「偏食なのは、育て方が下手だから?」大切なのは、娘の努力と家族の想いだと気づいて

2019/09/11 更新
「偏食なのは、育て方が下手だから?」大切なのは、娘の努力と家族の想いだと気づいてのタイトル画像

広汎性発達障害の娘は、小さいころから偏食があります。
しかし、本人の頑張りもあって、少しずつ…少しずつ食べられるようになり、
小学校の給食も完食できる日が増えてきました。
安心していた私でしたが、ある食事の場で、思ってもみなかったことを言われました。

SAKURAのアイコン
SAKURA
21470 View

好き嫌いと食へのこだわり

広汎性発達障害の娘は、小さいころから好き嫌いが多く、離乳食も限られた食材しか食べてくれませんでした。食べない食材は、小さく刻んでわからないようにハンバーグに入れたりもしましたが、見事に娘にはバレてしまう始末…。
週二回の給食が不安になる
Upload By SAKURA
無理やり口に含ませても吐き出してしまい、手の込んだものを作っては捨てる羽目になる状態に、いつもイライラしていました。そんなことを繰り返しながら、娘は幼稚園に入園しました。

やっとわかった、娘の好き嫌いの法則

幼稚園に入園したころ、私は、娘の好き嫌いの法則を発見しました。

超!偏食な娘と私の奮闘記―実は娘の好き嫌いにはある法則が…?のタイトル画像

関連記事

超!偏食な娘と私の奮闘記―実は娘の好き嫌いにはある法則が…?

娘は、味が濃い物や食材が混ざったものを嫌がっていたのです。野菜炒めなど、味付けをせず、食材を一つひとつ分けて盛ると、娘も食べられました。
前よりは食べてくれるようになった娘
Upload By SAKURA
幼稚園での給食も最初は丸残ししていましたが、食材を選んで一種類ずつ食べる方法をとるようになった娘は、少しずつ少しずつ給食を食べられるようになりました。

小学校に入学し、量の問題が発生!

幼稚園の時は、週2回だった給食。しかし、小学校は毎日あります。元々小食の娘は、量が多い給食を、なかなか完食できませんでした。小学1年生のころは、毎日毎日残して帰っていた娘。事あるごとに担任の先生から、給食のことを言われました。そのたびに娘に、食べ物の大切さについて話しました。
娘の頑張りを認められるようになった
Upload By SAKURA
「給食もお外で食べるごはんも、一生懸命作っている人がいるんだよ。あーさんがごはん残しちゃったら、その人も悲しいと思うよ?それに野菜だって、心を込めて育てた人がいるよ。食べる物がなくて、お腹を空かせてる子が世界にはいるんだよ。」と。

それを十分理解してくれている娘でしたが、頑張っても頑張っても、なかなか食べきれませんでした。以前よりはいろんなものが食べられるようになりましたが、どうしても嫌いな特定の食材は、なかなか口に運ぶことができませんでした。

食べ物の大切さを話すのは大切ですが、給食を完食できない娘を責めるような言い方はちょっと違うと感じた私。娘が頑張っているのもわかっていたし、味覚が過敏な特性も理解していたので、諭すような言い方までしかできませんでした。

先生からの完食報告が増えた!

小学2年生になった娘は、特別支援学級の在籍になりました。給食は引き続き、みんなと一緒に通常学級でとっていましたが、特別支援学級の担任の先生が付き添いしてくれるようになりました。
先生の工夫で少しずつ食べられるようになる娘
Upload By SAKURA
先生は、食の大切さを話してくれ、娘の負担にならないギリギリに量を減らしてくれました。さらに嫌いなものは「1口だけ…」「2口だけ…」とゆっくり時間をかけてサポートしてくれました。

そして、ついに娘が小学3年生になった頃から、完食報告を毎日聞けるようになりました。

離乳食のころから続いた娘の偏食。やっと…やっと完食できるように…やっとここまで来た!!と、私は嬉しくてたまりませんでした。
給食完食10日目を達成
Upload By SAKURA

切りかえが必要?

小学校では完食できるようになった娘ですが、家でも学校と同じように…そう上手くはいきません。
娘に合わせて目標を一緒に決める
Upload By SAKURA
「私、学校で頑張ってるよ!」という娘。家でまでたくさん頑張らせる必要はない…切りかえも必要だと思った私は、苦手なものは「じゃぁこれだけね」と量を減らし、頑張ってもらっていました。ここまで来れたんだから、またゆっくり前進していけばいい…そう思いました。

好き嫌いの多いのは、親のせい?

