社会福祉士になるには?資格の取り方、就職先、仕事内容などを紹介します!

社会福祉士になるには?資格の取り方、就職先、仕事内容などを紹介します!のタイトル画像

「社会福祉士(ソーシャルワーカー)」は国家資格です。身体や精神の障害などにより、日常生活を送ることが困難な方を支援する専門職です。一体、どのような資格なのか、資格を取るための方法、また資格を取った後の就職先、仕事内容など、社会福祉士に関する情報を幅広く集め、わかりやすくまとめました。

6077ad2b372d5a152de8191d73e3e4480c620035 s
4148 View
目次 社会福祉士とは 社会福祉士は、医療・福祉の専門知識によって、困っている人を支援できる仕事 社会福祉士の資格取得試験 社会福祉士国家試験の受験資格 社会福祉士国家試験に向けた勉強方法 社会福祉士の就職 社会福祉士の具体的な仕事内容 社会福祉士と介護福祉士・精神保健福祉士との違い 「社会福祉主事」との違い まとめ

社会福祉士とは

社会福祉士とは、身体や精神の障害などにより、日常生活を送ることが困難な方を支援する専門職で、別名ソーシャルワーカーとも呼ばれます。相談や指導などの直接的な支援に加え、福祉・医療サービスとの連携などの間接的な支援も行います。

また、社会福祉士は「社会福祉士及び介護福祉士法」に定められた国家資格です。福祉系の大学で指定科目を履修するなど、指定の受験資格を満たした上で国家試験に臨み、合格してはじめて社会福祉士を名乗ることができます。介護福祉士、精神保健福祉士とともに国家資格として認められ、社会福祉分野の高い専門性をもつことを表す資格です。

社会福祉士は、同法に基づく名称独占の国家資格であり、社会福祉士の名称を用いて、専門的知識及び技術をもって、身体上若しくは精神上の障害があること又は環境上の理由により日常生活を営むのに支障がある者の福祉に関する相談に応じ、助言、指導、福祉サービスを提供する者又は医師その他の保健医療サービスを提供する者その他の関係者との連絡及び調整その他の援助を行うことを業とする者をいう。

(厚生労働省「社会福祉士の概要について」より引用)

出典:http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/seikatsuho...

社会福祉士は、医療・福祉の専門知識によって、困っている人を支援できる仕事

社会福祉士は、相談に来る方が「どのように困っているのか」を丁寧にヒアリングし、困っている状況を解決する手立てを提供します。

一人ひとり症状も困りごとも違い、解決の手立ては多岐に渡るため、医療や福祉に関する専門知識を要します。ですが、専門知識があるからこそ、多様なニーズに応えることができます。

相談者の相談に応じ、アセスメントを通じて一緒に解決方法を探ったり、必要な支援機関につなげたりすることで、相談者が生活の安心を得たり、目標へ向かって前進するための支援をします。

社会福祉士の資格取得試験

社会福祉士の資格・試験について詳しく見ていきましょう。

まず、社会福祉士の資格は名称独占の国家資格ですので、国家試験に合格する必要があります。名称独占というのは、資格を得た人のみが肩書きとして名乗れるタイプの資格です。つまり社会福祉士の資格を取った人だけが、社会福祉士を名乗れるということです。

社会福祉士国家資格試験は筆記形式で年1回(例年1月の下旬)実施され、出願は9月ころから始まります。出題範囲は相談援助や制度についてなど合計19科目になります。

試験の合格率の推移や、受験者の属性を見てみましょう。平成30年に実施された第30回社会福祉士国家試験を受験した4万3,937人のうち、合格者数は1万3,288人でした。合格率は約25%〜30%程度で、受験者の3分の1程度が男性、3分の2程度が女性となっており、20代の受験生とそれ以外の世代の受験生で約半数ずつとなっています。

今では、20万人以上の方が、試験を合格し社会福祉士の資格を持っています。

社会福祉士国家試験の受験資格

社会福祉士国家試験を受けるためには、法律に定められた受験資格を満たす必要があります。

受験資格取得のルートは、学ぶ場所や履修科目、実務経験など以下の4項目の組み合わせによって12種類あります。

・福祉系大学・福祉系専門学校履修科目
・一般大学履修科目
・実務経験
・社会福祉主事養成機関

福祉系大学などで4年間学び、18の指定科目を履修した場合、そのまま受験資格を得られます。その他どんな教育機関で学んだか、指定科目・基礎科目の履修状況、実務経験の長さなどによって、養成施設に通う必要の有無や学ぶ期間が決まります。養成施設は短期: 6ヶ月以上、一般: 1年以上に分かれ、通信課程のところも多いようです。

実務経験のみで教育機関での指定科目・基礎科目の履修がない場合も、更生相談所などの指定機関での実務経験が4年以上あれば、一般養成施設を経て受験資格を得ることが可能です。まずは自分がどこに当てはまるか、履修・実務状況を確認してみてください。

受験資格別に受験者数の割合を見てみると、第30回の福祉系大学等卒業者(養成施設が不要だった方)は57.3%(7,617人)、養成施設卒業者は43.3%(5,670人)でした。社会福祉士を目指すまでの背景が多様であることが読み取れます。

