楽しい放課後等デイで友達トラブル!?広汎性発達障害の娘が「相手の気持ち」を学べた貴重なできごと

2019/12/11 更新
楽しい放課後等デイで友達トラブル!?広汎性発達障害の娘が「相手の気持ち」を学べた貴重なできごとのタイトル画像

広汎性発達障害がある、小学校3年生の娘は、放課後等デイサービスに通っています。
そこでは、楽しいこともたくさんですが、トラブルも…

SAKURAさんのアイコン
SAKURA
34421 View

通い始めたきっかけは、親子関係の改善。

広汎性発達障害の娘は、現在、放課後等デイサービスに通っています。

2年生ごろから、家での療育や、宿題への取り組みがうまくいかなくなり、関係性が悪くなっていった私たち。家族でずっと一緒にいると衝突も多い…ピリピリした親子関係をどうにかしたいと、放課後等デイサービスに通うことを決めました。
放課後等デイを使うのは「甘え」なの?娘の療育を抱え込んでいた私が変われたワケのタイトル画像

関連記事

放課後等デイを使うのは「甘え」なの?娘の療育を抱え込んでいた私が変われたワケ

娘は放課後等デイサービスが大好きになり、私との関係も改善していきました。
楽しい放課後等デイで友達トラブル!?広汎性発達障害の娘が「相手の気持ち」を学べた貴重なできごとの画像
Upload By SAKURA
娘にとって楽しい場所が増えた…私はそれだけでも満足だったのですが、放課後等デイサービスは娘が成長するのにとても大事な場所だったのです。

学校とはちょっと違った友達関係。

娘は学校で、仲良しの子もいて、友達関係に特に不安はありませんでした。そのため、また新しく友達が増えるな~ぐらいにしか考えていなかったのですが、放課後等デイサービスでの友達関係はちょっと違います。

学校とは違い、娘の他にも発達の偏りや障害がある子が通っているため、ここでは娘は特別ではありません。
学校の場合、娘が何か間違ったことをしたり、突拍子もないことをしたりしても、周りの子どもたちはあーさんに合わせてくれます。

しかし放課後等デイサービスでは、それぞれが自分の興味にしたがって動いていることが多いし、ときには予測不能の動きをすることもあります。
楽しい放課後等デイで友達トラブル!?広汎性発達障害の娘が「相手の気持ち」を学べた貴重なできごとの画像
Upload By SAKURA
放課後等デイサービスの友達にはそれぞれ強いこだわりや特性もあるため、学校ではあまりみられないようなトラブルが起きることもありました。

友達とのトラブル発生。

放課後等デイサービスに通い始めて少し経ったころの話です。

この日、お面で遊んでいた娘。
楽しい放課後等デイで友達トラブル!?広汎性発達障害の娘が「相手の気持ち」を学べた貴重なできごとの画像
Upload By SAKURA
自分でかぶったり、先生にかぶせたりしていたそうです。そのとき、おやつを食べていた友達に…
楽しい放課後等デイで友達トラブル!?広汎性発達障害の娘が「相手の気持ち」を学べた貴重なできごとの画像
Upload By SAKURA
後ろからいきなりお面をかぶせた娘。しかし、この友達はいきなり人が近づくことを、嫌がる子だったのです。

娘に対して、
「やめろ!だれだよ!おまえ!あっちいけ!」と怒鳴りました。

娘は驚きながらも、「だれだ」という質問に対して、自分の名前を答えたそうです。

娘はおそらく、一緒に遊ぼう…楽しませようという思いだったのでしょう。しかし、娘にも嫌なことや苦手とすることがあるように、この友達にとって娘が後ろからいきなりお面をかぶせるという行為は、ものすごく不快なものだったのでしょう。

トラブルで、感じてもらいたかったこと。

トラブルがあった日、放課後等デイサービスの先生からこの話を聞いた私。

突然お面をかぶせてしまった子に申し訳ない…そう考えていたのですが、
楽しい放課後等デイで友達トラブル!?広汎性発達障害の娘が「相手の気持ち」を学べた貴重なできごとの画像
Upload By SAKURA
先生は、「いきなり怒鳴られて、娘さんが嫌な思いをしたんじゃないかと心配です。これで、ここに来ることを嫌がったり友達を恐がったりしないか…止められなくてすみません。」
と娘の精神面の心配をしてくれました。

確かに、怒鳴られたとき娘は驚いたかもしれません。しかし私はこれは娘にとっていい経験になったと考えました。

娘はたびたび、家でも学校でも、自分のこだわりで泣き出すことがあります。誰にでも嫌なことはあるということ…そして、自分以外の人のこだわりを客観的に見ることで、何か感じることがあるかもしれないと思ったのです。

トラブルからの成長。

家に帰り、私は娘と話をすることにしました。
楽しい放課後等デイで友達トラブル!?広汎性発達障害の娘が「相手の気持ち」を学べた貴重なできごとの画像
Upload By SAKURA
娘は、全く"怒られた"という感覚はありませんでした。

精神的には傷ついていなかった娘ですが、相手に嫌なことをしたという認識があったのか聞いてみると…
楽しい放課後等デイで友達トラブル!?広汎性発達障害の娘が「相手の気持ち」を学べた貴重なできごとの画像
Upload By SAKURA
娘はその状況に立たされただけでは、まだ自分から学ぶことは難しいようでした。

しかし先生が相手の気持ちを代弁してくれたおかげで、相手が嫌だったことを、ちゃんと理解することができていました。

自分以外の個性を認める。

通い始めて10か月が経った現在、娘はすっかり放課後等デイサービスと、そこに通うお友達関係にも慣れました。

Aくんは、同じ曲を何度も聞くのが好きとか…
Bくんは、仲良くしたいけどやり方がわからなくて、ちょっかいを出してお友達に怒られてしょぼんとしちゃうとか…
楽しい放課後等デイで友達トラブル!?広汎性発達障害の娘が「相手の気持ち」を学べた貴重なできごとの画像
Upload By SAKURA
娘が自分以外の子のこだわりを理解し、それを頭において接している話を聞き、ここで過ごす日々は予想以上に娘を成長させてくれていると感じました。

いろんなトラブルもあるけれど、娘は放課後等デイサービスが大好き。

これからも楽しい時間を過ごしつつ、自分の成長に繋げていってくれたらいいな~と思います。
受給者証を申請!親子で見学!放課後等デイ利用へ向けがんばる母に、娘がくれた言葉とは…?のタイトル画像

関連記事

受給者証を申請!親子で見学!放課後等デイ利用へ向けがんばる母に、娘がくれた言葉とは…?

娘との関係にも変化があらわれて…!?放課後等デイは、娘の世界を広げてくれる扉だった…!のタイトル画像

関連記事

娘との関係にも変化があらわれて…!?放課後等デイは、娘の世界を広げてくれる扉だった…!

知ってほしい 発達障害とこころのふしぎ
田中 哲 (監修)
ミネルヴァ書房
発達ナビPLUSバナー
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。