自閉症の息子が「一人で買い物」、身につけるべきスキルはお金の計算じゃなかった!

自閉症の息子が「一人で買い物」、身につけるべきスキルはお金の計算じゃなかった!のタイトル画像

知的障害がある自閉症の息子を育てる私は、「一人で買い物ができるように、お金の計算をマスターさせよう」と躍起になっていました。中学生になった息子は、特別支援学級での数学でもつまずき、手作りのお金の計算プリントにも苦手意識が生まれはじめていました。そんなとき、担任の先生の言葉に、ふっと肩の荷をおろすことができたのです…。

立石美津子
19703 View

数学は難しい

『発達障害に生まれて』(松永正訓著/中央公論新社)のノンフィクションの題材となった立石美津子です。
自閉症の息子が中学の特別支援学級に通っていたころのことです。夏休みの宿題に2ケタや3ケタの掛け算の問題が出されました。

息子は小学2年生までは特別支援学校、3年生から6年生までは特別支援学級に在籍していました。進学した中学校の特別支援学級のクラスメートには、小学校時代の6年間、通常学級に在籍していた子もいました。

通常学級にいたクラスメートと息子では、今まで取り組んできた算数のレベルが大きく違います。特別支援学級の数学は習熟度別に4クラスにわかれていたものの、一番易しいレベルの息子のクラスでも3ケタの掛け算のような、難しい問題が出されることがありました。

私は、宿題を前に苦痛の表情をしているのを見て、「こんな問題やらせても、実生活の中で使うことないのになあ…」と思ってしまいました。自力で筆算することができない息子は「計算機!計算機!」と訴えるので、私は言われるままに計算機を手渡していたものです。
自閉症の息子が「一人で買い物」、身につけるべきスキルはお金の計算じゃなかった!の画像
Upload By 立石美津子
計算機を使っているので、計算ミスすることはありません。担任の先生に「自分の力で解いた」と勘違いされるといけないので、「計算機で解きました」と保護者欄に書いて提出しました。

担任の先生に相談してみたら

そんな折、個人面談がありました。担任に思い切って次のように相談しました。

「学校の数学は生活に直結していません。私は、日常生活に必要なお金の計算を教えてほしいです」と伝えました。そして、家庭で取り組んでいることについて話しました。

学校での数学の学習には懐疑的な私でしたが、一人で簡単な買い物くらいできるようになって欲しいと、お金の計算についてのオリジナルプリントをやらせていました。
自閉症の息子が「一人で買い物」、身につけるべきスキルはお金の計算じゃなかった!の画像
Upload By 立石美津子
自閉症の息子が「一人で買い物」、身につけるべきスキルはお金の計算じゃなかった!の画像
Upload By 立石美津子
それから、コンビニでの買い物練習もさせていました。
自閉症の息子が「一人で買い物」、身につけるべきスキルはお金の計算じゃなかった!の画像
Upload By 立石美津子
そのことを伝えると、意外にも、担任の先生は「そんなにお金の計算を躍起になって教えなくてもいいと思いますよ」と言うのです。先生は、こう続けました。

1. どんなに努力しても難しいこともある。できないことをすべて克服させようとするのではなく、できることをさせるようにしましょう。

2.日本は治安が良い。お金の計算が出来なくても大丈夫。財布を広げて「わからないので取ってください」と言えば、店の人が多めに取ることはない。お釣りだって「この人、計算できないから」と判断して、わざと少なく渡す悪人はいません。

3.大事なのは「自分から助けを求められること」。なんでも自分一人の力でできるようにならなくてもいい。

4.難しい計算問題ができても、物の価値がわからない子がいる。「白菜は2,000円くらい」と平気で言ったりする。その価値がわかるようになるのはなかなか障害のある子どもには難しい。

それからこんな話もしてくれました。

「『お金の計算がわからなくちゃダメだ』と親から厳しく言われ練習をしている生徒がいました。その子は、財布から正しい金額を出すことができないことを恥ずかしいと思ったのか、商品を黙って持ち帰るようになってしまったんです」

難しい計算はできなくてもいい

先生と話すうち、私はふっと肩の荷がおりました。そして、次のように考えました。

・思い返せば、日頃からお金の課題を特訓しているせいか、苦手意識がすでに出ていて、「パスモがないと電車乗らない、買い物しない」と言い出した。お金を握らせると、地面に捨ててしまうこともある。

・ 治安の良い日本にこれからも住むのだ。老人が財布を広げて店の人に取ってもらっている光景をスーパーでたまに見かける。お金の計算ができないのなら、息子もそうすればいい。

・将来はカードだけで買い物するキャシュレスの時代がやってくるだろう。

・宿題がわからないとき「計算機」と言ってきた。そんなこと思いつくなんて案外、生活力が育っているではないか。偉いぞ!

