授業参観でただ一人間違える自閉症息子の姿を見て――エジソンの母のように「息子の一番の理解者」でありたいと思った理由

2020/05/14 更新
授業参観でただ一人間違える自閉症息子の姿を見て――エジソンの母のように「息子の一番の理解者」でありたいと思った理由のタイトル画像

興味の対象があちこちに行き落ち着きのなかった子が、好奇心旺盛な長所を活かし将来、ベンチャー企業の社長になった、舌が過敏で偏食の激しかった子が、味に敏感なことを活かし料理人になった、という話を耳にすることがあります。有名な発明家のエジソンも学校が合わず母親が教え、立派な発明家になったといいます。

息子が中学生のころ、授業参観での光景を見て、私はエジソンの母のように息子に合った教え方をしてやりたいなと感じたことを思い出しました――。

立石美津子さんのアイコン
立石美津子
14873 View

エジソンの伝記を読んで

『発達障害に生まれて』(松永正訓著/中央公論新社)ノンフィクションのモデルの立石美津子です。

息子が幼かった頃、私は自閉症の息子が「エジソンのようになるかも…」と思ったことがありました。
エジソンが生きた時代には“発達障害”という概念はありませんでしたが、エジソンの伝記を読むと、幼い頃、決して褒められるような子どもではなかったとありました。

小学校時代の有名なエピソードに次のようなものがあります。

算数で粘土を使って“1+1 = 2 ”を教えた担任教師に、エジソンは「1+1 の答えは 1 である」と言いました。粘土と粘土をくっつけたら 1 になるというのです。幼いエジソンを担任の先生は叱り飛ばしました。

母親は息子の発想力を理解しない学校に怒り、彼を退学させ、家で勉強を教えることにしました。
その後、エジソンは私たち人類の生活を変える、電球の実用化を果たしました。

授業参観で――奇数・偶数の学習

中学の頃、息子が在籍していた特別支援学級の授業参観のときのことです。参観したのは数学の授業でした。内容は小学校で習う算数の単元、『割れる数、割れない数(偶数・奇数)』でした。

先生が黒板に磁石を4個貼り「皆さん~これは割れますか?割れませんか?」と質問しました。「割れます~!」と子ども達から元気な回答。私は後ろで見ながら「正解の確率は50%、きっとまぐれでしょ」と思っていました。

次に先生は磁石を6個貼り「皆さん~これは割れますか?割れませんか?」と質問しました。「割れます~!」と子ども達から元気な回答。

「まぐれではないぞ」と思い直しました。息子は小学校の特別支援学級から中学の特別支援学級へ進級しましたが、クラスの中には小学校時代、6年間通常学級で学んできている子もいました。そうした子どもたちにとってはすでに習っている単元でもあり、正解できるのでした。

でも、息子は足し算も引き算も曖昧な状態なので、皆に合わせて口パク状態でした。

指名されてしまった!

息子以外にも口パクで適当に他の生徒の真似をして答えている子どももいました。参観日だったので先生も張り切っていたのでしょう、今度は一人ずつ指名しました。

磁石を5個貼り
先生「A君~これは割れますか?割れませんか?」
A君「割れません」
A君は正解しました。

いよいよ息子の番になりました。先生は磁石を1個貼り「立石君、これは割れませんか?割れますか?」息子は「割れます」と答えました。

先生は怪訝な顔をしました。
磁石
Upload By 立石美津子
でも私にはわかりました。きっと磁石でもトンカチで割れば割れるから割れると答えたのだと…。そしてそのとき、エジソンが2つの粘土の塊をくっつけたら1つになると答えた場面が重なりました。
磁石を金づちで打つ様子
Upload By 立石美津子
先生は今度は磁石を3個貼り、「割れますか?割れませんか?」と息子に質問しました。すると、「割れます!」と答えました。
3つの磁石
Upload By 立石美津子
息子はきっと「2個と1個に割れる」と思ったのに違いありません。

自閉症スペクトラムの子は曖昧な表現がわかりません。「お風呂のお湯を見てきて」と言われ、溢れたお湯をただ見てくるだけ、「お風呂に行ってお湯を見てきて。溢れていたら止めてきて」と言わなくては通じないことも多いです。

