お金も心も救われた障害者保険。自閉症の息子が見舞われたトラブルに…

ライター:立石美津子

皆さんのお子さんには他害がありますか?それとも自傷がありますか?息子は自傷タイプなので「器物破損をするようなことは、これからの人生でないだろう」と高をくくっていました。しかし先日、通っているスイミングスクールで暴れ、窓ガラスを割ってしまいました。

10年間通ったスイミング。自閉症の息子は、ある日窓を割ってしまい…

お金も心も救われた障害者保険。自閉症の息子が見舞われたトラブルに…の画像
Upload By 立石美津子
『子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方』の著者の立石美津子です。

自閉症の息子は、6歳~16歳まで10年間、障害者枠があるスイミングに通っていました。

つい先日のレッスン日、息子が他の生徒さんにしてしまう、しつこいちょっかいに対してコーチにひどく叱られるという出来事がありました。

息子は大きな声を上げられることに対してパニックを起こします。その声に対してスイッチが入ってしまい大暴れ。非常ベルを鳴らし、ゴミ箱を投げ、ガラスを割り、ロッカーをボコボコにしてしまいました。

その後、プールの施設から道路に飛び出し、路上の車を蹴り飛ばす行為におよび、車の持ち主から「警察へ連れて行く」と言われる事態にまで発展してしまいました。

障害者枠のある水泳教室ですので「退会してください」とプール側から言われたわけではないのですが、退会することにしました。

窓ガラスを弁償することになり、相談した相手は…

お金も心も救われた障害者保険。自閉症の息子が見舞われたトラブルに…の画像
Upload By 立石美津子
長年お世話になったスイミングスクールに対して大変後味の悪い辞め方をしてしまい、かといって息子を責めるわけにもいかず、なんとも言えない嫌な気分になっていました。

また、施設の大きな窓ガラスを割ってしまったので、それを弁償することに。

ですが私は、こういうこともあろうかと、障害者(児)が「車に傷をつけた」「器物破損した」「人の眼鏡を壊した」ときのための保険、「ぜんち共済」(=前身は全国知的障害者共済会)に加入していました。こちらで補償が受けられないかと相談してみることにしたのです。
ぜんち共済株式会社
https://www.z-kyosai.com/
お金も心も救われた障害者保険。自閉症の息子が見舞われたトラブルに…の画像
Upload By 立石美津子
お金も心も救われた障害者保険。自閉症の息子が見舞われたトラブルに…の画像
Upload By 立石美津子
そして、落ち込んだ気持ちで、こちらの窓口に電話しました。

すると、電話に出た方が「それは大変でしたね。息子さんにお怪我はありませんでしたか。お怪我の補償も付いていますから大丈夫ですよ。」と、とても丁寧に対応をしてくれました。

「状況をわかってくれる人がここに居た」という感じがして、少し心が軽くなりました。

結果、全額保険でカバーでき、私の負担額は0円で済みました。

最初は乗り気でなかった保険への加入

実は私はずっと保険に入ることに後ろ向きでした。何故なら、息子は自分で自分の身体を傷つける、自傷行為をするタイプ。パニックを起こすときは凄まじい勢いで暴れますが、基本、性格は穏やかで、昔から他の人を傷つける他害行為はなかったからです。

ですから「保険なんか入って無駄金を払いたくない」と私は思っていたのです。

ところが通っている放課後デイのスタッフから「皆で外出することもあるので、何があったときのために、必ず保険に入ってほしい」と言われたので、渋々ですがこちらの保険に入った経緯があります。

次ページ「故意の他害でなくても起こること」


バナー画像


同じキーワードでコラムを探す



放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。