お支度や片付けも、発達障害むっくん仕様に。目指すは、生活習慣が自然と身につく家!想定外だったこと・思わぬ効果も。【住まいづくり後編】

2020/01/28 更新
お支度や片付けも、発達障害むっくん仕様に。目指すは、生活習慣が自然と身につく家!想定外だったこと・思わぬ効果も。【住まいづくり後編】のタイトル画像

こんにちは、ADHDと自閉スペクトラム症の診断を持つ6歳児むっくんの母です。前回に続き住宅建築にあたり気を付けたことを描いていきます。今回はちょこっと先の将来を見据えて考えたことです。

ウチノコさんのアイコン
ウチノコ
16580 View

前回のあらすじ

むっくんの就学を意識し始めたころ、にぎやかすぎる兄弟を叱ってばかりの生活に追い詰められ一軒家を建てることに。
前編では、それまでの生活での困りごとを意識して工夫したポイントを紹介してきましたが、後編では、ちょこっと先の将来を見据えて意識したことについてです。
騒音や飛び出し…ヒヤヒヤする生活から脱却したい!叱らず笑顔で過ごせる、発達障害むっくん仕様の住まいづくり【前編】のタイトル画像

関連記事

騒音や飛び出し…ヒヤヒヤする生活から脱却したい!叱らず笑顔で過ごせる、発達障害むっくん仕様の住まいづくり【前編】

ちょっと先の未来を意識した間取りと設備

子ども目線の生活導線

現在6歳のむっくんは、もうすぐ小学生になります。これから生活習慣について声かけが必要なシーンも増えてくるだろうと考え、間取りでカバーできそうなことは取り入れるようにしました。

登校前や帰宅後の流れが、毎日の難関になりそうだと考え、玄関まわりの間取りは工夫しました。
玄関入ってすぐに「上着を掛ける場所」「荷物置き場」を作り、学校へ持っていく持ち物、靴下、ハンカチなども収納できるように。更に洗面台も作りました。

意味を持つ場所が次々と目に入るので、声を掛けずとも自然に習慣を整えることにつながるといいなと考えています。
玄関の間取り
Upload By ウチノコ

集中しやすく、リラックスできる環境

感覚が敏感なむっくんは、刺激の強い場所では疲れてしまいます。
自宅を落ち着ける場所にするため、壁紙や床は模様や強い色が入らないよう気を付け、インテリアも同系色に。シンプルな内装で視覚から入る刺激を減らすよう心がけました。

また、将来勉強に使ってほしい子ども部屋は北側に配置。
理由は日の光が強く入らず変化が少ないこと、更に我が家の場合は道路に接していない方角が北側だったので、音の刺激も減らせるということで決めました。(勉強するかどうかは別問題ですが…)
壁やインテリアの模様などに刺激されイライラするむっくん
Upload By ウチノコ

苦手な片づけを少しでも学べるように

モノの管理や片付けがものすごく苦手なむっくん。私にとって将来一番心配なことはコレかもしれません。
そこで、モノの管理や、自分が管理できる量の上限などを学びやすい環境になるよう意識しました。

我が家のモノはどこに何をしまうか決めたうえで設計し、備え付け家具のみで賄えるようにしてあります。
私が管理できるモノの上限量がそれだけであること、後付け家具はない方が部屋の情報量が減らせるという理由もありますが、全てのモノが決まった場所に収まっている環境で育ててあげたいという思いもありました。

「どこに何をしまうのか」を明確にして、「入りきらないものは増やさない」「増やしたいなら前のものを減らし、スペースを作ってから」ということを日々の暮らしの中から学んでいけたらいいなと思っています。
おもちゃを決まった場所にしまうむっくんと母
Upload By ウチノコ
また頻繁に片づける必要のある衣類は、管理の楽なハンガー収納のみで全て賄えるよう、一人100cmのクローゼットスペースを確保しました。
私自身の家事時短にもなりますし、衣類が増えすぎてしまったことにも気が付けます。

将来むっくんが自分で衣類管理する時も、このやり方が適していると考えて習慣化に繋げたいと思っています。現在も衣類がハンガーで並ぶことで視覚的に全て確認でき、比較もしやすく、衣類を選ぶ負担が減らせているようです。
洗濯物をハンガーにかけたまましまう母
Upload By ウチノコ

住んでみたら…、予想外の効果

部屋や階ごとに役割が分けられた一軒家での生活で、今まで大変だったお風呂や就寝がスムーズになりました。
我が家は間取りの都合上、1階リビング、お風呂は2階にあるのですが、2階に行く=お風呂→寝るという習慣ができたのです!

