板書ができず周囲をキョロキョロ見回す息子。視覚検査でわかった意外な理由とは

板書ができず周囲をキョロキョロ見回す息子。視覚検査でわかった意外な理由とはのタイトル画像

授業参観での息子の様子を見て、「この子はもしかしたら物の見え方に困難を抱えているかもしれない…!?」とふと思った私。夏休みを利用して、「視覚認知発達検査」が受けられる病院に行ってきました。その結果、わかったことはというと…

45aa4582 4461 48a9 95b7 a72f7c4c6368 s
15305 View

授業参観で見た息子の姿はあまりにも…。

板書ができず周囲をキョロキョロ見回す息子。視覚検査でわかった意外な理由とはの画像
Upload By 林真紀
我が家の発達障害のある息子は今年の4月に1年生になったばかり。特別支援級に通級しているおかげで手厚いサポートも受けられ、特に学習上の困難があるという話も今まで聞きませんでした。困ったことといえば、身体がひどく疲れやすいことぐらい。それもさまざまな刺激に弱いという特性があるので、仕方ないのかなと楽観的に捉えていました。

しかし、6月になって、授業参観で息子の算数の授業を見たときのことです。それまで「勉強は問題ない」と思っていた私は、教室での息子の姿を見て驚愕することになります。

そこには、あまりにもオタオタとしながら板書をする息子の姿がありました。

いや、オタオタというレベルではありません。一生懸命黒板を写そうとするのに、黒板のどこを書き写したら良いのか分からない様子なのです。

ノートを見て、黒板を見て、またノートを見て…

この一連の作業のなかで、完全に息子は「迷子」になっていました。それでも一生懸命ノートに書き写そうと、黒板をキョロキョロと眺めます。けれども写す場所が分からない様子。しまいには、隣の子のノートを覗き込んで写しているのです。

これはしんどいな…と私は頭を抱えてしまいました。そして、息子が帰宅するとぐったりと横になってしまうのは、この「板書」に相当のエネルギーを使ってしまっているのではないだろうかと思い当たりました。

もしかするとこの子は、視覚から情報を知りする「視覚認知」に少し問題があるのかもしれない…という疑念が、フッと心によぎったのです。

思い当たる節は、息子が幼いころにも…。

板書ができず周囲をキョロキョロ見回す息子。視覚検査でわかった意外な理由とはの画像
Upload By 林真紀
息子の視覚認知について、私にはもう一つ思い当たることがありました。それは、1年生になった今でも、転がってくるボールを受け止めることができないことでした。

ドッジボールのような形で高速で飛んでくるボールが怖いのはまだ分かるのですが、コロコロと転がってくるボールでも怖がって、すたこらサッサと逃げてしまいます。動いているものを目で追って、受け止めるということができないのです。

これは、ボールだけではなく、息子がいろいろなものを怖がることに繋がっているような気がしました。

息子は他人が飛んでいるなわとびすら嫌がります。無論、大なわとびなどは絶叫して嫌がります。動く物を目で見て捉えることができていないことは、息子の運動への苦手意識全般に関わってきているような気がしたのです。

そこで、私は息子の視覚認知に問題があるのではないかということを、療育の先生に相談しました。そのときに、「千葉に視覚認知の発達検査をしてくれる眼科さんがあります。良かったら、検査に行かれてみてはどうでしょう。」と言われ、私は思い切って検査に行ってみることにしたのでした。

検査の結果分かった、目の特性とは

板書ができず周囲をキョロキョロ見回す息子。視覚検査でわかった意外な理由とはの画像
Upload By 林真紀
視覚認知発達検査は、千葉県の浦安市にある「かわばた眼科」さんで予約してやってもらいました。こちらの病院は子どもたちの視覚認知発達検査を行う「視覚発達支援センター」を併設しているのが特徴です。私と息子も一日仕事の覚悟で検査を受けにいきました。

その結果、息子は「追従性眼球運動」(見ているものの動きに合わせて眼球を動かす運動)や「跳躍性眼球運動」(すばやく一点から別の点へ眼球を動かす運動)の力がとても弱いことが判明したのです。

それが顕著に分かったのは、私が試しに棒を持って、「これを目で追ってごらん」と右左にゆっくり振ってみたところ、息子が目ではなく、顔や身体を動かしてその棒の動きを追っていたときでした。息子は、目だけを動かして動いている物を追うことができていなかったのです。これが追従性眼球運動の弱さの表れでした。転がってくるボールが怖くて受け止められないのは、この追従性眼球運動の力が弱かったためだったと思われます。

さらに、跳躍性眼球運動は、板書をノートに書き留めることにもにも大きく関わってくる目の動きです。黒板とノートを交互に見るということは、眼球をすばやく一点から別の点へ移動させる力が要求されます。けれども、眼球を素早く動かす力に欠いている息子は、黒板とノートの間を視線を移動させながら、必要な情報を素早く読み取るということができずにいたのでした。
板書ができず周囲をキョロキョロ見回す息子。視覚検査でわかった意外な理由とはの画像
Upload By 林真紀
さらに、詳しい検査の結果、息子は遠視であることが分かりました。「視力」として数値がはっきり出る近視と違い、遠視は早期発見が難しいといいます。遠視が「近くが見えない」というのは実は誤解で、近くであろうと遠くであろうとピントが合わせづらいことを言うそうです。

