【新連載!】振れ幅大きすぎ!同じASDでもこんなに違う…!?発達凸凹兄妹のドタバタ子育て

【新連載!】振れ幅大きすぎ!同じASDでもこんなに違う…!?発達凸凹兄妹のドタバタ子育てのタイトル画像

こんにちは!漫画家の寺島ヒロです。わが家は私と夫、そして18歳の息子と12歳の娘がいて、二人とも発達障害(ASD※自閉症スペクトラム)があります。同じ診断名ではありますが、特性の現れ方は兄妹それぞれ。外見もあまり似ていない?兄妹です。

これから、兄妹の面白エピソードや、家族との日々の中で私が感じたこと、考えたことをつづっていきたいと思います。

寺島ヒロ
13991 View

大きなお兄ちゃんと小さな妹の発達凸凹ライフ!

寺島ヒロ自画像・おじぎ
Upload By 寺島ヒロ
でこぼこ兄妹の紹介イラスト
Upload By 寺島ヒロ
でこぼこ兄妹の特性
Upload By 寺島ヒロ
でこぼこ兄妹の特性2
Upload By 寺島ヒロ
でこぼこ兄妹の家族
Upload By 寺島ヒロ

発達障害の特性ってこんなに幅がある!検査結果はほぼ一緒の兄妹を育てる中で、感じていること

「発達障害があるとどうなるの?」
「発達障害がある子ってどんな行動をとるものなの?」
発達凸凹兄妹を育てていると、こんな風に聞かれることもよくあります。

でも、同じ診断名だったとしても、わが家の子ども達のように検査結果が似ていたとしても、一人ひとり違う人間。似ている部分ももちろんあるけれど、それ以上に、困りごとも、やることも、好きなことも、それぞれ違うのです…。

だから「症状も行動もいろいろです」としか言えなかったりします。

特性があっても、日々の生活の中で困りごとが出てくれば障害になるけれど、困らなければ障害ではなくなります。同じような特性を持って生まれてきても、行動への現れ方はそれぞれ。幅がある。

発達ナビでの連載コラムでは、そんなわが家の兄妹の生活ぶりをつづっていく予定です。「(診断名も検査結果も)おんなじなのに、こんなに違うの!?」という実例として、見てもらえたらうれしいです。
でこぼこ兄妹と家族・メイン画像
Upload By 寺島ヒロ

このコラムを書いた人の著書

子どもたちは発達凸凹、得意なことも苦手なことも振れ幅大きすぎ!でも、どこかほのぼの明るい寺島家の毎日がつづられています。発達が気になる子どもと暮らすヒントがぎゅっと詰まった一冊!
うちのでこぼこ兄妹 発達障害子育て絵日記
寺島 ヒロ
飛鳥新社
自閉症スペクトラム障害(ASD)とは?年代別の特徴や診断方法は?治療・療育方法はあるの?のタイトル画像

関連記事

自閉症スペクトラム障害(ASD)とは?年代別の特徴や診断方法は?治療・療育方法はあるの?

自閉症の子どもの接し方は?子育ての困難と対処法まとめのタイトル画像

関連記事

自閉症の子どもの接し方は?子育ての困難と対処法まとめ

当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

発達障害のキホンを知る

発達障害のキホンを知る

この記事を書いた人

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。