・計算できなくても買い物できる。誰かに助けてもらって生きる。これも自立。

一人で計算させようと躍起になって苦手意識を植えつけてしまっては本末転倒。必要なときに助けを求められる力が大切だと気づいたのです。

生活するのにいくら必要かがわからない

これは、学校から持ち帰ったプリント。将来の仕事の希望について書いたものです。 1ケ月の給料の欄に“5,000円”とありました。プラレールはだいたいこの金額。だから「給料5,000円で良い」と考えたのでしょう。
自閉症の息子が「一人で買い物」、身につけるべきスキルはお金の計算じゃなかった!の画像
Upload By 立石美津子
作業所に行けば工賃としての報酬は月10,000円くらいなので「当たらずといえども遠からず」なのですが…「生活するにはいくら必要なのか」という金銭感覚がないのだと思います。

少しずつ成長している

「無理に買い物体験をさせなくてもよい」と担任に言われましたが、放課後等デイの帰りにコンビニに寄って好きなお菓子を買うことは息子の楽しみとなっているので、いまだに続けています。

ある日、500円もするショートケーキを買ってきたので「毎日これだと破産する」と思い、「200円以下のものにして」と伝えたら、翌日から100円前後のヨーグルトやプリンを買ってくるようになりました。「ちゃんとわかるようになってきているじゃないか~」と思いました。

著者親子のルポルタージュ

2018年9月10日、医師・松永正訓氏が立石親子を取材、書き上げた新刊が発売に。発達障害がある子と母の、幼児期から今までに渡る育児について綴られています。
発達障害に生まれて-自閉症児と母の17年
松永正訓
中央公論新社

このコラムを書いた人の著書

立石流子どもも親も幸せになる発達障害の子の育て方
立石美津子
すばる舎
子どもの進学先、どこを希望する?自閉症の息子の「自尊感情」を一番に考えた、わが家の場合のタイトル画像

関連記事

子どもの進学先、どこを希望する?自閉症の息子の「自尊感情」を一番に考えた、わが家の場合

「普通」を望む親心は条件付きの愛だったー自閉症児の親子を取材して、小児科医が願うことのタイトル画像

関連記事

「普通」を望む親心は条件付きの愛だったー自閉症児の親子を取材して、小児科医が願うこと

当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

発達障害のキホンを知る

発達障害のキホンを知る

この記事を書いた人

立石美津子 さんが書いた記事

子どもの進学先、どこを希望する?自閉症の息子の「自尊感情」を一番に考えた、わが家の場合のタイトル画像

子どもの進学先、どこを希望する?自閉症の息子の「自尊感情」を一番に考えた、わが家の場合

お子さんに発達の凸凹や遅れがあると、進級先について悩み、迷う方も多いのではないでしょうか。通常級?特別支援級?特別支援学校?どこがベストな...
進学・学校生活
18455 view
2018/12/07 更新
おやつは「ハサミの練習」の時間!?自閉症息子の楽しみを奪ったモーレツ母さんの、14年後の懺悔のタイトル画像

おやつは「ハサミの練習」の時間!?自閉症息子の楽しみを奪ったモーレツ母さんの、14年後の懺悔

療育に通うと知識が増えます。すると、親が専門家のように勉強熱心になり、家にも“お母さん”という名の療育の専門家がいることになります。でも、...
自分と家族のこと
19269 view
2018/11/05 更新
「衣替え」の度に親子バトル勃発。変化が苦手な自閉症息子のパニックを回避できた、わが家流対処法!のタイトル画像

「衣替え」の度に親子バトル勃発。変化が苦手な自閉症息子のパニックを回避できた、わが家流対処法!

こだわりの強いお子さんを育てている保護者の皆さん、衣替えの季節って大変じゃあありませんか?自閉症の息子は秋になっても「しばらく半袖だったの...
身のまわりのこと
13986 view
2018/10/05 更新
放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。