RDI(対人関係発達指導法)とは?効果や具体的な療育法、他の療育方法との比較などご紹介します

RDI(対人関係発達指導法)とは?効果や具体的な療育法、他の療育方法との比較などご紹介しますのタイトル画像

RDI(対人関係発達指導法)という療育方法をご存じですか?RDIとは、自閉症児をはじめ、対人関係において生きづらさを抱える子どもと、その家族のための療育方法です。新しい療育方法のため「知りたいけどなかなか情報が手に入らない」とお困りの方も多いのではないでしょうか。この記事では療育方法の説明や他の療育方法との違いについてご紹介します。

6077ad2b372d5a152de8191d73e3e4480c620035 s
21646 View
目次 RDI(対人関係発達指導法)とは RDIの対象となるのはどんな人たち? RDIの具体的な療育方法 RDIがもたらす効果とは...? ABA、TEACCHなど...他の療育方法とのちがいは? RDIを受けられる場所、必要な費用や期間は? まとめ

RDI(対人関係発達指導法)とは

「RDI(対人関係発達指導法)」とは、英語のRelationship Development Interventionの略で、自閉症児の社会的活動をサポートするための療育方法です。

RDIの目的は、家族へのコンサルティングを通して、子どもが非言語コミュニケーションを活用した対人関係を構築することのサポートをすることです。非言語コミュニケーションとは態度や表情など、言葉以外を使ったコミュニケーションのことを言います。

RDIは1996年、アメリカの臨床心理学博士スティーブン・E・ガットステインが自閉症スペクトラム障害の療育方法として提唱しました。

それまでの自閉症スペクトラムの療育方法では治療対象になっていなかった、社会性に焦点を当てた療育方法です。さらに、RDIの特徴として以下の2点が挙げられます。

・困難を抱える子どもだけではなく、その家族を療育の対象としていること
・療育にインターネット上のラーニングシステムや、ビデオ通話を使ったりすること

RDIのラーニングシステムは、アメリカ・ヒューストンにある「RDI Connections center」というRDIの公式機関が定めているものであり、自閉症ではない子どもとその家族の行動をモデルにしています。支援を受ける家族はRDI認定のコンサルタントのガイドに従って、段階的に実践を進めていきます。

「RDI認定コンサルタント」とは、アメリカにあるConnections Centerで公式認定をされたコンサルタントのことを言います。公式認定を受けるためには、Connections Centerで研修を受けた後、スーパーバイズを受けながらの臨床試験を1~1.5年ほどをかけてのRDIの臨床トレーニングを修了し、実践能力を認められる必要があります。

研修から臨床までがすべて英語で行われること、アメリカでしか受けられないこともあり、日本にはRDI認定コンサルタントは2017年現在で8人しかいません。

RDIの対象となるのはどんな人たち?

RDIはもともと自閉症、アスペルガー症候群、広汎性発達障害のある人々の対人関係上の困難を解決するために開発されたプログラムですが、最近はADHDや学習障害など、様々な要因から対人関係に困難を抱えている人々にも実践されています。

「自閉症ではない子どもの行動を模倣しながら成功体験を積んでいく」という方法は、発達のやり直しという形で実施されるために、発達の状態、年齢や診断名に関係なく効果がある療育方法だと言われています。

RDIの具体的な療育方法

RDIという療育方法の基本的な考え方は、「子どもがコミュニケーションをとることが楽しいと思えるような関係性の築き方を、親に考えてもらう」という内容です。

親子間の非言語コミュニケーションの量と質を上げるために、自閉症ではない親子の関わり方をモデルにして、ゆっくりと発達段階のやり直しを試みます。例として、ボールを投げ合うといった簡単な順番のあるゲームをします。ゲームをしている間、家族は自分も楽しみながら、少しオーバーな表情や態度で子どもに接します。子どもは家族にガイドされながら、共に活動に参加することによって、やり取りの順番を予想することや、パートナーと協調するために自分の行動を調整することを学びます。

こうして家族のガイドに沿った関わりに触れながら自らも積極的に参加し、非言語コミュニケーションを使う経験を重ねることで、子どもたちはより自然な形で人ととのやり取り、経験の共有を楽しめるようになっていくのです。

かつては、行動モデルは6段階に分けられており、レベルごとに目標となる行動が決められていましたが、現在ではもっと柔軟な形に変更されています。

具体的な療育の流れは以下の通りです。

1. 親がRDI認定コンサルタントとのデモンストレーションやインターネット上の学習システムを通して「子どもにどう接すればいいか」を勉強する。

2. アセスメントとして親子はコンサルタントから提示されたことを参考に簡単な関わり遊びを始める。その間、後に自分たちの行動を客観的に評価できるようにビデオ撮影を行う。コンサルタントは遠隔でその様子を観察している。

3. 録画したビデオを見ながら行動評価をして、課題特定を行う。コンサルタントと一緒に親子の間でのガイド関係の在り方、協働作業や非言語コミュニケーションの状態を評価し、課題となる行動領域を決める。関わりの妨げとなっている要因についても確認し、その対応を検討する。

RDIがもたらす効果とは...?