そんな時、とある集まりがあって、大勢でご飯を食べる機会がありました。出た料理はオードブル形式。娘はその中から、好きなものを選んで食べていました。その時、娘はその場にいた人から「これ食べたら?」と料理を勧められました。
オススメされた食べ物を拒否する娘
Upload By SAKURA
私はとっさに、料理を断った娘を、フォローしました。その話を聞いていた、料理を勧めてくれた人の子どもが来て、「好き嫌い多いの?」と聞いてきました。「味覚が過敏…」なんて言ってもわからないかな?と思った私は、「そうだね~学校では頑張って食べてるんだけどね~」と答えました。

すると…
好き嫌いがあるということは育て方が悪いということ?
Upload By SAKURA
好き嫌いがない子は、確かに素晴らしいけど…好き嫌いがある子を育てた私の子育ては、下手ってこと?偏食は、そんなに悪いことなのだろうか…。

その人に悪気はなかったのかもしれません。深い意味はなかったのかもしれません。みんなで食べる場所で、娘がわがままを言い、私がそれを認めたように見えたのかもしれません。その意味を深く考えないようにしてみても、悔しい気持ちはどんどんこみ上げてきました。

私は、悔しい気持ちを押し殺して、表情がばれぬよう、これでもか!ってぐらい体を曲げて下を向き、食べ続けることしかできませんでした。

そんな時にも主人の言葉が私を救ってくれて

泣きそうになる気持ちをぐっとこらえて、その場をやり過ごした私でしたが、家に帰っても、モヤモヤする気持ちを消化することができませんでした。そこで、主人に話すことにしました。
夫がくれた言葉が支えになった
Upload By SAKURA
主人は黙って話を聞いてくれ、
「俺はさ…偏食なんて大した問題じゃないと思う。好き嫌いが多い子なんていっぱいいるよ!そもそも、あーさんはいっぱい頑張ってきた。おまえもいっぱい頑張ってきた。俺は知ってるよ。おかげで学校では食べられるようになったんだから!それで十分。それより、人の悪口を言わない、人に対して優しく接することができるあーさんは、すごいんだから!いいところ山ほどあるだろ?俺たちがちゃんとわかってればいいんだよ。
と言いました。

私たちの過程をすべて認めてくれ、持論を話してくれた主人。その言葉に救われました。

その背景にある親の思いを大切にしたい

偏食の子がいる親御さんの中には、私と同じような気持ちになった方もいるのではないでしょうか?
「ちゃんと食べさせないと」「甘やかしてるだけ」そんな言葉をかけられた方もいるかもしれません。食べ物を大切に…という観点から見れば、好き嫌いや偏食はいけないことかもしれません。

しかし、その背景にはいろんな事情や、努力を経ている場合もあるのです。もし偏食の子どもに出会った場合に、それを育て方という言葉でくくるのではなく、その裏側にはそれぞれの事情もあるはずということをまずは考えたい。私はそう意識することにしています。
「なんで特別支援学級なの?」娘の友達からの質問、どう答える?――伝えたかった親の想いとはのタイトル画像

関連記事

「なんで特別支援学級なの?」娘の友達からの質問、どう答える?――伝えたかった親の想いとは

放課後等デイを使うのは「甘え」なの?娘の療育を抱え込んでいた私が変われたワケのタイトル画像

関連記事

放課後等デイを使うのは「甘え」なの?娘の療育を抱え込んでいた私が変われたワケ

当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

発達障害のキホンを知る

発達障害のキホンを知る

この記事を書いた人

SAKURA さんが書いた記事

【発達障害の娘の宿題問題】変えるべきは、量ではなく…?娘のペースで取り組めるようになった、わが家の解決策【後編】のタイトル画像

【発達障害の娘の宿題問題】変えるべきは、量ではなく…?娘のペースで取り組めるようになった、わが家の解決策【後編】

学校の宿題をみんなと同じペースでこなしていくのが少しずつ難しくなり、精神的にも不安定になっていった小学3年生の娘。今回の後編では、このまま...
学習・運動
18565 view
2019/10/16 更新
【発達障害の娘の宿題問題】キャパオーバーで情緒不安定に!全部やる?減らすべき?それとも…わが家の解決策【前編】のタイトル画像

【発達障害の娘の宿題問題】キャパオーバーで情緒不安定に!全部やる?減らすべき?それとも…わが家の解決策【前編】

広汎性発達障害の娘は現在小学3年生。 小学校入学から始まった、学校の宿題…はじめは順調でしたが、徐々にみんなと同じ量を同じペースでこなすこ...
学習・運動
26874 view
2019/10/09 更新
便利さよりも居場所が大事!田舎暮らしが、発達障害のある娘にはメリットばかりだと思う理由のタイトル画像

便利さよりも居場所が大事!田舎暮らしが、発達障害のある娘にはメリットばかりだと思う理由

私は、3年前から、沖縄の中でも田舎である土地に住んでいます。 田舎と言えばのんびりしていて、子育てしやすそうに見えますが…実際は? 今回は...
身のまわりのこと
19124 view
2019/09/25 更新
放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。