国家資格の「公認心理師」誕生!臨床心理士との違いは?受験資格や経過措置をわかりやすく解説します!

国家資格の「公認心理師」誕生!臨床心理士との違いは?受験資格や経過措置をわかりやすく解説します!のタイトル画像

2017年9月15日に公認心理師法が施行され、心理職初の国家資格「公認心理師資格」が誕生しました!これまで、「臨床心理士」という民間資格が信用度の高い心理職の資格とされてきましたが、今後はどう変わるのでしょうか?新しく誕生する公認心理師の基本情報から、臨床心理士との受験資格の違い、法律施行に伴う経過措置などの複雑な仕組みについても分かりやすく解説します。

発達障害のキホン
152223 View
目次 公認心理師とは? 国家資格としての「公認心理師」誕生の背景 公認心理師の仕事と活躍の場 公認心理師になるには? 経過措置とは?いつの時点で、誰があてはまるの? 公認心理師と臨床心理士は何が違うの? まとめ

公認心理師とは?

公認心理師とは、心理職の国家資格です。

これまで心理職の資格は、臨床心理士を始めとする各種民間資格のみでした。

そのため近年、心理学系の国家資格をつくろうとする動きがありました。その結果、公認心理師法という法律が2015年9月9日に成立して、9月16日に公布され、2017年9月15日に施行されました。

公認心理師法は、公認心理師という国家資格を定めるとともに、国民の心の健康を増進させていくことを目的にした法律です。

また、第1回国家試験は、2018年に実施する予定と発表されています。

<厚生労働省引用>
公認心理師とは、公認心理師登録簿への登録を受け、公認心理師の名称を用いて、保健医療、福祉、教育その他の分野において、心理学に関する専門的知識及び技術をもって、次に掲げる行為を行うことを業とする者をいいます。
(1)心理に関する支援を要する者の心理状態の観察、その結果の分析
(2)心理に関する支援を要する者に対する、その心理に関する相談及び助言、指導その他の援助
(3)心理に関する支援を要する者の関係者に対する相談及び助言、指導その他の援助
(4)心の健康に関する知識の普及を図るための教育及び情報の提供

出典:http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000116049.html

国家資格としての「公認心理師」誕生の背景

現在、自ら命を絶ってしまう人が年間約2万人もいる社会において、医療・保健の分野だけでなく職場や学校教育の現場においても、 抑うつ状態等に悩む方や発達障害の子どもに対するカウンセリングが必要とされ、司法の分野でも被害者や犯罪者に対し、あるいは自然災害の被災者などに対して心のケアの重要性が高まっています。

そのような中で、「数多くある民間資格のどの資格者に依頼すべきかわからない」といった声にこたえるためにも、幅広い年代や状況に対応でき、国家資格である「公認心理師」の誕生は多くの人が待望していた資格といえます。

また、公認心理師は、業務独占資格ではなく、名称独占資格(その資格保持者でなければ、その名称を名乗ったり、紛らわしい名称を用いてはいけない)になります。 このような名称独占がなされるのは、数多くの心理職が存在する中で、名称に使用制限を設けることで国家資格である公認心理師の信頼を保護していくためです。

しかし、公認心理師は、医師や弁護士のような業務独占資格ではないため、公認心理師の資格所有者でなくても心理職の行うアセスメント、カウンセリングなどは行うことが可能です。

更に、公認心理師資格が「師」という漢字を使っているのには理由があります。もし公認心理士という資格名で名称独占資格にしてしまうと、既存で「士」を使った数多くある民間資格がその名称を名乗れなくなる可能性があります。民間資格との混乱を避け、国家資格としての信頼を確立するためにも、様々な議論を経て待望の国家資格が誕生したのです。

公認心理師の仕事と活躍の場

公認心理師の4つの仕事

公認心理師の仕事は、公認心理師法では以下の4つが挙げられています。

1.心理査定(アセスメント)
2.心理面接(カウンセリング)
3.関係者への面接
4.心の健康に関する教育・情報提供活動


1.2に関しては、公認心理師も民間資格である臨床心理士も同じですが、2つの資格についての違いはこの記事の後半「公認心理師と臨床心理士の違いは?」の章でご説明いたします。

