小1娘の試練「友達の名前覚えられない」…手作りのアレで1週間後変化が!

小1娘の試練「友達の名前覚えられない」…手作りのアレで1週間後変化が!のタイトル画像

広汎性発達障害の娘は、小学1年生。心配なこと、不安なことはたくさんありましたが、最初にぶち当たった壁は「お友達の名前が覚えられないこと」でした。

78416c956d6ee51a1b94b8030d578c1d063512ea5b6f01de21776c3eb5cb5f7e s
23261 View

娘は、お友達の名前を覚えるのが苦手

小学1年生になる広汎性発達障害のある娘は、お友達の名前を覚えるのが昔から苦手。幼稚園の頃は同じ組の子たちの名前を、なかなか覚えることが出来ませんでした。

進級し、組が変わると、前のクラスで一緒だった子の名前も、すぐに忘れてしまう…卒園までの3年間で、娘の口から聞いたお友達の名前は、わずか数人でした。
小1娘の試練「友達の名前覚えられない」…手作りのアレで1週間後変化が!の画像
Upload By SAKURA

空気読まずに何度も「誰?」と、クラスメイトに訊ねる娘

今年、娘が入学した小学校のクラスメイトは、約30名。

自分はみんなから名前を呼んでもらえているのに、娘は、みんなの名前を覚えようともせず、空気の読めない特性から、「誰?」と躊躇なく、何度も何度も聞いているようでした。

しかも、その「誰?」に、お友達がせっかく答えてくれても、それを聞いて覚えようともせず、お友達から注意されていました。たまたま学校に迎えに行った私は、その光景を目撃し、ショックを隠しきれませんでした。

これは何とかしないと!私は手立てを考えることにしました。
小1娘の試練「友達の名前覚えられない」…手作りのアレで1週間後変化が!の画像
Upload By SAKURA

どうして娘は名前が覚えられないかリサーチ

小1娘の試練「友達の名前覚えられない」…手作りのアレで1週間後変化が!の画像
Upload By SAKURA
「あーさんは、みんなからお名前呼んでもらえてるよね? でもさ、もしそのお名前を呼んでもらえなくて、誰だっけ?って何回も言われたら、どんな気持ちがする?嬉しいかな?悲しいかな?」

すると娘は、「うーん…悲しい。でも、難しいから覚えられない。」と答えました。

ほっといても…どうにもならないから、夫に相談 

やはり、なんとかしないと。このままほっといたら、お友達から嫌がられてしまう!

そう思った私は、夫に相談することにしました。
小1娘の試練「友達の名前覚えられない」…手作りのアレで1週間後変化が!の画像
Upload By SAKURA
夫は、「ゲーム感覚にしたら、覚えるんじゃない?お友達の顔写真で、絵カードをつくったら?」とアドバイスをくれました!

私は早速、学級だよりにあったみんなの顔を印刷し、名前のカードと、顔写真のカードを作りました。

「クラスメイトの名前・絵カード」完成!いざ実践。

この絵カードは今まで、娘を療育に通わせたり、本を読んだりして学んだ知識を実践しました!視覚優位な認知特性がある娘のために考えたのです。

カード(名前)を見て、カード(顔)を選ぶ方法で…慣れたらだんだんちゃんとしたカルタのように、私が読んだのを耳で聞いて、選ぶ感じで遊びます。

娘は、耳で聞いて覚えることが苦手なので、名前を読み上げるだけでは、覚えることが出来ません。カードは顔写真のものと、名前だけを書いたものを2種類作りました。読み上げるだけではなく、耳で聞くと同時に、目でも確認できる方法にしたのです。

また、「ちゃん」や「くん」をつけると、混乱するため、名前のみのカードにし、読み方もカードと統一しました。娘は真面目にこのかるたに取り組み、始めて1週間ほどで、全員の名前を言えるようになったのです。
小1娘の試練「友達の名前覚えられない」…手作りのアレで1週間後変化が!の画像
Upload By SAKURA

面白いくらいに効果がありました!

それからは、毎日帰宅後に、「○○くんが休みだった!」「△△△ちゃんと一緒に遊んだ!」など、お友達の名前が入った報告をしてくれるようになりました。

スーパーなどでたまたま会った時も、大きな声で「あ!□□□ちゃんだ!ママ!□□□ちゃんがいたよ!」と、幼稚園の時は全くできなかったような、お友達紹介もしてくれるようになりました!

みんなと同じように出来るまでが、自然といつの間にか…というようにならない娘。しかし、合ったやり方であれば、出来るようになることも多いです。

娘がみんなと同じことする時困り感なくできるように、引き続き、陰ながら黒子のようにサポートしていきたいと思います。
小1娘の試練「友達の名前覚えられない」…手作りのアレで1週間後変化が!の画像
Upload By SAKURA
広汎性発達障害(PDD)とは?年齢別に症状の特徴を解説!のタイトル画像
関連記事
広汎性発達障害(PDD)とは?年齢別に症状の特徴を解説!
PECSとは?絵カードによるコミュニケーション支援の効果と内容、対象者まとめのタイトル画像
関連記事
PECSとは?絵カードによるコミュニケーション支援の効果と内容、対象者まとめ
お家で楽しく!発達障害のお子さん向け学習アプリがLITALICOより登場!のタイトル画像
関連記事
お家で楽しく!発達障害のお子さん向け学習アプリがLITALICOより登場!
「聞いてるの!?」じゃ伝わらない!長男への注意は得意を活かした方法でのタイトル画像
関連記事
「聞いてるの!?」じゃ伝わらない!長男への注意は得意を活かした方法で
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
Column title

あわせて読みたい関連記事

Area search

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。