RDIで期待されている効果として、「子どもたちが人と経験を共有することに喜びを感じられるようになる」ことが挙げられます。具体的な行動に起こる変化としては以下の3点が挙げられます。

・非言語コミュニケーションを使った柔軟な対応ができるようになる
・自分と他者の個性を認め、尊重できるようになる
・人間関係を継続させるために、自分から行動を起こせるようになる


例えば、人への興味と関心を育て、関わりたいという動機を高めることをベースにしてから「人に話しかけたいときに、どのような表情で、どのように働きかけるのか」「みんなで遊ぶ時はどのように周囲に配慮し、順番を守るのか」など、子どもたちが社会で生きていくために必要なスキルを学んでいきます。

このように、対人関係に関する成功体験をつんでいくことによって、子どもたちの中に「人と関わることって楽しい!」という気持ちが芽生えてきます。

その気持ちを育てることで、コミュニケーションを単に「必要なモノ・情報を手に入れるための手段」ではなく、「自分の人生をより豊かにするための手段」として捉えられるようになっていくのです。

RDIが注目されている理由の一つに、その効果の高さが挙げられます。RDI公式サイトから見ることのできる資料によると、RDI指導を1年半受けた自閉症スペクトラムの子どもたちは、「ADOS(自閉症診断観察尺度)」という尺度を用いた測定で、15人中13人が自閉症の症状が軽減したと診断され、その中でも11人は自閉症の域から外れたという研究結果もあるそうです。

ABA、TEACCHなど...他の療育方法とのちがいは?

発達障害療育には様々な方法が存在しています。現在主流となっている支援法としては、応用行動分析(ABA)とTEACCHなどが挙げられます。この章では、その2つの支援法とRDIとの違いについて説明します。

◆応用行動分析(ABA)
応用行動分析学、通称「ABA」(Applied Behavior Analysis)とは、発達障害児を対象とした療育の理論と実践の体系です。人間の行動を個人と環境の相互作用の枠組みの中で分析し、実社会の諸問題の解決に応用していくという考え方がベースになっています。

◆TEACCH
TEACCHとは、ASD(自閉症スペクトラム障害)の当事者とその家族を対象とした生涯支援プログラムのことで、ASDの人々の自立とQOL向上を目指す包括的な「支援の枠組み」を指します。「構造化された環境で認知発達を促す訓練をする」という考え方がベースになっています。

ABA、RDIは実践の体系を表すのに対して、TEACCHは支援の枠組みを指す言葉なので、役割の面では一概に比較することはできません。

ABAとRDIの違いは、支援対象と教える内容にあります。

まず、ABAは子どもに対して、社会生活の行動における正解を与える方法のこと。一方RDIは、家族に対してコミュニケーションの取り方をガイドする方法のことです。ABAは本人と環境にある問題を分析・指導し、RDIは「どういったかかわり方をすれば、本人がコミュニケーションに対する意欲を引き出せるか」を親に対して指導します。

どれか一つの正解をだすのでなく、症状や段階に応じて組み合わせることでより個別最適化された療育が可能になるといわれています。
発達障害の療育のベース「応用行動分析学(ABA)」とは?ABA療育の効果や実例、利用方法まとめのタイトル画像
関連記事
発達障害の療育のベース「応用行動分析学(ABA)」とは?ABA療育の効果や実例、利用方法まとめ

RDIを受けられる場所、必要な費用や期間は?

