学校で息子が習った「働く」意味。その内容にショックを隠せず…の画像4
Upload By 立石美津子
更にそのファイルには、仕事に関する穴埋め式の問題が入っていました。○のなかに回答を書くものです。

問題:高等部を卒業したら?
○○→○○をもらう→生活する

息子が書いた答えには、「働く」「給料」の文字が入っていました。

問題:お給料をもらうためには、仕事をしなくてはならない!
仕事は遊びではないので○○仕事や嫌な仕事もある

○○には「辛い」という文字が入っていました。
支援学校で息子が習った「働く」意味。その内容にショックを隠せず…の画像5
Upload By 立石美津子
息子の精神年齢は5歳くらいです。この穴埋め問題の意味をどれくらい理解しているのでしょうか。

先生が模範解答として示したものを、そのまま書き写したんだと思います。確かに書いてあることは正しいことなのですが…。

障害のある息子にとって、仕事はただつらいだけ?

社会に出れば学校時代のような見守られる環境ではなく、厳しい面もあります。嫌でもしんどくてもやらなくてはならないことも多々起こります。

でも…。「‟仕事は辛い“と最初にインプットしないでほしい。仕事が始まる前から‟苦しいもの”という先入観を持たせないほしい」と思いました。

仕事をするのは給料のため、生活のためだけではありません。息子には卒業後、障害があってもやり甲斐や張りのある毎日、「こんな僕でも誰かの役に立っている」という充実感を持ちながら働いてほしい。そう感じました。

「仕事は楽しい、だから頑張って技術を身に付けて仕事ができるように頑張ろう」

そんな穴埋め問題だったら良かったのに…と母として思いました。

働くことはゴールではない。むしろ、その先の人生のほうがもっと長い

特別支援学校高等部では、生徒達がきちんと就労できるよう、訓練することに必死です。

でも、就労はゴールではありません。それから先も人生は続きます。むしろその先の方が学校生活よりもずっと長いのです。

企業は法定雇用率に基づいて、障害者を雇うようになりました。2013年からは、従業員数が50人以上の会社は、雇用する労働者に占める身体障害者・知的障害者の割合が2%以上になるよう義務付けられています。このパーセンテージは、将来もっと上がると言われています。
企業は義務として障害者を雇いますが、企業の側に障害に対する理解が十分あるとは限りません。例えば“アスペルガー症候群”の人にはどのような特性があり、物事をどう捉える傾向があるのか、正しく把握している人が企業にどれだけいるでしょうか。

このような状況だと、孤立し虐められ退職してしまう障害者も多くなるでしょう。

一方で親御さんの中には、「どうか子どもが今日もクビになりませんように」と神棚に祈っている人もいます。そこには、わが子が将来一人で生きていくためには、職場になんとか雇用されていてほしいという切実な願いがあるのだと思います。

そんな親の気持ちを知った子どもが、合わない職場でも嫌と言えず、働き続け、もがき苦しむという場合もあるかもしれません。

就労できたからといって、その先の人生が保障されているわけではないのです。だからこそ、特別支援学校も「訓練して、就労させて、はいさようなら」とならないでほしいんです。卒業後のフォローはあると学校側からは聞いていますが、ずっと見ていてくれるわけではありません。

障害のある子に対して、長期にわたり見守る制度が充実することを願っています。

おわりに

支援学校で息子が習った「働く」意味。その内容にショックを隠せず…の画像7
Upload By 立石美津子
毎朝、慣れないネクタイの制服で悪戦苦闘している息子です。これも就労訓練の一貫なのかもしれません。

そして、「ああ、どんどん年齢を重ねないで就労なんて考えないでずっと可愛い子どもでいてほしいなあ。」「毎日楽しい学校生活のようなことを一生経験できる場があったらいいなあ」なんて思ってしまうのでありました。

このコラムを書いた人の著書

支援学校で息子が習った「働く」意味。その内容にショックを隠せず…の画像8
(C)すばる舎
Upload By 立石美津子
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
Avatar11

