「他の人に怒られるよ」で叱るのは責任転嫁!?王道のしつけにこだわらなくていい。自閉症長男とのバトルから感じること

2020/10/05 更新
「他の人に怒られるよ」で叱るのは責任転嫁!?王道のしつけにこだわらなくていい。自閉症長男とのバトルから感じることのタイトル画像

「ほら、大声で騒ぐと運転手さんに怒られちゃうよ」、「みんなうるさいなぁって見てるでしょ?静かにしなさい」...、子どもを叱るとき、つい言いがちではありませんか?

このような叱り方は他力本願や責任転嫁、他人の力を借りてしつけることは、一般的には「良くない」とされがちです。ですが…

立石美津子さんのアイコン
立石美津子
10096 View

他力本願なしつけ?

「ほら、大声で騒ぐと運転手さんに怒られちゃうよ」、「みんなうるさいなぁって見てるでしょ?静かにしなさい」

なぜ、こうした言葉がけがよくないと言われているかというと、この言葉は子どもにとっては、「ママはあなたが騒ぐのは悪いことだとは思ってないけれど、他の人は怒っているので止めておこう」と伝えているとも受け取られるからです。
つまり、他力本願、責任転嫁です。

それから…
既に鬼の形相になっているのに「ママ怒るよ!」と予告している人もいます。これも「ママ」という他人をつくり上げて叱っている感じがします。

ただし、褒めることに関しては親だけが褒めるだけでなく「○○先生も褒めてたよ」「○○さんも感心していたよ」と伝えるのは、子どもの励みになるので、良い評価の仕方だと言われています。

息子とのバトルで、思わず他力本願に

ある朝のこと、息子は朝起きるなり、トイレの型番を書くことに熱中していたので…
トイレの型番をずらりと書き連ねた紙
Upload By 立石美津子
「遅刻するよ。早くごはん食べなさい」と、口からつい息子の行為を否定するような言葉が出てしまいました。

息子はちょっとでも否定的な言葉を投げかけられると、パニックになります。この日も、床を物凄い勢いで蹴り、腕を思いきり噛んで自傷しました。

どうにもこうにも収まらない状況になったので、責任転嫁、他力本願で思わず次のように言ってしまいました。

「家を壊すと工事の人に来てもらわなくてはならないね。もしかして、『壊したので引っ越ししてください』と言われるかもしれない」

息子は不安な顔をして「引越ししたくない…」と呟きました。

私は更に追い打ちをかけるように…

「お母さんもこの家に住んでいたいけれど、仕方のないことでしょ。」と言ってしまいました。

そう言わないとますますパニックを起こす状態だったので、脅すように他人の力を借りてしまったのです。

そのうちに、就労移行支援事業所に通所しなくてはならない時刻になってきましたが、そこは自閉症のある息子らしく時刻をキッチリと守り、出かけて行きました。きっと悶々とした気持ちで出かけて行ったでしょう。

先生の力を借りる

グズグズしていつまでも宿題に取り掛からない子に、「サッサとやることやりなさい!」と叱って、子どもから「うざい、くそババア」と反撃されて、バトルになってる親子がいます。

そんなときは、先生から「『明日までに宿題を済ませておいてください』とプリントに書いてあったよ」

子ども騙しの伝え方が通用しない場合は、「『宿題の提出期日が明日の午前中になりました』と電話があったよ」の方が、親子喧嘩になるよりよい気がします。

医者の力を借りる

息子はトイレの便器が大好きで、トイレを見に行く綿密な計画を練っています。
トイレの前でポーズをとる息子
Upload By 立石美津子
公共のトイレを訪れるリスト
Upload By 立石美津子
息子は強迫性障害もあり、通院しています。トイレを見に行く計画についても「電車の本数が減ったらどうしよう」「時刻表が変わったらどうしよう」と次々に不安が襲ってくるようで、何度も何度も書いた用紙を確認し、強迫行為が治まることがありませんでした。

そこで主治医から
「確認は2回だけにしましょう。そうしないと不安が酷くなり、ここに入院することになってしまうかもしれません。そうなったらトイレも撮影に行けなくなってしまいますよね」と言ってもらうようにしました。

