自閉症の息子、運動会で「あいつが入ると負ける」と言われて――インクルーシブ教育について改めて考えたこと

自閉症の息子、運動会で「あいつが入ると負ける」と言われて――インクルーシブ教育について改めて考えたことのタイトル画像

「定型発達の子どもにとって、障害のある子と共にいる時間は“思いやりや優しさを育てる”ことになる」と学校側から言われたことがあります。でも、子ども達からは運動会で足を引っ張る息子が参加することになったとき「あいつがいると負ける!」と言われました…。

立石美津子のアイコン
立石美津子
22667 View

足は速いが競う気持ちがない


『発達障害に生まれて』(松永正訓著/中央公論新社)ノンフィクションのモデルとなった立石美津子です。

小学校5年生の運動会での出来事です。その頃、自閉症の息子は特別支援学級に在籍していました。

競技種目には、リレーなど通常学級の子ども達と混ざって行う競技もありました。息子は逃げ足がとても速いです。スーパーに連れていけば、忍者が瞬間移動するかのように一瞬にして、どこかへ消えて行方不明になります。

でも、競う気持ちがあまりない息子は、リレーの場面でも、どんなにお尻を叩いても背中を押しても、全力疾走はしないで小走りするという感じでした。

耳にした同級生からの言葉

さて、いよいよ出番が近づいてきました。私は写真を撮ろうと入場門に近寄りました。すると、通常学級の子どもが「ちぇっ、あいつが入ってきたぜ。俺達、負けるな」と囁きあっていたのです。
普段の学校生活の中では、休み時間に誘いに来て仲良くしてくれる子ども達でした。けれども、年に一度の「ここ一番を決めるぞ!」という運動会では「優勝したいと思うのは当然だなあ」と私は思いました。

私が「○○(息子の名前)が足を引っ張ってしまうことになりごめんね…」と謝ると、子ども達はばつが悪そうな顔をしました。それがよけいに嫌でした。

騎馬戦の時も参加メンバーには加わっていながら、この写真のように“ただそこに突っ立っているだけ”で他の子を持ち上げようとはしていませんでした。
特別支援学級在籍時の運動会での様子
Upload By 立石美津子

担任の先生にお願いした

翌年の競技決めのとき、担任に運動会で耳にしたことを話し、「うちの子は個人で勝ち負けが決まる徒競走などの個人競技のみに参加させてください。団体競技で足を引っ張って、いじめにつながっても嫌なので」とお願いしました。

けれども先生は「通常学級の子ども達との交わりは立石君にとってもよい経験になりますし、他の児童にも思いやりの心が育ちますから」と言われてしまいました。「実際には通常学級の子は嫌がってるじゃないか!」とは言い返せませんでした。

結局、毎年参加することになり、私は運動会が近くなると気分がブルーになりました。「せめて、リレーのバトンを渡す係として参加するなど、走者として走る以外の参加の方法を探ってくれたなら、こんな気持ちにならなかったのではないか」と思いました。

息子はというと

息子は、普段の学校生活とは違う行事の運動会には、「できれば参加しないで家にいたい」と思っているようでした。それでも渋々参加していました。

ですから、騎馬戦でそこに突っ立っているだけでも「運動会に欠席したり、お母さんと一緒に観客席にいたりしないで、騎馬戦でも定位置にいて頑張っているね」とほめました。

平等って何だろう

息子は食物アレルギーがあります。生まれ持った体質なので他の子と違うものを食べる経験は大切なことだと思って育ててきました。周りの子がプリンやケーキを食べていても息子には煎餅を与えていました。

でも、放課後等デイでは、「○○君に合わせて皆で牛乳、卵なしのおやつをこれから食べましょう」とされました。「卵入りのおやつを楽しみにしている子どももいるだろうに…それって平等をはき違えているのでは」と感じました。

ところで、息子は特別支援学級が併設されていない隣の公立小学校の生徒からいじめを受けていたことがあります。
「優しい子ども」はどう育つ?いじめで気づいた理想の教育環境とはのタイトル画像

関連記事

「優しい子ども」はどう育つ?いじめで気づいた理想の教育環境とは

息子が通う学校では、運動会での「俺達、負けるな」という言葉があった運動会後も、休み時間になれば「立石君、一緒に遊ぼう」と教室まで迎えに来てくれ通常学級の子ども達がたくさんいました。

障害のある子が自然に周りにいることは人間形成の上でとても良いことだと思います。けれども、「何もかも一緒にさせる」ことが良いことだと私には思えないのです。適切な配慮があった上で、本当の意味での「ともに学ぶ」「ともに育つ」ことができるのではないだろうか、私はそう感じています。

著者親子がモデルとなった本

発達障害に生まれて-自閉症児と母の17年
松永正訓
中央公論新社

このコラムをかいた人の著書

子どもも親も幸せになる発達障害の子の育て方
立石美津子
すばる舎
食物アレルギーの息子の「命をかけた食事」- 自閉症であることよりも悩んだことのタイトル画像

関連記事

食物アレルギーの息子の「命をかけた食事」- 自閉症であることよりも悩んだこと

当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

発達障害のキホンを知る

発達障害のキホンを知る

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。