自閉症長男を預けてラクしていいの?放課後等デイが母に教えてくれた「前向きな理由」

自閉症長男を預けてラクしていいの?放課後等デイが母に教えてくれた「前向きな理由」のタイトル画像

障害児のためのデイサービス――。みなさんはその存在を知っていますか?私は恥ずかしながらそういった施設があることを、息子の発達障害が分かるまで全く知りませんでした。今回は自閉症長男との日々に限界を感じていたとき、手をさし伸べてくれた「放課後等デイサービス」のことを書いてみたいと思います。

シュウママ
19831 View

デイサービスって知ってる?利用し始めたきっかけ

「うち、デイサービスを利用してるよ」。そう教えてくれたのは、長男が6歳まで通っていた療育施設のママ友でした。
自閉症長男を預けてラクしていいの?放課後等デイが母に教えてくれた「前向きな理由」の画像
Upload By シュウママ
自閉症の長男と過ごす日々は楽しいこともありますが正直辛いことも多いです。

イライラして物を投げたりする長男と接するとき、親である私も冷静ではいられません。そんなこともあり、小学校入学を控えた3月ごろに私はママ友が紹介してくれたデイサービスに藁をもすがる思いで向かったのです。

週3回の利用。それは大きな変化でした

対応してくださった先生はとても優しく、てきぱきと話を進めてくださり、4月から早速入所することが決まりました。
自閉症長男を預けてラクしていいの?放課後等デイが母に教えてくれた「前向きな理由」の画像
Upload By シュウママ
ちょうど小学校に通い始めるタイミングです。平日週2回の利用から始まり、少しずつ週3回の利用を増やしながら、定着していけるように移行していきました。

デイサービスの連絡帳を見ると、子どもたちはみんなでダンスをしたり、竹馬をしたり、晴れた日は公園に行ったりととても充実した時間を過ごしているようでした。そのころ、単語が少しずつ増えていた長男は「〇〇ちゃん」と一緒に遊んだお友達の名前を教えてくれ、とても楽しそうにしていました。

また、息子がデイサービスを利用する日は、午後6時に帰宅するので、私自身も時間に余裕が生まれて、ゆっくりと夕食の支度をすることができるようになりました。
自閉症長男を預けてラクしていいの?放課後等デイが母に教えてくれた「前向きな理由」の画像
Upload By シュウママ
心のゆとりもできて、まさにデイサービスの存在は「救世主」。本当にありがたかったです。

デイサービスの先生がかけてくれた言葉

次第に私は、できれば週5回、利用をお願いできないかと思うようになっていきました。

けれど、やはりどこかで長男に対して申し訳ない気持ちもありました。「ちょっとラクしすぎではないだろうか…」「親としてもっと子どもと過ごす時間を持つべきではないだろうか…」。けれどそんなとき、デイサービスの先生から声をかけていただいたのです。

「シュウくん、もしよかったら週5回、ときどきは土曜日もデイを利用しませんか?」

私が驚いた顔をしていたからでしょう。先生は続けて
自閉症長男を預けてラクしていいの?放課後等デイが母に教えてくれた「前向きな理由」の画像
Upload By シュウママ
「お友達とも関わりが持てるようになって集団遊びも身についてきています。学校からデイという1日の過ごし方の流れを組み込んであげた方が、シュウくんにはプラスだと思うんです」。

他人に頼ることも、ときには必要

こちらからお願いしようかという気持ちもあったので、ありがたいお話でした。しかし、まだ迷いもありました。「なんだか、先生たちに頼ってばかりで申し訳ないです」と話すと、先生はくすっと笑いました。

「お母さん、シュウくんのためですよ。今デイサービスにはたくさんの子どもたちがいます。これから先、シュウくんはいろいろな人と関わって生きていきます。そのために今から人と触れ合い、協調する心を育むことは大切です。そのための練習になるんですよ」
自閉症長男を預けてラクしていいの?放課後等デイが母に教えてくれた「前向きな理由」の画像
Upload By シュウママ
そう言って、優しい笑顔を向けてくださいました。

お母さん、私たちがシュウくんを見ている間ゆっくり休むんですよ─―。先生は言葉にはしなかったけれど、私の負担を取り除こうとしてくれているようにも感じられ、なんだか温かい気持ちになったことを覚えています。

そして、長男はデイサービスに通っている間、私の目の届かないところでたくさんの経験をして、確かに成長してきています。離れている時間ができたことで、親の私にとっても、家族以外の人と自宅や学校とは違う場所で過ごすことの大切さを感じられるようになりました。

もし私と同じように利用することに躊躇している方がいらしたら、一言。デイサービスは、子どもにとって、いろいろな成長ができる場所だと思います。そして、お母さん自身が自分の時間に余裕ができると、心にゆとりを持ってわが子に接してあげられるようになるかもしれません。

後ろめたく思いすぎず、お子さんにとってもいいという視点で考えてあげてくださいね。
放課後等デイサービスとはどんな施設?サービス・利用方法・費用・受給者証手続きの流れをご紹介のタイトル画像

関連記事

放課後等デイサービスとはどんな施設?サービス・利用方法・費用・受給者証手続きの流れをご紹介

どうやって決めたらいい?児童デイサービス選び、私なりの基準のタイトル画像

関連記事

どうやって決めたらいい?児童デイサービス選び、私なりの基準

当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

発達障害のキホンを知る

発達障害のキホンを知る

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。