では、公認心理師が具体的にどのような仕事をするのかを見ていきましょう。

1.心理査定(心理アセスメント)
心理査定とは、クライエント(=カウンセリングや福祉での相談者)のことをセラピストが理解し、その後のカウンセリング等の支援に役立てるために、面接での情報収集、心理テスト、行動観察などの方法によって、クライエントの特性や問題を明らかにしていくことを指します。クライエントを取り巻く状況などを表情や話し方などをよく観察しながら読み取っていき、何が最善の援助になるかを模索していくのです。

2.心理面接(カウンセリング)
心理面接とは、心理カウンセリングや心理療法によって、クライエントの抱える問題の克服や、悩みを軽減させていくことを指します。セラピストがクライエント自身のことや家族のこと、職場や学校での悩みなどを聞き取っていき、クライエント自身の自己理解や自己治癒、問題の解決等につながるように対話をすすめていきます。

これは医師と公認心理師が連携して数回にわけて行ったり、クライエントの周囲の人たちにはたらきかけたり、他の専門機関と連携することもあります。

3.関係者への面接
公認心理師には「関係者への面接」という業務があります。

公認心理師では、特に職務として「関係者への面接」が独立しています。セラピストは、常に症状を持つ人や「問題」とされている人と会うことはできず、時には不登校やひきこもりの子どもの両親、発達障害の子どもの保育士、問題行動を起こす生徒の担任など関係者としか会えないことも少なくありません。

引用出典:浅井伸彦『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには'16~'17年版』P72

出典:http://amzn.asia/hZbWQbm
公認心理師は、当事者本人に直接会えない場合にも、関係者への面接やアセスメントを通して支援を行うことがあります。その際に、当事者の家族への心理療法を通じて、本人との関係性や環境に働きかけるために家族療法という援助方法があります。

家族療法
家族療法では必ずその家族全員が来る必要はなく、また対象が家族でなくても2名以上の対人コミュニケーションが少しでも関わるところ(たとえば職場、地域、学校など)であれば使うことができます。

家族関係など”システム”と呼ばれる人間関係の相互作用に着目し、相互作用の悪循環を切断してよい環境を作っていくなどすることで、”問題”とされていたことが起こらないように、変化していくことを進めていく心理療法。不登校や引きこもりなどの“問題”とされる本人に会えないケース(会えるケースも)、夫婦関係や家族関係などの複数人が関わるケースなどに特に有効とされている。

引用出典:浅井伸彦「あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには'16~'17年版 p72

出典:http://amzn.asia/2m6UUyj
4.心の健康に関する教育・情報提供活動
公認心理師は、多くの心理職が行うアセスメントやカウンセリングの他にも、地域の人々がセルフケアできるようにサポートするため、心の健康に関する教育(心理教育)を行ったり、災害時に情報提供活動を行ったりもします。

心の健康に関する教育のことを、「心理教育」と呼びます。「友達を作るスキル」や「怒りを適切に表現するスキル」「ストレスやストレス発散に関するスキル」「友達と仲直りするスキル」などは、普段あまり学校の授業などで学ぶことはありません。そのようなスキルや知識を、「教育」という形で学ばせることによって、より社会定期に適応できるように導いていくものを心理教育と呼びます。

引用出典:浅井伸彦「あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには'16~'17年版 p73

出典:http://amzn.asia/hZbWQbm

公認心理師の活躍の場

公認心理師の働く場は、ほとんどがこれまで臨床心理士が働いてきた領域と重なると考えられます。主に臨床心理士が活躍してきた領域は以下の6つがあります。

・医療領域:病院、クリニックなど
・教育領域:スクールカウンセラー、教育相談所など
・産業領域:EAP(従業員支援プログラム)など
・福祉領域:児童相談所、発達支援センター、療育施設など
・司法領域:家庭裁判所、少年鑑別所など
・私設相談領域:資格をもとにしたカウンセリングルームを独自に開業する

公認心理師になるには?

