リトミックとは?具体的な目的・効果・音楽療法との違い、受けられる場所・選び方・費用についてもご紹介!

ライター:発達障害のキホン

リトミックとは、音楽活動を通して心や身体の発達を促す教育法です。スイスの作曲家・音楽教育家エミール・ジャック=ダルクローズによって考え出された教育法で、現在は保育園や幼稚園、児童発達支援施設、特別支援学校など、多くの現場で取り組まれています。この記事ではリトミックの具体的な内容から、受けられる場所・費用まで詳しくお伝えします。

目次

リトミックとは?

全身を使って音楽を動きで表現するリトミックと、音楽を聴く耳を育てるソルフェージュ、即興演奏を組み合わせ、音楽の諸要素を体験する事を教育法の原点に置き、音楽理解を深め、動きによって得た筋肉感覚を生かし、その積み重ねにより自己を開放し、磨かれた感性をもとに、自己音楽表現を可能にする事がこの教育法の目的です。
出典:https://www.j-dalcroze-society.com/eurythmics
音楽のリズムに合わせて全身で表現したり、身体を動かしたりすることは、音楽的な力だけでなく、社会で生きていくために必要な潜在的基礎能力や運動能力も育むと考えられているのです。

最近では、保育園や幼稚園といった幼児教育の現場や、児童発達支援施設、小学校、特別支援学校、さらには高齢者を対象としたリトミックなど、多方面で導入されています。
参考:善本桂子,子どものリトミック実践の現状と課題に関する研究|広島文教教育 Vol.24 2009
http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/h-bunkyo/metadata/6610

リトミックと音楽療法の違い

リトミックは、音楽活動を通して子どもたちの身体的・感覚的・知的な力を伸ばしていくことを目的とした教育方法です。

一方で音楽療法は、音楽が持つ力を使って対象者の困りごとを軽減したり、心身の発達を促したり、よりよい生活が送れるようにアプローチする療法を指します。

「音楽療法士」の資格を持った専門家が、対象者の目的や症状に合わせてプログラムを組み、病状・症状の改善、健康維持に努めます。音楽の親しみやすさやリラックス効果から、福祉・教育・医療の現場で幅広く活用されています。

どちらも音楽を利用する点は同じですが、教育方法か療法かという点で大きく異なるのです。
音楽療法とは。音楽療法を取り入れる目的や対象、具体的な受け方をご紹介のタイトル画像

音楽療法とは。音楽療法を取り入れる目的や対象、具体的な受け方をご紹介

リトミックのメリットとは?

リトミックには以下のようなメリットがあると考えられます。

・集中力がつく
音楽に耳を澄ましながら、音に合わせて体を動かすという「聴いて動く」動作を繰り返すことによって、一つの物事に対する集中力がつくと考えられています。集中力はリトミックにおいて最も重要視される力です。

・表現力が豊かになる
リトミックでは、音楽を聴いて自分なりに表現する場面がたくさんあります。「どんな風に表現したらいいのか」、何度も考えて表現するうちに、多様な表現方法を体得していくことが期待できます。

・社会性、協調性が身に付く
他者と動きを合わせたり、同じタイミングで行動したりすることで、集団で活動する難しさ・楽しさを体感でき、そうした中でコミュニケーション能力の向上を促します。

その他にも、音の様子(強弱、高低、スピード)から求められる行動を考える判断力や音楽の基礎的な力、運動能力が身につくといわれています。
参考:善本桂子,子どものリトミック実践の現状と課題に関する研究|広島文教教育 Vol.24 2009
http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/h-bunkyo/metadata/6610
次ページ「発達障害のある子がリトミックを受けるメリットは?」


バナー画像


同じキーワードでコラムを探す

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。