数学の授業でも磁石など抽象的な物に置き換えないで飴の絵を描いて、「友達と同じ数に分けることができますか?」と質問してもらえたら理解できたのではないかと思います。

先生を責められない

数学の授業はそのまま進み、最後は「7は偶数ですか?奇数ですか?」「42は偶数ですか?奇数ですか?」まで発展しました。

息子の学力に適した授業ではありません。

でも、先生を責めることはできませんでした。息子が通う特別支援学級は数学は中1~中3までの縦割り授業で、能力別に4クラスに分けられていました。それにもかかわらず、学力差が激しくどこに基準を設けたらよいのか困難を極めている状態でした。

息子が在籍していたのは習熟度がもっとも低いクラスでしたが、そのクラスでも偶数、奇数の数学の単元の授業が行われていました。(習熟度が最も高いクラスでは三角形の面積やらX、Yの連立方程式を指導していました)

私は息子にとって必要な算数の力について考えました。奇数や偶数は、息子が日常生活を送る中では必須ではなさそうです。できればお金の概念や計算の仕方、時計の読み方を教えて欲しいとも思いました。

そこで、学校ではあまりやってくれなかったお金、時計などを家で教えました。(中学生のうちはお金の計算を頑張って教えましたが息子には難しい部分もあったので、現在は、「僕はお金が計算できないので助けてください」とSOSを出すよう方針を変えました)
自閉症の息子が「一人で買い物」、身につけるべきスキルはお金の計算じゃなかった!のタイトル画像

関連記事

自閉症の息子が「一人で買い物」、身につけるべきスキルはお金の計算じゃなかった!

お金の勉強
Upload By 立石美津子
息子がお店で買物する様子
Upload By 立石美津子

わが子の一番の理解者でいたい

担任からのコメントが辛辣な通知表
Upload By 立石美津子
先日、私の小学校時代の通知表が出てきました。担任の先生からの評価です。

酷いことが書いてあります。私の母はエジソンの母のようには対応してくれず、先生と一緒に「なんでこんなこともできないの!」と責めました。でも、大人になって著述家として何とかなっています。

でもやはり、理解して認めてくれたらよかったなぁと思います。

息子を認め、どんな風に学ぶのがいちばん理解できるのか、どんな学びが必要なのか――エジソンの母のように、それができる母親だったろうか。

もうすぐ社会に出ていく息子を見ながら、今までの子育てを思い返すことが多くなりました。

このコラムの著者親子がモデルの本

発達障害に生まれて
松永正訓
中央公論新社

このコラムを描いた人の著書

子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方
立石美津子
すばる舎
「僕だってすぐ就職したい!」就労移行支援に通う自閉症息子、卒業していく仲間をみて。訓練の大切さを伝える母の思いは…のタイトル画像

関連記事

「僕だってすぐ就職したい!」就労移行支援に通う自閉症息子、卒業していく仲間をみて。訓練の大切さを伝える母の思いは…

当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

この記事を書いた人

立石美津子 さんが書いた記事

「僕だってすぐ就職したい!」就労移行支援に通う自閉症息子、卒業していく仲間をみて。訓練の大切さを伝える母の思いは…のタイトル画像

「僕だってすぐ就職したい!」就労移行支援に通う自閉症息子、卒業していく仲間をみて。訓練の大切さを伝える母の思いは…

緊急事態宣言が出されてから、自閉症息子が通う就労移行支援事業所も時差通所から自宅でのテレワークになりました。自宅で毎日まじめに課題に取り組...
将来のこと
9270 view
2020/05/01 更新
自閉症息子、19歳。変化した「オウム返し」が愛しくて――人と比べる病から脱した今感じる、息子の成長のタイトル画像

自閉症息子、19歳。変化した「オウム返し」が愛しくて――人と比べる病から脱した今感じる、息子の成長

他の子と比べてしまうと「あれも出来ない、これも出来ない」となってしまいがちです。でも、自閉症の息子の過去と今を比べると、出来るようになった...
発語・コミュニケーション
15468 view
2020/04/16 更新
「15分前行動」へのこだわりで、時差通勤でも満員電車…!自閉症息子、諭すとパニック!社会人生活に必要な応用力はまだまだ課題で…のタイトル画像

「15分前行動」へのこだわりで、時差通勤でも満員電車…!自閉症息子、諭すとパニック!社会人生活に必要な応用力はまだまだ課題で…

息子は自閉症の特性と元々の真面目過ぎる性格で、どうでもよい忘れ物を電車を降りて自宅に取りに戻って来たり、相手の言ったことを字面通り受け取っ...
自分と家族のこと
11240 view
2020/04/01 更新
放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOメディア&ソリューションズがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOメディア&ソリューションズは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOメディア&ソリューションズの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。