社会福祉士国家試験に向けた勉強方法

社会福祉士になるためには、相談者を支援するための専門知識を身につける必要があります。そのため、社会福祉士国家試験では幅広い知識を問われることになります。

前章で触れた通り、受験する人のキャリアや生活背景はさまざまなので、各自のスタイルに合った勉強法を選ぶことが重要です。ここでは、選択肢のいくつかをご紹介いたします。

通っている大学や専門学校で学ぶ

特に、福祉系の大学を卒業した時点で受験資格を得られる方などは、卒業を間近に控えた時期に国家試験を受ける例が多いかと思います。通っている大学で受験に向けた講座や試験対策の講義などがある場合もあります。

独学

自分で教材選びから、学ぶスケジュールまで自由に決めることができます。科目や学習量を自身で選び調整したい方、仕事の隙間を縫って学習する必要がある方などは、学習を続けやすいかもしれません。一人で学ぶのが難しい箇所は、短期講座や模試の併用で補うことも可能です。

通信講座

家で自由な時間に学べる点は独学と同じですが、教材やカリキュラムが用意されています。試験科目を網羅的に学べ、専門家による添削システムがある場合が多いので、家にいながら学校に通っているような学習サポートを受けることができます。

短期講座

資格取得対策スクールなどが実施している受験直前講座や季節講座などを利用する手段もあります。最近では、WEBで受けることができる講座も用意されています。講座の選び方によっては、試験の傾向や解法のコツなど、実践的な知識を学ぶことも可能です。

模擬試験

社会福祉士国家試験の模擬試験では、本番に近い試験内容・環境を経験できます。模擬試験を受けることで、学習の進捗を確認するとともに、試験会場の雰囲気に慣れておくことも重要です。

社会福祉士の就職

社会福祉士の就職先は多様です。福祉施設、医療施設、教育施設に分類されることが多いですが、それぞれの施設の中にもたくさんの種類があります。近年、司法分野、ひきこもり支援などの関連分野にも社会福祉士の活躍の場が広がっています。

社会福祉士の資格がなくても就職できるところもありますが、福祉分野の行政機関や社会福祉施設、事業所など、社会福祉士が任用要件や必置規定として定められているところも少なくありません。例えば地域包括支援センターでは社会福祉士を必ず置かねばならないと定められています。有資格者として、相談員や管理者、施設長などの職につくこともできるなど、より任用のニーズが高くなることもあります。

就職先を選ぶときには、どういうことに困っている人を主に支援したいのかを考えておきましょう。

社会福祉士の就職先の例

社会福祉施設
・児童福祉施設ー障害児通所施設(児童発達支援事業、放課後等デイサービスなど)、児童養護施設など
・老人福祉施設ー養護老人ホーム、老人福祉センターなど
・障害者支援施設ー各種障害者支援施設、地域活動支援センターなど

医療施設
・医療機関(医療ソーシャルワーカー)

教育施設
・学校(スクールソーシャルワーカー)

社会福祉士の求人の探し方

社会福祉士の資格を使って働きたいと思った場合、実際にどのような行動をすればいいでしょうか。求人を探す方法をいくつかご紹介します。

・ハローワーク(公共職業安定所)を利用する
厚生労働省が運営する職業安定施設です。お住いの地域のハローワークに直接足を運んでも構いませんし、インターネットサイトを利用することも可能です。地域に根ざした情報が多く、サポートも丁寧です。
・求人情報誌
求人情報誌で探すことができます。こちらも地域に根ざした情報が掲載されている傾向があります。

・新聞
新聞の求人欄をチェックする方法もあります。地域に根ざした情報、新聞でのみ掲載している情報などがあります。

・転職エージェント
経歴や適性、働き方の希望に合わせ、転職のプロが就職先を提案し、活動の一部を代行してくれます。転職エージェントを行なっている企業は複数あるので、自分に合うエージェントを探し、インターネットから登録する流れが一般的です。

・インターネット求人サイト
インターネットの求人サイトは多数あり、情報量も多いです。求人の種類・量はサイトによってさまざまですので、希望に近い求人を多く扱っているサイトを探してみましょう。発達ナビの求人検索サービスからは、児童発達支援事業所・放課後等デイサービスの求人情報を地域別・職種別に検索することができます。

社会福祉士の具体的な仕事内容

次に、実際に社会福祉士として働く方の様子を見ていきましょう。

社会福祉士の就職先は、障害者施設や児童福祉施設、医療施設など幅広く、多方面から社会的な困りごとを抱えている方を支援しています。ここでは、地域住民の福祉に関する相談窓口である、地域包括支援センターで働く社会福祉士の一日のスケジュール例をご紹介します。

地域包括支援センターで働く社会福祉士の一日のスケジュール例(日勤の場合)