医師は毎日息子を診ている訳ではありません。診察も月1回、10分程度です。ですから、普段、息子の様子を観察している私が先生から伝えてほしいことを事前にメモで渡しています。白衣を着た医師から伝えてもらった方が息子には有効なことが多いからです。
同じ事のくり返し…自閉症の特性ではなく「強迫観念神経症」かものタイトル画像

関連記事

同じ事のくり返し…自閉症の特性ではなく「強迫観念神経症」かも

病院の前でポーズをとる息子
Upload By 立石美津子
第三者に協力をしてもらうことで、息子自身も親に言われるより受け止めやすくなる、よい方法だと思っています。

怒ると叱るの違い

一般的な子育てサイトや本などには「怒らないで叱りましょう」と書いてあることがあります。

・怒る……(自分が不快なこと、不満を感じることについて)その気持ちを表に出すこと。腹を立てること。

・叱る……(子どものためを思って)よくない行為を指摘し、より良い方向へ導こうとすること。

明確な違いは、“誰のためか”ということ、でも保護者にとってはかなりハードルが高いです。

子どもにとっても同じで、

・怒られる
・叱られる
・注意される
・指摘される

どれも、言われた側にとっては同じように感じるかもしれません。
怒ると叱るの違いを意識して声をかけているが子どもは違いがわからないと言っている
Ⓒあべゆみこ
Upload By 立石美津子
「お店の人に叱られるよ」「お店の人にばれなかったらいいの?」というやりとり
Ⓒあべゆみこ
Upload By 立石美津子
自分のイライラした気持ちを子どもにぶつけるのはもちろんいけませんが、「叱ると怒るの違いを理解したうえで、王道のしつけに囚われすぎず、そこに愛があればよいのだ」「他力本願と言われようが、そのほうが子どもも納得しやすいなら、こだわりすぎなくていいのではないか」と私は思っています。

このコラムの著者親子がモデルの本

発達障害に生まれて-自閉症児と母の17年
松永正訓
中央公論新社

このコラムを書いた人の著書

子どもも親も幸せになる発達障害の子の育て方
立石美津子
すばる舎
発達障害とは?発達障害の分類・症状・特徴・診断方法はどのようなもの?のタイトル画像

関連記事

発達障害とは?発達障害の分類・症状・特徴・診断方法はどのようなもの?

自傷行動とは?自閉症・知的障害のある人に見られる自傷行動の原因・対処法・相談先まとめのタイトル画像

関連記事

自傷行動とは?自閉症・知的障害のある人に見られる自傷行動の原因・対処法・相談先まとめ

発達ナビPLUSバナー
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

この記事を書いた人

立石美津子 さんが書いた記事

「自閉症ではないですよ」と言ってほしい――否定や才能探しに明け暮れ、揺れ動いた心。医師のある言葉にハッとさせられてのタイトル画像

「自閉症ではないですよ」と言ってほしい――否定や才能探しに明け暮れ、揺れ動いた心。医師のある言葉にハッとさせられて

我が子に発達障害があることがわかったとき、とうてい受け入れることができない親も多くいるのではないでしょうか。かつての私もそうでした。 ...
自分と家族のこと
5544 view
2020/10/18 更新
外見でわかる障害・わかりにくい自閉症――お年寄りから座席を譲られたクラスメートとパニックで怒鳴られる息子、それぞれの葛藤のタイトル画像

外見でわかる障害・わかりにくい自閉症――お年寄りから座席を譲られたクラスメートとパニックで怒鳴られる息子、それぞれの葛藤

肢体不自由やダウン症など外見で「障害がある」のがわかりやすい障害と、自閉症のように見た目でだけではわかりにくい障害があります。息子がまだ幼...
発達障害のこと
14045 view
2020/09/22 更新
「息子さんがパニック」就労支援事業所からの電話に「家でも暴れるかも」と覚悟したけれど。まっすぐ帰宅しなかった息子の変化のタイトル画像

「息子さんがパニック」就労支援事業所からの電話に「家でも暴れるかも」と覚悟したけれど。まっすぐ帰宅しなかった息子の変化

自閉症の息子は就労移行支援事業所に通所しています。支援員から「パニックになっている」と電話がありました。 今までの経験から、「家でもパニ...
身のまわりのこと
14557 view
2020/09/01 更新
放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOメディア&ソリューションズがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOメディア&ソリューションズは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOメディア&ソリューションズの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。