これによって、近くを見ているときでも遠くを見ているときでも、物を見るために余計な力が入ってしまっている状態になってしまいます。そのために、イライラや落ち着きのなさ、頭痛や疲労感に悩まされることがあるそうです。

息子の異常な疲れやすさの原因は、発達障害による刺激に対する弱さだけではなく、なんと遠視が関わっていたのでした。というわけで、来る9月の新学期に向けて、遠視用のメガネを作ることになりました。

見え方が違うということ

このように、発達障害の子どもの「見え方」について検査をすることで、その子が一体何に困っていたのかが見えてくることが分かりました。現在、息子は学習前に毎日ビジョントレーニングと呼ばれる、視覚認知の発達を促すトレーニングをやっています。これは、やればやるほど伸びていくものだと言われています。

トレーニングを始めて数週間がたった今では、頭を動かさず、トレーニング用の棒を眼で追えるようになりました。これで生活の中に変化が現れるかはわかりませんが、気長に続けていこうと思っています

息子の場合のように、発達障害の困難は、見え方や眼球の動きが関わっているようです。さらに、疲れやすさの原因は、発達障害の過敏性によるものだけではなく、遠視などの目の状態にも関係している場合もあるのです。

本人の困難さが「見え方」にあるということを、自分自身で気づくことはなかなかできません。少しでも「この子の見え方は何か違うな」と思う点があれば、ぜひ視覚認知の検査を受けることをお勧めしたいと思います。

その子の抱えている困難をより詳しく知ることで、具体的にどうすればいいか、どんな力を伸ばせばいいのかが見えてくるかもしれません。
ビジョントレーニングとは?「見る力」と学習障害との関わりは?具体的なトレーニング法をご紹介しますのタイトル画像
関連記事
ビジョントレーニングとは?「見る力」と学習障害との関わりは?具体的なトレーニング法をご紹介します
視空間認知って?「見る」ことのメカニズム・検査・強化するトレーニング法、発達障害との関連についてのタイトル画像
関連記事
視空間認知って?「見る」ことのメカニズム・検査・強化するトレーニング法、発達障害との関連について
掃除中に「ふざけている」と言われた息子。泣きながら語ったその真実とはのタイトル画像
関連記事
掃除中に「ふざけている」と言われた息子。泣きながら語ったその真実とは
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
Avatar11
Column title

あわせて読みたい関連記事

この記事を書いた人

林真紀 さんが書いた記事

音楽療法とリトミックの違いって?生きにくさを軽減してゆく「療法」であることの意味のタイトル画像

音楽療法とリトミックの違いって?生きにくさを軽減してゆく「療法」であることの意味

リトミックと音楽療法は何が違うのでしょうか。調べたり、見聞きするうちに見えてきたのは、目的設定の違い、そしてそこまでのアプローチの違いでし...
学習・運動
9181 view
2018/01/11 更新
自閉症スペクトラムを理解するための新たなアプローチ!最新の脳波技術を用いた研究結果とはのタイトル画像

自閉症スペクトラムを理解するための新たなアプローチ!最新の脳波技術を用いた研究結果とは

自閉症スペクトラム障害の人たちの多くに共通する「社会的コミュニケーションの困難さ」と「こだわりの強さ」。 これらを理解するための新たなアプ...
発語・コミュニケーション
17691 view
2017/12/22 更新
自分への問いかけかわからない!?クラスの会話すべてに首を突っ込む原因は聴覚の過敏性にあった!のタイトル画像

自分への問いかけかわからない!?クラスの会話すべてに首を突っ込む原因は聴覚の過敏性にあった!

発達障害児が悩まされることの多い「聴覚過敏」。大きな音や怒鳴り声などにパニックになってしまうことはよく知られています。そして息子の場合は、...
発語・コミュニケーション
11634 view
2017/12/12 更新
「ジッとしなさい!」と叱る前に。教室で活躍する「ペダルデスク」の存在からわかることのタイトル画像

「ジッとしなさい!」と叱る前に。教室で活躍する「ペダルデスク」の存在からわかること

ADHDの子どもの特性である衝動性・多動性。このような特性のある子どもたちにとって何時間もジッと座って授業を受けるということは、苦行です。...
進学・学校生活
25964 view
2017/11/23 更新
パニック予知も夢物語じゃない!?発達障害支援にもつながる、可能性に満ちたデバイス研究を紹介!のタイトル画像

パニック予知も夢物語じゃない!?発達障害支援にもつながる、可能性に満ちたデバイス研究を紹介!

子どものパニック発生を予知してくれるセンサーがあったら…!そう思ったことは1度や2度ではありません。しかし、今それも夢物語ではなくなってい...
発語・コミュニケーション
18794 view
2017/11/10 更新
Area search

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。