8:30…出勤。朝礼。1日のスケジュールを確認。相談者情報の引き継ぎなども行います。
9:00…地域の方からの電話相談。悩み事を聞き、支援センターでできるサービスの説明などをします。
10:00…相談者宅を訪問。本人や家族と、最近の様子を確認したり、今後の支援の方向性を相談します。悩み事に耳を傾け、助言、関係機関の紹介連携まで、幅広い支援を行います。
12:00…昼休み。
13:00…市役所訪問。関係機関の連携担当の方と会い、紹介した相談者の現状報告を受けます。
15:00…センターで相談者の方の来所対応。先日、電話で相談をくれた方と約束の日時です。初回はより丁寧に悩み事に耳を傾け、信頼関係を築いていきます。
16:00…定例会議に出席。さまざまな専門職の方の意見を取り入れながら、支援方針をブラッシュアップしていきます。
17:00…デスクワーク。公的書類の作成、夜勤者への引き継ぎ準備等を行います。
18:00…退勤。

働く施設や業務内容などによって違いはありますが、相談者の方やその家族とのやり取りや支援、関係機関連携、必要書類の作成などが主な業務です。

社会福祉士と介護福祉士・精神保健福祉士との違い

「社会福祉士」、「介護福祉士」、「精神保健福祉士」の3種類の福祉に関する国家資格(名称独占)は三福祉士と呼ばれています。いずれも困りごとがある相談者の支援を行う資格ですが、支援対象者や支援方法が異なります。違いを知っておきましょう。

社会福祉士

社会福祉士は、身体・精神に障害がある方、日常生活を送るのが難しい方に対し、相談・助言・指導・関係機関連携などを行います。

支援対象者は幅広く、日常生活を送るのが難しい状態であれば、障害や病気などの種類などは問いません。支援内容に関しても、相談・指導などの直接支援から、関係機関連携までの幅広いものですが、医療関係の行為が含まれていないことがポイントです。

介護福祉士

介護福祉士は、身体・精神に障害がある方、日常生活を送るのが難しい方に対し、介護(喀痰吸引などの医師の指示に基づくもの)を行います。

支援対象者は、社会福祉士と同様に、日常生活を送るのが難しい状態であれば、障害や病気などの種類などは問わず、幅広いですが、支援内容が医師の指示の元に行われる、喀痰吸引などの介護となり、社会福祉士と比べより介護への専門性が高いサポートです。

精神保健福祉士

精神保健福祉士は、精神に関する医療機関や福祉施設を利用している方に対し、相談・助言・指導・日常生活への適応のために必要な訓練などを行います。

資格名にも表されていますが、支援対象は“精神”に関する医療機関や福祉施設を利用している方です。支援内容は相談・助言・指導から、日常生活への適応のために必要な訓練などで、介護行為は行いません。

「社会福祉主事」との違い

社会福祉士と似た名称の資格に「社会福祉主事」があります。社会福祉士と名称は似ていますが、資格の種類が異なります。

まず、社会福祉士は“名称独占の国家資格”であり、この試験に合格するレベルの知識・経験を有したものが「社会福祉士」という肩書きを名乗るに値する、国が定めた資格になります。

一方、社会福祉主事というのは、国の福祉施設などで現業員(訪問・面接・調査・生活指導などを行う)などとして働く際に必要な資格です。資格区分としては「任用資格(その職種につく場合に取得が必要な資格)」であり、国の福祉施設などでは設置義務がある職種です。

社会福祉士の資格そのものが、社会福祉主事の任用資格を満たしているため、社会福祉士の方は別途科目を履修する必要なく、国の福祉施設の現業員などの職種に就くことが可能です。逆に社会福祉主事の資格を持っているだけでは、“社会福祉士”と名乗ることはできません。

それぞれの違いを理解し、自分が必要としている資格が「社会福祉士」なのか「社会福祉主事」なのか、両方なのか明確にしておきましょう。

まとめ

社会福祉士は、病気や障害などの理由で困りごとがある方を支える、非常に大切な職業です。

資格取得までに学習や経験を必要とするため、難しく感じてしまうかもしれませんが、間近で相談者の方の笑顔や成長を見ることができ、人の役に立っているという実感を得やすい職業ではないでしょうか。

また国家資格であり、様々な相談機関や福祉施設などで設置義務が盛り込まれていることから、社会から常に必要とされている職業ともいえます。社会福祉士の方が増えることで、一人でも多くの方が支援と繋がりやすい社会が作られていくといいですね。
児童指導員とは?仕事内容、資格取得方法、仕事の魅力について詳しく紹介しますのタイトル画像
関連記事
児童指導員とは?仕事内容、資格取得方法、仕事の魅力について詳しく紹介します
児童発達支援管理責任者(児発管)って?実務経験って何を指す?なるための要件、研修の申し込みや注意点のタイトル画像
関連記事
児童発達支援管理責任者(児発管)って?実務経験って何を指す?なるための要件、研修の申し込みや注意点
臨床発達心理士とは?臨床心理士との違いは?役割や資格取得の流れ、支援・サービスまとめのタイトル画像
関連記事
臨床発達心理士とは?臨床心理士との違いは?役割や資格取得の流れ、支援・サービスまとめ
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
Column title

あわせて読みたい関連記事

Area search

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。