今までの賃貸アパートでは、遊ぶ部屋と眠る部屋が同じ、お風呂の後はリビングで着替える、など一つの部屋に複数の役割を持たせる生活をしていたので、余計に切り替えが難しかったのかもしれません。
遊ぶ部屋と寝室がわかれた新居の様子
Upload By ウチノコ
また、入眠に時間がかかるむっくんですが、以前より入眠時間が短縮されました。家が広がったことで、動く距離が増えエネルギーが発散できているのかもしれませんし、周囲からの音など刺激が減ったことも要因かもしれません。

こればっかりはうまくいかなかった…

階段に慣れていなかった我が家の2人は、引っ越しのために手すりを外していた初日にそれぞれ階段から落下しました…。我が家はコの字階段なのですが、一直線にのびる直階段だったらと考えると怖くなりました。

可能であれば、折返し階段にしてコーナー部分に踊り場を設けるか、段の高さを低めにするなどで事故に備える必要があるかもしれません。
階段から落下してしまうむっくん
Upload By ウチノコ
そして家が広がった弊害がおもちゃの片付け!おもちゃが1階のリビングと2階の子ども部屋に分散されたことにより、片づけるトータル量は変わりませんが面積は増えました。おもちゃ地獄はまだ続きそうです。

更に我が家恒例の激しい兄弟喧嘩は相変わらずです。広くなったんだから離れて遊べばいいのにと思うのだけど、部屋の隅で引っ付き合って相変わらず喧嘩をしています。
兄弟げんかをとめる母
Upload By ウチノコ

家を建ててみて思うこと

ハッキリ言うと、今のところ我が家のデメリットは35年住宅ローンのみ!生活はとても楽になりました。

子どもと私のトラブルを減らしたくて、かかわり方や声掛けやら様々な方法などを学びましたが、直接的なかかわり方よりも、間接的に感じる環境を変えることが何より子どもに大きな変化をもたらすのだなぁと痛感しています。環境調整は子ども自身の負担も少ないので理想的だなとも思いました。
環境を整えることでむっくんに自発的に脱いだパジャマをしまってもらうことに成功した様子
Upload By ウチノコ
もちろん相変わらず大変なこともありますが、確実に叱る回数は減りました。
注意ワードNO.1が静かにしなさいから、パンツ履きなさいに変わったかも…。いや、離れなさい!かな。

おかげでむっくん妊娠時から7年半ぶりに、自分のためにコーヒーをいれよう。と思うゆとりも産まれました。この7年半1度もなかったの、本当に。子どもたちの変化は、ひょっとしたら私の心のゆとりが生み出しているのかもしれません。

子どもたちが私と遊んでくれる残り時間はあと10年程度。その10年をこの家で一日一日楽しく過ごしていけたらいいなと思っています。
あたらしいおうちに喜ぶ家族
Upload By ウチノコ
片づけ嫌いじゃなかったんだ!ADHD息子に汚部屋の理由を聞いてみたのタイトル画像

関連記事

片づけ嫌いじゃなかったんだ!ADHD息子に汚部屋の理由を聞いてみた

新生活!ADHDがある大学生の引っ越し、一人でできる?ADHDならではの苦手と対策を親子で確認!のタイトル画像

関連記事

新生活!ADHDがある大学生の引っ越し、一人でできる?ADHDならではの苦手と対策を親子で確認!

発達障害の子ものびのび暮らせる生活サポートブック 幼児編 (あんしん子育てすこやか保育ライブラリーspecial)
安倍陽子 (著), 幸田 栄 (著), 佐々木正美 (監修)
すばる舎
発達障害の子どもを伸ばす魔法の言葉かけ (健康ライブラリー)
shizu (著), 平岩 幹男 (監修)
講談社
発達ナビPLUSバナー
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

この記事を書いた人

ウチノコ さんが書いた記事

発達障害小1むっくんの「学校に行きたくない」。パニックを起こした様子に限界を感じて…のタイトル画像

発達障害小1むっくんの「学校に行きたくない」。パニックを起こした様子に限界を感じて…

こんにちはADHDと自閉スペクトラム症の診断を持つ小1男子むっくんの母、ウチノコです。現在、情緒障害児学級に所属しているむっくん。実は、今...
進学・学校生活
2195 view
2020/11/27 更新
パニックを起こすと人格豹変!? 発達障害小1息子の暴言・暴力から見える苦しみに切なくなり...のタイトル画像

パニックを起こすと人格豹変!? 発達障害小1息子の暴言・暴力から見える苦しみに切なくなり...

むっくんは感情のコントロールが苦手です。いつもは語彙も多く、穏やかで、優しいむっくんですが、癇癪・パニックを起こすとまるで人格が変わったか...
発達障害のこと
19121 view
2020/10/31 更新
特別支援学級1年生!付き添い登下校、着替えのこだわり、給食は食べられる?母の不安は、周りのサポートでやわらいで。発達障害むっくんの学校生活のタイトル画像

特別支援学級1年生!付き添い登下校、着替えのこだわり、給食は食べられる?母の不安は、周りのサポートでやわらいで。発達障害むっくんの学校生活

こんにちは、ADHDと自閉スペクトラム症の診断を持つむっくんの母、ウチノコです。前回に続いて、小学1年生になったむっくんの特別支援級、情緒...
学習・運動
12230 view
2020/09/27 更新
放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOメディア&ソリューションズがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOメディア&ソリューションズは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOメディア&ソリューションズの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。