ADHD息子、音楽の授業は断固拒否!不器用さやソワソワ感ーー成人した息子が語る、サボりの理由

ADHD息子、音楽の授業は断固拒否!不器用さやソワソワ感ーー成人した息子が語る、サボりの理由のタイトル画像

ADHDと広汎性発達障害がある息子リュウ太は、音楽の授業が苦手。音楽の授業は一人ぼっちの教室で居眠りをして過ごしていました。音楽の授業が苦手だったのはなぜか息子に聞いてみたところ、いくつか理由がありました。

かなしろにゃんこ。のアイコン
かなしろにゃんこ。
14887 View

音楽の授業の時間、息子は一人教室に残ってサボっていた。そのワケは...

音楽の授業をサボり、教室で1人で寝ている息子リュウ太くん。
Upload By かなしろにゃんこ。
ADHDと広汎性発達障害がある息子リュウ太は小学校のころ、音楽の授業がイヤで、授業に参加しないことが頻繁にありました。

音楽の時間は一人で教室で過ごします。先生から「音楽室に行きましょう!」と促されますが、行ったフリをして再び教室に戻ります。なかなかの度胸です。

参加しないワケを聞くと、いくつか理由があったようです。
母は成人した息子リュウ太くんに、音楽が嫌いだった理由を聞いてみた。
Upload By かなしろにゃんこ。
リュウ太は小学校1年生のときに学校のドアの戸袋に指を挟んでしまい、指に大きなケガをしていました。その後遺症で指がうまく動かないことや元気な指も思った通りに動かすことができないことで、笛の演奏のときに変な音が出てしまい、先生に注意されることが苦痛だったそう。

音楽の授業は担任の先生とは違う先生が担当していました。音楽の先生は指の後遺症のことや特性による不器用さがあることなどを知らなかったので、できないことに対して厳しく注意され、イヤになってしまったということでした。
指がうまく動かせないため笛がうまく演奏できないリュウ太くんと、しっかり笛の穴を押さえるよう指導する音楽の先生。
Upload By かなしろにゃんこ。
指をうまく動かせないことを先生に説明できればいいのですが、先生が怖そうで言い出せない、毎回注意されるくらいなら音楽の授業を受けないほうが気持ちが楽だと感じていたということでした。

そして、成人した息子に音楽をサボっていたときのことを聞くと、笛がうまく吹けないこと以外にもう1つ理由があったそうです。

それは、「音楽室の環境」によるものでした。

音楽室は落ち着かない!環境面にも音楽嫌いになる理由が

音楽室は机がないため座っていても落ち着かず、机に教科書などの物を置くことも嫌に思うリュウ太くん。
Upload By かなしろにゃんこ。
音楽室には机がなく、椅子だけが並んだところに座って授業を受けなければなりませんでした。息子の場合、机がないことで寄りかかって安心を得られるものがなく、ソワソワしてしまうんだとか。

また、教科書やペンケースなど、使わない道具を椅子の下に置かなければいけなかったことも息子にとってはイヤだったそう。足元に踏んではいけないものが置いてあると落ち着かないし、普段はものを置かないところに置くことがイヤだったそうです。
みんなと合唱に楽しく取り組むリュウ太くん。
Upload By かなしろにゃんこ。
こうした理由で音楽がキライになってしまった息子。でも、音楽がキライといっても合唱祭などは別でした。

クラスみんなで同じ目標に向かって頑張っていくときには、歌を歌うことも楽しかったようです。「個人プレーは苦手でも集団だと楽しいんだよね」といいます。

高校生になって、音楽の楽しさに気づいた!きっかけはカラオケ!