みんなのアンケート

Column title c6836bad50fd5a57095ac6032e29e523a502a25fc8489b1ea6580e64dc0e2b19

あわせて読みたい関連記事

特別支援学級を徹底解説!障害ごとの教育内容から卒業後の進路までのタイトル画像

特別支援学級を徹底解説!障害ごとの教育内容から卒業後の進路まで

通常の学級、特別支援学級や通級指導教室、支援学校などの様々な選択肢から、お子さんの就学先を選ぶことに悩む保護者の方は多いのではないでしょう...
進学・学校生活
101669view
2016/08/14 更新
知的な遅れがある自閉症の息子。支援学校を卒業したその先の人生はのタイトル画像

知的な遅れがある自閉症の息子。支援学校を卒業したその先の人生は

特別支援学校の高等部に通う息子の授業参観日。息子が何時間も同じ単純作業をしている姿を実際目にして、なんだか悲しい気持ちになってしまいました...
将来のこと
42841view
2017/03/05 更新
知的障害の若者に大学教育を。福祉型大学「カレッジ」の挑戦のタイトル画像

知的障害の若者に大学教育を。福祉型大学「カレッジ」の挑戦

障害のある若者にとっての新しい学びの形を実現しようと活動している福祉型大学「カレッジ」。この活動が障害のある人たちの生活をどう変えていくの...
進学・学校生活
21125view
2016/09/21 更新
3/4(土)イベント: 発達障害のある子どもたちの自立に向けてー家族支援と学校連携のあり方はのタイトル画像

3/4(土)イベント: 発達障害のある子どもたちの自立に向けてー家族支援と学校連携のあり方は

3/4(土)の13時より開催する、対談イベントのお知らせです。 ・鳥取大学大学院教授の井上雅彦先生 ・星槎大学准教授の阿部利彦先生 ・発達...
発達障害のこと
13260view
2017/02/13 更新
通信制高校とは?分類や他の進学先との違い、学費、入学方法などをご紹介しますのタイトル画像

通信制高校とは?分類や他の進学先との違い、学費、入学方法などをご紹介します

通信制高校は、テレビなどの通信手段を使った自宅での学習が中心の高校のことです。通信制高校と一口に言っても、学習スタイルや通学日数などさまざ...
進学・学校生活
11330view
2017/01/31 更新

この記事を書いた人

立石美津子 さんが書いた記事

支援学校で息子が習った「働く」意味。その内容にショックを隠せず…のタイトル画像

支援学校で息子が習った「働く」意味。その内容にショックを隠せず…

子育ての渦中にいると目先のことに囚われてしまい、ここ一二年のことしか視界に入らないことがあります。 でも、人生80年。進学すれば卒業があり...
将来のこと
69648view
2017/03/19 更新
知的な遅れがある自閉症の息子。支援学校を卒業したその先の人生はのタイトル画像

知的な遅れがある自閉症の息子。支援学校を卒業したその先の人生は

特別支援学校の高等部に通う息子の授業参観日。息子が何時間も同じ単純作業をしている姿を実際目にして、なんだか悲しい気持ちになってしまいました...
将来のこと
42837view
2017/03/05 更新
「障害」という表記は変えるべき?残すべき?皆さんはどう思いますか?のタイトル画像

「障害」という表記は変えるべき?残すべき?皆さんはどう思いますか?

「障害」という言葉の表記に対しては、今までも様々な議論がありました。最近では、「障がい」と表記したり、もともと使われていた「障碍」を常用と...
発達障害のこと
13925view
2017/01/29 更新
「障害は個性なのか?」その議論にはなんの意味がある?のタイトル画像

「障害は個性なのか?」その議論にはなんの意味がある?

「障害も、個性の一つでしょ」息子は知的遅れを伴う自閉症ですが、これまで子育てをしてきた中で、そんな言葉を言われたことが何度かあります。その...
発達障害のこと
19154view
2017/01/08 更新
下級生に飛び降りを強要した少女、親の責任はどこまで問える?特性理解と早期支援が大切な理由のタイトル画像

下級生に飛び降りを強要した少女、親の責任はどこまで問える?特性理解と早期支援が大切な理由

2013年に起きた、当時小学4年生の女の子が小学2年生の女の子に飛び降りを強制した事件。判決では、子どもの特性に気づかず十分な対応を取らな...
将来のこと
24449view
2016/12/12 更新
コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。