日本にいるコンサルタントは、Connections Centerのホームページから探すことができます。RDIに関する本も出ていますが、毎年アップデートされているシステムであるため、個人で学ぶよりも専門家と協力して行うことが推奨されています。

RDIにかかる費用はコンサルタントや指導機関によって変わります。目安としては1時間のコンサルティングで1万円程度ですが、機関によってかなり幅があります。

RDIはスキルの獲得を目指す療育方法ではないので、具体的な効果がすぐには見えづらいところもありますが、2週間に一回程度のコンサルティングを行うことで、半年から1~2年で、人との関わりやコミュニケーションの面などで大きな質的変化が現れます。

療育にかかる費用や期間は、担当するコンサルタントによって変わることが現状です。療育を受けようと思っている家族は、複数のコンサルタントを比較検討してみてもよいでしょう。

まとめ

RDIとは、対人関係において困難を持つ子どもの、生活の質を向上させることを目的とした家族向けの療育プログラムです。RDI認定コンサルタントと協力して、子どもが価値を感じられるようなコミュニケーションの取り方を学んでいきます。

RDIは自発的にコミュニケーション上の最適解を見つけていく過程を大事にしているため効果が出るには1~2年ほどの時間がかかりますが、診断名や年齢に関係なく療育を受けることができます。

まだ日本ではあまり浸透していない療育方法ですが、子どもが社会活動に一歩踏み出すための身近な環境作りのために、家族同士の関わり方を見直す良いきっかけとなるのではないでしょうか。


取材協力:白木孝二
RDI®Program Certified Consultant
認定臨床心理士
http://www.nagoya-connect.jp/rdi.html
ソーシャルスキルとは?定義や測り方、ソーシャルスキルトレーニング(SST)の方法や実施機関まとめのタイトル画像
関連記事
ソーシャルスキルとは?定義や測り方、ソーシャルスキルトレーニング(SST)の方法や実施機関まとめ
自閉症スペクトラム障害(ASD)とは?年代別の特徴や診断方法は?治療・療育方法はあるの?のタイトル画像
関連記事
自閉症スペクトラム障害(ASD)とは?年代別の特徴や診断方法は?治療・療育方法はあるの?
コミュニケーション障害とは?俗称と医学的定義の違いは?症状の種類や原因、治療方法まとめのタイトル画像
関連記事
コミュニケーション障害とは?俗称と医学的定義の違いは?症状の種類や原因、治療方法まとめ
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
Avatar11
Column title

あわせて読みたい関連記事

この記事を書いた人

発達障害のキホン さんが書いた記事

スクールカウンセラーに関するコラムを総まとめ!役割や相談の様子などをご紹介しますのタイトル画像

スクールカウンセラーに関するコラムを総まとめ!役割や相談の様子などをご紹介します

スクールカウンセラーを利用したことはありますか?知名度こそ上がってきたものの、まだまだ利用したことがあるという人は少ないのが現状なのではな...
進学・学校生活
976 view
2017/12/13 更新
ADHD治療薬インチュニブ(グアンファシン)の効果や副作用は?ストラテラ、コンサータとの違いも解説のタイトル画像

ADHD治療薬インチュニブ(グアンファシン)の効果や副作用は?ストラテラ、コンサータとの違いも解説

インチュニブは、2017年に認可された小児用のADHD治療薬です。従来の薬とは違う作用で働くため、今までの治療薬で効果を感じられなかった人...
発達障害のこと
8165 view
2017/12/08 更新
気分変調症/気分変調性障害とは?症状、診断基準、治療から併存しやすい病気、病気と性格との関係までのタイトル画像

気分変調症/気分変調性障害とは?症状、診断基準、治療から併存しやすい病気、病気と性格との関係まで

気分変調症/気分変調性障害とは、比較的軽度の気分の落ち込みが慢性的に続く病気のことを指します。成人期早期に発症することが多く、慢性的な経過...
自分と家族のこと
8065 view
2017/11/25 更新
子どもの偏食、どうしてる? 発達障害との関係は?原因と工夫、みんなの体験談を一挙にご紹介!のタイトル画像

子どもの偏食、どうしてる? 発達障害との関係は?原因と工夫、みんなの体験談を一挙にご紹介!

発達が気になる子どもには、偏食があるケースも少なくないようです。保護者の方の中には、「偏食があり、食べられるものが少なくて悩んでいる」「調...
身のまわりのこと
12617 view
2017/11/24 更新
相貌失認とは?症状、原因、相談・診断・受診先から、発達障害との関わりについて解説しますのタイトル画像

相貌失認とは?症状、原因、相談・診断・受診先から、発達障害との関わりについて解説します

相貌失認があると”誰の顔なのか"を認識できません。親や子どもなど近しい人の顔が分からない人もいます。2013年にブラッド・ピットが相貌失認...
発達障害のこと
20270 view
2017/11/13 更新
コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。