高校生になり、カラオケで楽しく歌うリュウ太くん。
Upload By かなしろにゃんこ。
そんな「音楽嫌い、だけどみんなで活動することは好き」だった息子は、高校生になって友達とカラオケに行くようになってから、歌うことは恐くなんかないしオレもまぁまぁ歌えるじゃないか!と、普段から歌の楽しさに触れるようになり、そこから音楽自体も好きになっていきました。

洋楽やパーカッションなどいろいろなジャンルの音楽も聴くようになって、それぞれの良さも分かるようになったといいます。

音楽嫌いだった子どものころを振り返ってもらうと...

成人したリュウ太くんと母が、音楽が嫌いだった頃のことを話し合う様子。
Upload By かなしろにゃんこ。
あのとき音楽室に机があったら音楽の授業を受けられたかな?と息子に聞いてみたら、「机もあったら良かったけれど、例外で用意してくれるとは思えないな~...それよりも指のことを自分で伝えても、子どもの言うことだからウソ!?と信用してもらえないかもしれない。

お母さんから音楽の先生に伝えてくれていたらよかったかもしれない。うまく演奏できなくても、一生懸命取り組めば〇をもらえるんだったら、キライにならなかったのになって思うよ」
指がうまく動かせないことについて、先生に伝えても嘘だと思われるかもしれないと諦めてしまっていたリュウ太くんの様子。
Upload By かなしろにゃんこ。
息子の話から、音楽自体がキライだったというよりも指がうまく動かせないという体の問題や、伝える力がなくて諦めてしまっていた心の問題によるものだったと分かりました。

指がうまく動かない問題は大きくなると改善されました。子どものころは指や手の筋肉が虚弱だったりボディイメージが苦手だったりする子もいますから、苦手意識を持つことは仕方がないのだと納得したのでした。今は笛の演奏用の補助器具なども出ているようなので、そういったものもうまく活用できると良いかもしれませんね。

カラオケを通して音楽嫌いを克服した息子。いつか演奏することもオモシロイと体験するときもあるといいな…って思います。
不器用さんやうっかりさんに!学校で使う「お道具」をプチ改造すると…?のタイトル画像

関連記事

不器用さんやうっかりさんに!学校で使う「お道具」をプチ改造すると…?

「学びやすい道具」を学校で使えていますか?アンケートから見えた、学びのツールの合理的配慮の現状のタイトル画像

関連記事

「学びやすい道具」を学校で使えていますか?アンケートから見えた、学びのツールの合理的配慮の現状

当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

発達障害のキホンを知る

発達障害のキホンを知る

この記事を書いた人

かなしろにゃんこ。 さんが書いた記事

大事なプリントが届かない!ADHD息子の「持ち帰れない」問題――友達・先生に助けられた小学生時代から、ある方法で解決した高校時代までのタイトル画像

大事なプリントが届かない!ADHD息子の「持ち帰れない」問題――友達・先生に助けられた小学生時代から、ある方法で解決した高校時代まで

ADHDと広汎性発達障害がある息子は、学校から配付されたプリントを持ち帰らず机にためてプレスしてしまいます。オイオイ紙の塊にするんじゃない...
進学・学校生活
13356 view
2019/11/11 更新
母親がまず元気に!ADHD息子の子育てに凹んでばかりの私に必要だったのは、「頑張りすぎない育児」のタイトル画像

母親がまず元気に!ADHD息子の子育てに凹んでばかりの私に必要だったのは、「頑張りすぎない育児」

発達障害がある子を育てるには気力と体力が必要です。育てながら何度もくじけそうになりました。 ADHDと広汎性発達障害の息子が小学生のとき...
発達障害のこと
19677 view
2019/10/23 更新
小5での告知、早すぎた…!?ADHD息子に障害について伝えた日を振り返ってのタイトル画像

小5での告知、早すぎた…!?ADHD息子に障害について伝えた日を振り返って

ADHDと広汎性発達障害がある息子リュウ太は小学4年生で発達障害の診断を受けました。 そして小学5年生のときに「リュウ太は発達障害があるん...
発達障害のこと
28118 view
2019/09/26 更新
放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。