通常学級?特別支援学級?わが子に合うのはどっち?むっくんの就学相談が始まって…【前編】

2020/03/10 更新
通常学級?特別支援学級?わが子に合うのはどっち?むっくんの就学相談が始まって…【前編】のタイトル画像

こんにちは、ADHDと自閉症スペクトラムの診断を持つ6歳児むっくんの母、ウチノコです。この4月から小学生になるむっくんは自閉症・情緒障害特別支援学級に入学することになりました。
小学校入学後の進路はものすごく悩みました。就学相談を経て、クラスを決めるまでの1年間について、前編・後編にわけてお届けします。

ウチノコさんのアイコン
ウチノコ
22679 View

通常学級でも大丈夫…?

むっくんはADHDと自閉症スペクトラムの診断を3歳半のときに受けていて、就学相談の受付が始まる前から、小学校入学後の進路について考え始めていました。
そのとき、まず最初にしたのは現在のむっくんの情報をできるだけ客観的に考えて整理すること。
むっくんをよく観察する母のイラスト
Upload By ウチノコ
診断を受けた当時の手が付けられなかった頃と違い、6歳になった今は一見、困難さを抱えているようには見えません。
自宅ではほとんど手はかからず、会話能力も十分あり、最近では気持ちを言葉で表現できることも増えてました。読み書きも数字や計算も好きな様子。

5歳8か月で受けたWISC-Ⅳという知能検査や、言語発達遅滞検査でも大きく数値に現れるような偏りや遅れはありませんでした。コミュニケーション能力においては、多少の偏りはあるか?という評価を受けましたが、主治医や知り合いの特別支援学級の先生、療育教室の先生などからは、データから考えると問題なく通常学級に通えるだろうと判断されていました。
そうだな、落ち着いていれば大丈夫だ。私もそう思います。
そう、「落ち着いてさえ、い・れ・ば…」です。

むっくんの見えない困難さとは?

落ち着いていれば理性的なむっくんですが、「集団の中」に入ると様子が変わります。
むっくんは自分の気持ちを我慢して、周囲の行動、大人や先生の要求に応じることがものすごく苦手です。また、感覚の過敏さから集団の中で生じる音や臭いなどをつらく感じることもあり、これも大きくコンディションを崩す原因になります。
ストレスモードになると普段と別人になるむっくんの様子
Upload By ウチノコ
そしてコンディションが崩れてきたときに、
「強い衝動性からくる、やりたい!気持ちを無理に押さえつけられる」
「一方的な叱責や行動制限を受ける」
「不愉快な刺激から逃げられない」
などの事象にさらされるとむっくんは別人のようになってしまいます。

感情のコントロールがきかなくなり、大きな声で泣き、叫び、暴言、暴力、逃走など激しい行動に出ることがあります。普段の理性的なむっくんは消え、幼く退行してしまいます。この衝動について理性的なむっくんと話すこともありますが、今は「自分でもどうしたら良いかわからない」と話してくれました。

就学相談開始前、私の思い

小学校は集団で過ごすことになるので、基本的にむっくんのコンディションは「悪い」と捉える方が自然だと私は考えました。
悪い=本人が辛いのだから、まずはできるだけコンディションを保ちやすい環境で過ごせることを大切にしたいと思いました。

当時は、まだ特別支援学級がどういう場所であるのか、主治医が通常学級で大丈夫と言っているのに、通えるのかどうかも理解できていませんでした。それでも、少なくとも通常学級はむっくんにとってつらい可能性が高いと考え、仮に通常学級に通うとしても何らかの支援があると安心だと感じたことから、小学校と相談の場を持つために就学相談を申し込むことに決めたのです…。
むっくんには笑顔でいてほしいで気が付く母
Upload By ウチノコ

わが家の就学相談スケジュール

私の住んでいる市町村区では、就学相談は年長になった4月より受付開始というシステムでした。
早々に受けるつもりでいたので、年中の冬には主治医に希望を伝え、就学相談に備えて2月、3月に発達検査を受けました。(過去の発達検査は本人の検査拒否で参考値しかなかったので)

4月早々に就学相談を申し込んで、その後の流れについてはこのような説明を受けました。
就学相談のスケジュール
Upload By ウチノコ

就学相談担当者との面談を通して

最初に就学相談担当者から様々な聞き取りをしてもらいました。
むっくんも面談し、簡単な特性を見るテストのようなものを受けました。


主治医に通常学級で良いと言われていたことから、特別支援学級を希望できるかわからなかったのですが、むっくんは希望すれば自閉症・情緒特別支援学級を選べるということで、選択肢が広がりホッとしました。

その後も更に2、3回面談を行い、小学校の通常学級や特別支援学級のシステム(先生の人数、1クラスの人数、授業、活動内容)について説明を受け、質問にもわかる範囲で答えていただきました。

