「山ほどのこだわり、どう解決する?」3年間一緒に考えてきた――発達障害がある中学生・音娘さん×LITALICO研究所所長・野口【インタビュー企画】

「山ほどのこだわり、どう解決する?」3年間一緒に考えてきた――発達障害がある中学生・音娘さん×LITALICO研究所所長・野口【インタビュー企画】のタイトル画像

発達障害がある音娘(仮名)さんは、現在中学2年生。公立の中学校に通っています。3年前から、LITALICO研究所所長・野口 晃菜と一緒に「どんなことに困っているのか」「どうしたら解決できそうか」を考えてきました。こだわりの背景にある要因や、そのこだわりのために困っていることをひもとき、自分自身で「どうすればいいのか」を導き出せるよう対話を続けます。

今回、野口先生が音娘さんにインタビュー。こだわりや苦手なもの、その背景にあるもの、見出した解決策について発達ナビにシェアしてくれました。

発達ナビ編集部のアイコン
発達ナビ編集部
13346 View

3年前、小学5年生のときから一緒に、解決策を考えてきた

「山ほどのこだわり、どう解決する?」3年間一緒に考えてきた――発達障害がある中学生・音娘さん×LITALICO研究所所長・野口【インタビュー企画】の画像
Upload By 発達ナビ編集部
発達障害がある音娘(いんこ・仮名)さんは、公立の中学校に通う中学2年生です。3年前から、LITALICO研究所所長・野口 晃菜(以下、野口先生)と一緒に「どんなことに困っているのか」「どうしたら解決できそうか」を考えてきました。

野口先生と音娘さんが出会ったのは、小学5年生のときのこと。野口先生が訪問した小学校の校長先生に紹介されて出会いました。

それ以来、毎月1回、音娘さんとお母さま、野口先生の3人で会って「今困っていること」を整理し、「どうしたらいいのか」一緒に考えています。たくさんのこだわりの背景にある要因や、そのこだわりのために彼女自身が困っていることを丁寧にひもとき、自分自身で「どうすればいいのか」を導き出せるように対話を続けます。

生きづらさを抱えながらも自分の思い描く未来に向けて、支援者と一緒に考えながら少しずつ足を踏み出そうとする姿は、発達障害があるお子さんや保護者、そして支援者にとってもヒントとなりそうです。

今回は、野口先生が音娘さんにインタビュー。こだわりや苦手なもの、その背景にあるもの、見出した解決策について、発達ナビにシェアしてくれました。

たくさんの苦手なこと、その理由とは?音娘さんなりのライフハック方法も

当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

発達障害のキホンを知る

発達障害のキホンを知る

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。