弟からの言葉に傷つく発達障害の娘、変化する関係性ーーきょうだい児も我慢させたくない!それぞれとの向き合い方

2019/12/25 更新
弟からの言葉に傷つく発達障害の娘、変化する関係性ーーきょうだい児も我慢させたくない!それぞれとの向き合い方のタイトル画像

弟が生まれて、娘も「姉」になって3年が経過しました。いろいろ変化してきた姉弟関係…ここ最近、息子のおしゃべりがさらに成長したことで、また2人の関係が変化してきました。

SAKURAさんのアイコン
SAKURA
21511 View

弟の急激な成長。

広汎性発達障害の娘(小学3年生)には、3歳の弟がいます。
それぞれの成長を経て、今2人の姉弟関係は、また少し変化してきています。
3歳になった息子は、いわゆる定型発達。
口頭で説明してもすぐ理解し…空気を読むのもうまく…要領もよく…トイレトレーニングもあっさり終了。

何事もあっという間にこなしてしまいます。ゆっくりペースの娘の育児経験しかなかった私にとって、成長っぷりは驚くものです。
保育園でのできごとを次々と話す3歳の息子と、驚く母。
Upload By SAKURA

特性の違い。

言葉の理解力はまだまだ娘が上ではあるものの、急激に姉に追いつきつつある息子。

要領がいいことに加えて、負けず嫌いな息子は、何でも「自分でやる!」スタイル。
3歳の息子はなんでも自分でやりたがるが、小学3年生の姉は難しい、できないと諦めてしまう。
Upload By SAKURA
のんびりペースで、何事もすぐ諦めてしまいがちな娘と、行動の違いも目立つようになってきました。

観察が得意な息子は、姉が諦める様子を無言で見つめることもよくあります。
お菓子の袋が開けられないと泣く娘を母がなだめる。その様子をじっと見つめる3歳の息子。
Upload By SAKURA
泣く姉をじっと見つめるその姿は、何か感じるものがあるように見えました。

喧嘩はするが、仲のいい姉弟。

息子が生まれた時、私たちは、息子には姉を見下したりは絶対にしてほしくないと思っていました。

息子が2歳になったころから、2人は一緒に遊ぶ時間が増え、親が間に入らない会話も多くなりました。2人っきりの会話もしっかり成立するようになり、喧嘩もするけどなんだかんだで仲良くしていました。
仲良く遊んでいた姉弟が喧嘩を始める様子。
Upload By SAKURA
喧嘩になっても、お互い自分の言い分のぶつけ合いをするだけで、相手のことを悪く言うことはありませんでした。

息子は周りを見るのが上手なので、娘の様子に気がつくのも早く、「ねぇねぇ、いくよ~」と自主的に娘に声をかけてくれることもあり、このまま支え合ってくれるといいな~と感じていました。

息子の成長で、姉弟関係に変化が…

しかし、息子の成長の過程で、自己主張の時期になり…
父や姉に対して自分の方が行動が早かったことを主張し、相手に「負け」という3歳の息子。
Upload By SAKURA
誰に対しても順番を競うようになりました。そして、段々と娘の行動を指摘するようになってきました。
自分のほうが水を飲むのが早かったことを姉に伝える息子と、言われるのが嫌だと言う娘。
Upload By SAKURA
息子にとってこれは、いじわるをしようという思いがあるわけではなく、「僕、早かったでしょ?」「すごいでしょ?」というアピールなのだと思います。息子なりのコミュニケーションなのかもしれません。

しかし、急かされるのが苦手な娘にとっては、言われたくない言葉…徐々に娘は息子の声かけに不快な反応を示すようになり、加えて、弟のことを「いじわる…」「わがまま…」「もうやだ」と言うようになりました。

かみ合わない、お互いの思いを微調整。

それからの姉弟関係は、ちょっとかみ合わなくなり…
喧嘩を始める娘と息子を見てパニックになる母。
Upload By SAKURA
弟から急かされたり、いつの間にか勝負にされ、「負け」と言われ泣く娘…。
そんなつもりはなかったのに、思ったものと違った反応の姉を見て、泣く息子…。

どっちの気持ちもわかるだけに、どう対処したらいいか悩むこともありました。

娘が急かされる言葉を嫌がるからと言って、娘を優先し、息子の言葉を必要以上に制限するのは少し違う…しかし、娘が嫌と感じる言葉は、息子にきちんと伝えて理解してもらわないといけない…。

そこで私は息子に…
息子に対して、娘を急かしたくなったら「頑張れ」と応援するように提案する母。
Upload By SAKURA
言葉を変えるように提案しました。
すると息子は、娘を応援し始めました。
姉に対して「頑張れ」と声をかける息子。
Upload By SAKURA
「急いで!」「早く!」「負け!」という言葉をかけてしまう前に、「頑張れ」と言ってもらうことで、娘も不快感を見せることはなくなりました。

お互いの我慢を聞く。

発達障害がある子は嫌なことや苦手なことも多いため、その対応に気を使います。しかしその子を優先してしまうと、きょうだい児である子に我慢を強いてしまい、不満が溜まっていきます。どちらにも気を使うため、2人を見つつ言葉を選ぶところが非常に難しく感じます。

お互いが不満をもたないように、私たちは「嫌なことは言っていいんだよ」と話しています。

その主張を通してあげられるかはわからないけど、お互いが嫌だと感じたことを伝え合うことで、子どもたちは自分の思いをため込みませんし、なにより私たち親がその度に子どもたちが何を不満に思っているか知ることができます。

お互いが嫌なこと、その言い分、言葉に込められた意味をその度に伝え合うことが、これからの子どもたちの成長にいい影響を与えてくれると信じて、2人の成長に合わせつつ向き合っていきたいと思います。
悩みが尽きない、発達障害の娘×イヤイヤ期息子とのお出かけ…私の気持ちを変えた、パパの一言とは?のタイトル画像

関連記事

悩みが尽きない、発達障害の娘×イヤイヤ期息子とのお出かけ…私の気持ちを変えた、パパの一言とは?

赤ちゃんも言葉も苦手な広汎性発達障害の娘。弟の存在が育んだ察する力、伝える力!のタイトル画像

関連記事

赤ちゃんも言葉も苦手な広汎性発達障害の娘。弟の存在が育んだ察する力、伝える力!

今日何してあそぶ? 脳と体をそだてる感覚あそびカード144: 11の感覚・機能を発達させる ([実用品])
鴨下賢一 (監修), 高橋知義 (著), 小玉武志 (著), 池田千紗 (著), いとうみき (イラスト)
合同出版
発達ナビPLUSバナー
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOメディア&ソリューションズがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOメディア&ソリューションズは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOメディア&ソリューションズの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。