公認心理師になるには、受験資格を満たし国家試験に合格する必要があります。

受験資格

1.「公認心理師になるために必要な科目」を心理学関係の大学と大学院を出て修了する。
2.大学で公認心理師になるために必要な科目を修めて卒業し、文部科学省令・厚生労働省令で定める施設で、規定の期間以上心理関係の仕事に従事する。
3.1.2の条件と同等以上の知識・技能を有すると認められる。

「公認心理師になるために必要な科目」は

・大学での必要な科目合計25科目、実習80時間以上を実施
・大学院での必要な科目合計10科目、実習450時間以上を実施

詳しくは厚生労働省の以下の以下の資料をご参照ください。
受験資格を満たすには、公認心理師カリキュラムの置かれた大学院への進学が必須となります。2018年度入学より、大学院によっては、公認心理師と臨床心理士の両方の受験資格が得られるようになる予定です。公認心理師や臨床心理士を目指す人向けに、公認心理師養成大学院・臨床心理士指定大学院の入学のためのコースを設けた予備校もありますので、調べてみてはいかがでしょうか?

国家試験

1.出題範囲
・出題範囲として詳細な科目は定めずに、「公認心理師として具有すべき知識及び技能」について出題されます。

2.試験の実施方法
・全問マークシート方式
・問題数は150~200 問程度
・ケース問題を可能な限り多く出題
・試験の実施時間は1問あたり1分(ケース問題は3分)を目安
・公認心理師としての基本的姿勢を含めた基本的能力を主題とする問題と、それ以外の問題

3.合格基準
正答率60%程度以上

4.試験実施時期
・第1回は2018年12月までに実施
・第2回以降の試験実施時期は今後検討
・試験は年に1回の実施とする

経過措置とは?いつの時点で、誰があてはまるの?

当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
放課後等デイサービス・児童発達支援の求人一覧です。待遇・給与、勤務時間、研修・教育制度、職員のインタビューからあなたにぴったりの職場を探せます。
会員登録後のエントリーで1,000円のAmazonギフトカードがもらえるキャンペーンを実施中!
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

発達障害のキホンを知る

発達障害のキホンを知る

この記事を書いた人

発達障害のキホン さんが書いた記事

PTSD(心的外傷後ストレス障害)とは?原因、症状、治療、PTSDに似た発達障害の症状まで解説のタイトル画像

PTSD(心的外傷後ストレス障害)とは?原因、症状、治療、PTSDに似た発達障害の症状まで解説

PTSDは、つらいできごとがトラウマとなり、さまざまな症状を発症する疾患です。発症すると、そのできごとに関わる人・場所を過度に避けたり、考...
発達障害のこと
255544 view
2018/12/09 更新
子どもの癇癪(かんしゃく)とは?原因、発達障害との関連、癇癪を起こす前の対策と対処法、相談先まとめのタイトル画像

子どもの癇癪(かんしゃく)とは?原因、発達障害との関連、癇癪を起こす前の対策と対処法、相談先まとめ

大声で泣き叫んだり、暴れたりする子どもに困っている…。一旦気持ちが爆発するとなかなか収まらない癇癪ですが、子どもが癇癪を起こす背景には必ず...
発達障害のこと
661220 view
2018/12/07 更新
難病の軽症高額該当で、医療費助成の対象外でも支援が受けられる?制度該当条件などを詳しく解説します!のタイトル画像

難病の軽症高額該当で、医療費助成の対象外でも支援が受けられる?制度該当条件などを詳しく解説します!

難病法には重症度基準が設けられ、病状の程度が一定以上の人は、医療費助成の対象となります。しかし、指定難病の診断を受けていても、治療により症...
身のまわりのこと
4252 view
2018/12/04 更新
放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。