裸足サイコー!自由奔放なADHD息子に一言で上履きをはかせた小5時代の友達

裸足サイコー!自由奔放なADHD息子に一言で上履きをはかせた小5時代の友達のタイトル画像

ADHDと広汎性発達障害がある息子リュウ太が、小学4年生だったころは、廊下で寝ながら授業を受けたりと、とにかく自由奔放でした。靴や靴下が窮屈で苦手だと感じていたらしく、ある日突然、「上履きを履かずにずっと過ごしてみよう!」と思いついて…!?そんな息子が変わったのは、友達からの一言でした。

かなしろにゃんこ。
20813 View

10年後の告白。実は、1年間裸足で過ごしていた…!?

裸足サイコー!自由奔放なADHD息子に一言で上履きをはかせた小5時代の友達の画像
Upload By かなしろにゃんこ。
小学校入学前の数年間、裸足保育の保育園で過ごしていた息子リュウ太。その影響もあってか?小学校に入学したときから、上履きや靴下が窮屈で好きではなかったといいます。

「実は小4のときに、素足ブームが来てさ。トイレと移動教室以外、ずーっと裸足で過ごしていたんだ」と、つい先日、20歳になる息子に告白されました…!

「な…なんだとうっ!!」

たまにPTAの用事で学校に行く際に息子の様子を見に教室までいくと素足に上履きを申し訳程度にひっかけている姿を何度か見たことはあったものの、まさか毎日裸足だったとはつゆ知らず……。

その汚い足で、家でも過ごしていたのか…リュウ太め!

「上履きって別に履かなくてもいいじゃないか!」とヒラメいて

裸足サイコー!自由奔放なADHD息子に一言で上履きをはかせた小5時代の友達の画像
Upload By かなしろにゃんこ。
「靴の窮屈な感じがイヤで、ずっと我慢してたから、裸足の解放感はたまらなかったよ!気持ちがよかったんだよ!」と、20歳になったリュウ太は言います。

「上履きって別に履かなくてもいいじゃないか!」というヒラメキが天から降ってきて(笑)「よっしゃ!オレ裸足になる!」と決めたというのです。

何かの実験なんでしょうか?裸足で過ごす心地よさを検証したいんでしょうか?一度やってみたいと思うと貫きたくなる性質の息子です。冬の時期は寒いので厳しいらしいのですが解放感の方が上回るため真冬も裸足を貫いたのだそうで…。
裸足サイコー!自由奔放なADHD息子に一言で上履きをはかせた小5時代の友達の画像
Upload By かなしろにゃんこ。
「2~3か月経つと足の裏の皮膚が固くなって、そこそこ固いものを踏んでも痛くないんだよ、それに画鋲を一度しか踏まなかったんだよ!踏んでもそんなに痛くないくらい足の裏が丈夫になっていくんだよ!スゴクない!?」とまさかの裸足自慢(笑)

自由奔放な考え方と即座に実行した話に、思わず爆笑。お前は野生児か!

まさかの裸足自慢を繰り出す

裸足サイコー!自由奔放なADHD息子に一言で上履きをはかせた小5時代の友達の画像
Upload By かなしろにゃんこ。
小学4年生のときに「裸足での生活」に目覚めた息子。小学5年生になってからもしばらく、裸足で過ごしていたようです。そんなある日、クラスメートに注意されてしまいました。

「お前、もう小5だぞ!いい加減に上履きを履け!」

いつもは周りの意見に耳を傾けない息子ですが、このときは何故か「そうか、小5にもなったし、裸足でいるのって恥ずかしいのかもな~?」と、はじめて感じたのだと言います。

自分が裸足で過ごしていることなんて、誰も気にしていないだろうと思っていたのに、意外だったようです。そして、改めて自分の足の裏を見てみたらーーーー!!!

足裏の状態に、はじめて気づいた!

裸足サイコー!自由奔放なADHD息子に一言で上履きをはかせた小5時代の友達の画像
Upload By かなしろにゃんこ。
「うっわ!ものすごっ汚っ!!」

シールがくっついていたり細かいゴミが指の間に入っていたり…真っ黒な足裏の状態をはじめて見て、ショックを受けたリュウ太。「裸足はもうやめよう」と上履きを履くことにしたといいます。

10年後のわが家

裸足サイコー!自由奔放なADHD息子に一言で上履きをはかせた小5時代の友達の画像
Upload By かなしろにゃんこ。
もし、小学生当時にこの話を聞いていたら、「足が汚い!裸足なんてみっともない!」とカンカンに怒ってしまったはず。でも、もう10年も前のこと。私も母親歴20年となり、図太くなりました(笑)

今なら「そんな小学生がいてもええじゃないか、ほほほほ~」と、リュウ太の話を微笑ましく聞くことができましたよ。

それに、周りから注意を受けると反発してきた息子が、小学5年生になってからは少し客観的に自分のことを考えることができたり、他人の言葉を受け入れようと考えはじめていたことを知って嬉しかったです。

小学5年生のときに「上履き履けよ!」と注意してくれたクラスメートと、先日成人式に一緒に参加しました。いつでも息子に正面からハッキリ注意してくれる、大切な友達です。
感覚過敏なADHD息子は「服が痛い」と逆ギレ!地道なチクチク作戦が親子を救う!?のタイトル画像

関連記事

感覚過敏なADHD息子は「服が痛い」と逆ギレ!地道なチクチク作戦が親子を救う!?

授業中は廊下でゴロン!世の中ルールが通用しないADHD息子は、「期待しない育児」で攻略!?のタイトル画像

関連記事

授業中は廊下でゴロン!世の中ルールが通用しないADHD息子は、「期待しない育児」で攻略!?

当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

発達障害のキホンを知る

発達障害のキホンを知る

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。