「え、気づいてたの?」娘の障害、スンナリ受け止めた夫に質問!初めて聞いた答えが意外すぎた

2019/03/13 更新
「え、気づいてたの?」娘の障害、スンナリ受け止めた夫に質問!初めて聞いた答えが意外すぎたのタイトル画像

わが家で娘の発達障害の可能性に最初に気づいたのは、実は私ではなく夫でした。子どもの特性をスンナリ理解して一緒に子育てに取り組む夫に対し、そういえば子育てのこと、娘のこと…ちゃんと聞いたことがなかったな。思い切って「あの時どう思ってた?」を聞いてみました。そしたら意外にも、夫は夫で考え、悩んでいたようで…私は初めて聞いたその答えに不覚にも感動してしまったのです。

SAKURAさんのアイコン
SAKURA
59977 View

子育てをする中で、母親と父親の関わり方や考え方は違う?

発達障害の子にとって、親の理解と協力は不可欠です。その子の特性を理解し、療育に取り組むことが重要になってくるからです。

とは言え、実際、育児をしている母親の方が負担が多いのが現実…。普段仕事をしている父親は、子どもと関わる時間も少なく、つい楽観視してしまうのかもしれません。子どもの特性や、母親の負担を理解するのが難しい、そんな話も聞きます。
「え、気づいてたの?」娘の障害、スンナリ受け止めた夫に質問!初めて聞いた答えが意外すぎたの画像
Upload By SAKURA
うちの夫は、そこのところ(妻の私が言うのはなんですが…)完璧です。わが家の場合、どうして発達障害を理解できたのか…療育に協力的になったのか…夫に聞いてみました。

Q1.娘の発育遅れがわかった時、どう思った?

「え、気づいてたの?」娘の障害、スンナリ受け止めた夫に質問!初めて聞いた答えが意外すぎたの画像
Upload By SAKURA
初めて発育の遅れを指摘された時、夫は驚かなかったそうです。

Q2.どうして驚かなかった?

「え、気づいてたの?」娘の障害、スンナリ受け止めた夫に質問!初めて聞いた答えが意外すぎたの画像
Upload By SAKURA
昔、接してきた子どもたちとは少し違う行動をしていたので、気になり、行動パターンをネットで調べた夫。

障害のある子どもたちと似ている行動だったので、薄々「障害があるのではないか…」と感じていたといいます。それを聞いて、「知らない間に、この人はこの人で悩んでいたんだ…」と、私は気づけなかったことを少し申し訳なく感じました。

Q3.妻が動揺して、落ち込んでる姿を見てどう思った?

「え、気づいてたの?」娘の障害、スンナリ受け止めた夫に質問!初めて聞いた答えが意外すぎたの画像
Upload By SAKURA
夫が、娘の障害に気づいた時、私に相談せずに黙っていたのは「医者による正式な診断結果が出るまでは、余計な事を言って落ち込ませたくない」という思いからだったのです。

娘の障害の可能性に悩みながら、私のことを考えてくれていた夫。素直に嬉しく思いました。
「え、気づいてたの?」娘の障害、スンナリ受け止めた夫に質問!初めて聞いた答えが意外すぎたの画像
Upload By SAKURA
次回、第2弾に続きます。
障害のある娘を前に、実はパパも不安だった!夫が前向きに育児に取り組む理由のタイトル画像

関連記事

障害のある娘を前に、実はパパも不安だった!夫が前向きに育児に取り組む理由

当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

この記事を書いた人

SAKURA さんが書いた記事

声かけを苦痛に感じ「忘れないようにしたいのに!」と自分を責める発達障害小4娘。ホワイトボード作戦を提案したら...のタイトル画像

声かけを苦痛に感じ「忘れないようにしたいのに!」と自分を責める発達障害小4娘。ホワイトボード作戦を提案したら...

娘のサポートをするつもりで、やっていた声かけ。 しかし、娘は何度も同じことを言われて、 すぐ忘れてしまう自分を「どうにかしてほしい!」と言...
身のまわりのこと
11264 view
2020/07/08 更新
休校あけの新学期、小4娘が家や放課後等デイで大号泣!「学校は楽しい」のになぜ?娘に必要だったのは…のタイトル画像

休校あけの新学期、小4娘が家や放課後等デイで大号泣!「学校は楽しい」のになぜ?娘に必要だったのは…

少し遅れた新学期がスタートし、広汎性発達障害の娘は、 小学4年生になりました。 クラス編成、担任の先生、学校での立ち位置、いろんな変化があ...
進学・学校生活
34869 view
2020/06/24 更新
わかっているはずの左右を度々間違える発達障害小4娘。言われた方向と逆に進む様子に不安になるも、弟を誘導する姿は頼もしく…!?のタイトル画像

わかっているはずの左右を度々間違える発達障害小4娘。言われた方向と逆に進む様子に不安になるも、弟を誘導する姿は頼もしく…!?

小学4年生になった娘は、まだまだ左右の判断が苦手です。私が言った方向を、なかなか向くことができません。ある日の散歩中…そんな娘のある法則を...
発語・コミュニケーション
14114 view
2020/06/10 更新
放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOメディア&ソリューションズがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOメディア&ソリューションズは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOメディア&ソリューションズの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。