担当者との相談を通して、私自身が不安に感じていることも見えるようになりました。小学校に通うのは子どもですが、何か起こったときは小学校と親の連携が大切になってきます。頑張るのは子どもだけではありませんので「子どもにとって」だけではなく、「私にとって」を考えることもまた、大切だと感じました。
担当者と面談をする様子
Upload By ウチノコ

私なりに考えたむっくんに用意したい環境

面談のおかげで「むっくんと私にとって理想的な環境」をイメージすることができました。

・通常学級よりも人数の少ない自閉症・情緒特別支援学級の方がむっくんに合っていると思う
・私自身も先生としっかりと連携してむっくんの小学校生活を支えたいと考えている(積極的に相談していきたい)
・むっくんのコンディションが悪いときの避難先(クールダウンスペース)を用意しておきたい
・通常学級には同じ園のお友達も多くいることからそちらとも繋がりは絶ちたくない
交流学級というシステムは素敵だが、集団生活が苦手なむっくんは必ずしも決まり通り行けるかわからない。その都度本人のコンディションを見て対応してほしい
・むっくんは自分で決めたことはしっかりと頑張る人なので、しっかり対話した上で日々のことを決めてほしい
ということでした。

細かい支援方法は小学校によって異なる為、願ったからと言って叶えられるものではありません。ですが小学校訪問前にある程度自分の気持ちをまとめたことは、今思えば訪問時に何を確認し何を質問するかを明確にでき、当日を有意義に過ごすことに繋がりました。

面談後、担当者の方は保育園を訪問し集団でのむっくんの様子の確認や担任の先生への聞き取り、小学校からも園にむっくんを見に来てもらったりと準備を進めていただきその年の11月、私たちは小学校訪問に臨みました。
小学入学に気合が入る母
Upload By ウチノコ
後編に続く...
小学校見学で母の不安は晴れた!発達障害むっくんに合う学級は…?体験授業を終えて、親子で出した答え【就学相談後編】のタイトル画像

関連記事

小学校見学で母の不安は晴れた!発達障害むっくんに合う学級は…?体験授業を終えて、親子で出した答え【就学相談後編】

就学先を決める就学相談を徹底解説!通常級・通級・支援級・支援学校、子どもに合った進学先はどこ?のタイトル画像

関連記事

就学先を決める就学相談を徹底解説!通常級・通級・支援級・支援学校、子どもに合った進学先はどこ?

娘、やっぱり通常学級が合わないかも?進学先に悩む中で気づけた、たった一つの大切なコトのタイトル画像

関連記事

娘、やっぱり通常学級が合わないかも?進学先に悩む中で気づけた、たった一つの大切なコト

普通級?それとも支援級?子どもの人生の節目を前に、親ができることのタイトル画像

関連記事

普通級?それとも支援級?子どもの人生の節目を前に、親ができること

生きづらいと思ったら親子で発達障害でした 入学準備編
モンズースー (著)
KADOKAWA
発達が気になる子の「できる」を増やすからだ遊び: 入学前からはじめよう
笹田 哲 (監修)
小学館
せいかつ絵カードずかん ことばと習慣がぐんぐん育つ! 入園・入学準備に役立つ!
カモ (著), 岩澤 寿美子 (監修)
KADOKAWA
発達ナビPLUSバナー
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

この記事を書いた人

ウチノコ さんが書いた記事

発達障害小1むっくんの「学校に行きたくない」。パニックを起こした様子に限界を感じて…のタイトル画像

発達障害小1むっくんの「学校に行きたくない」。パニックを起こした様子に限界を感じて…

こんにちはADHDと自閉スペクトラム症の診断を持つ小1男子むっくんの母、ウチノコです。現在、情緒障害児学級に所属しているむっくん。実は、今...
進学・学校生活
2197 view
2020/11/27 更新
パニックを起こすと人格豹変!? 発達障害小1息子の暴言・暴力から見える苦しみに切なくなり...のタイトル画像

パニックを起こすと人格豹変!? 発達障害小1息子の暴言・暴力から見える苦しみに切なくなり...

むっくんは感情のコントロールが苦手です。いつもは語彙も多く、穏やかで、優しいむっくんですが、癇癪・パニックを起こすとまるで人格が変わったか...
発達障害のこと
19123 view
2020/10/31 更新
特別支援学級1年生!付き添い登下校、着替えのこだわり、給食は食べられる?母の不安は、周りのサポートでやわらいで。発達障害むっくんの学校生活のタイトル画像

特別支援学級1年生!付き添い登下校、着替えのこだわり、給食は食べられる?母の不安は、周りのサポートでやわらいで。発達障害むっくんの学校生活

こんにちは、ADHDと自閉スペクトラム症の診断を持つむっくんの母、ウチノコです。前回に続いて、小学1年生になったむっくんの特別支援級、情緒...
学習・運動
12230 view
2020/09/27 更新
放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOメディア&ソリューションズがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOメディア&ソリューションズは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOメディア&ソリューションズの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。