漫画『光とともに…』でのパパの変化から思うこと。夫婦「二人三脚」が発達障害の子の成長の鍵だった

漫画『光とともに…』でのパパの変化から思うこと。夫婦「二人三脚」が発達障害の子の成長の鍵だったのタイトル画像

我が子に障害があるとわかったとき…。子どもと接する時間が多い母親と、父親では理解や受容にギャップが生まれてしまう、という場合もあるようです。でも、漫画『光とともに…』を読んで、発達障害の子どもを育てる上で、父親がどう振る舞うかがとても重要だと改めて思ったのです。
(漫画『光とともに…』の印象的な場面を隔月で取り上げてのコラボ連載です。 制作協力: 秋田書店)

SAKURA
23285 View

『光とともに…』で描かれる、障害についての夫婦の理解の差

「発達障害かもしれない…」我が子がそう言われた時…。漫画『光とともに…』では、光くんのパパは、障害を恥ずかしいと思い、母親にすべてを押しつけようとしました。
『光とともに…』第1巻p72より引用 ©戸部けいこ・秋田書店
『光とともに…』第1巻p72より引用 ©戸部けいこ・秋田書店
Upload By SAKURA

「娘に障害があるかも…」と告げたとき、我が家の場合は

漫画『光とともに…』でのパパの変化から思うこと。夫婦「二人三脚」が発達障害の子の成長の鍵だったの画像
Upload By SAKURA
我が家の場合、娘に障害の可能性があるとわかった時も、夫はとにかく協力的でした。

娘の様子や、医者や言語訓練の先生から言われたことを、事細かく聞いてきたり、自宅での発語を促すトレーニングも、自主的に取り組んでくれました。

夫は「特殊な子だから、対応も大変だし、周りからの理解も得られづらい…。母親一人に押しつけても一人にストレスがかかってしまう。親にとっても子にとってもいいことなんて一つもないよ。」と言いました。

うまくいかないとき、辛いときはたくさんあるけれど

漫画『光とともに…』でのパパの変化から思うこと。夫婦「二人三脚」が発達障害の子の成長の鍵だったの画像
Upload By SAKURA
我が子が発達障害かもしれない…それはすごくショックなことでしたが、我が家は、そのことで家庭が暗くなったことがありません。
なにか辛いことや問題が起きても、夫婦二人で共有することで乗り越えられました。

娘のことを、周りの人に理解してもらえず、傷つくこともありました。そんな時、夫は「よくやってくれてる」「おまえのおかげ」「俺はわかってる」と私に声をかけてくれました。

周りの理解が得られなくても、一番の理解者が近くにいることは、とても心強いことでした。

『光とともに…』でも、光くんパパの変化が物語を支えていく

発達障害の子を育てる母親にとって、最も必要なことは、「夫の理解と、協力」だと私は思います。光くんパパも、次第に光くんの障害を受容し、変わってきます。それは光くん家族の関係や、そしてパパ自身の働き方や仕事も大きく変えることになります。そんな姿も、『光とともに…』の見所の一つです。

光くんにたくさんの成長が見られたように、我が子のために夫婦が、それぞれの思いと力を合わせていくことが、一番の療育だと私は感じています。
フォアミセス11月号
Upload By SAKURA
新装版 光とともに・・・~自閉症児を抱えて~<誕生・幼児編/保育園編>
戸部 けいこ (著)
秋田書店
新装版 光とともに・・・~自閉症児を抱えて~<小学校低学年編>
戸部 けいこ (著)
秋田書店
発達障害のある子と親が安心できる「いい先生」。漫画『光とともに…』で見つけた共通の行動は?のタイトル画像

関連記事

発達障害のある子と親が安心できる「いい先生」。漫画『光とともに…』で見つけた共通の行動は?

15年の歳月を越えて、『光とともに…』新装版が伝える自閉症児と家族の生きる物語のタイトル画像

関連記事

15年の歳月を越えて、『光とともに…』新装版が伝える自閉症児と家族の生きる物語

当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
放課後等デイサービス・児童発達支援の求人一覧です。待遇・給与、勤務時間、研修・教育制度、職員のインタビューからあなたにぴったりの職場を探せます。
会員登録後のエントリーで1,000円のAmazonギフトカードがもらえるキャンペーンを実施中!
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

発達障害のキホンを知る

発達障害のキホンを知る

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。