癇癪とパニックを繰り返した6年間。母との試行錯誤の末に得た、小5ASD息子の気づきとは【かんしゃく特集】

2020/10/08 更新
癇癪とパニックを繰り返した6年間。母との試行錯誤の末に得た、小5ASD息子の気づきとは【かんしゃく特集】のタイトル画像

静かに室内で行うイメージの趣味が多いためか“大人しく穏やかな性格”だと思われることも多いコウですが、実際の彼はパニックになったり癇癪を起こしたりすることも多く、普段の印象とのギャップに驚かれることも珍しくありません。
今回は、そんな彼の今までの“癇癪・パニック歴”と、その時々でどう対応していたかについて振り返ります。

丸山さとこさんのアイコン
丸山さとこ
11760 View

穏やかそうなコウだけれど、実際は癇癪を起こしたりすることも多く…?

折り紙や読書などの趣味から一見穏やかそうに見えるコウですが、実際は癇癪やパニックを起こすことも多く驚かれることも…
Upload By 丸山さとこ
折り紙や読書や手芸のように「静かに室内で行うイメージ」の趣味が多いためか、大人しく穏やかな性格だと思われることも多いコウです。

ところが、実際の彼は思い通りにならない時にパニックになったり癇癪を起こしたりすることも多く、普段の穏やかそうな印象とのギャップに驚かれることも珍しくありません。

癇癪だったりパニックだったりした幼少時

思うようにならない苛立ちや不満、どう表現する?

かんしゃくは「思うようにならない苛立ちや不満」などの気持ちの表現であり、要求を通す為の交渉として使われることもあります。
「保育園の頃の癇癪の起こし方、凄かったなぁ…(ブリッジするコウを思い出しながら)」
Upload By 丸山さとこ
保育園の頃のコウは交渉としてのかんしゃくを出せる程の高度なコミュニケーション能力は無かったため、「思うようにならない苛立ちや不満」をブリッジで表現するだけでした。

そんな風に時々叫んだりブリッジをしたりしながら登園していたコウでしたが、5歳頃になると少し様子が変わってきました。思うようにならない時、かんしゃくよりもパニックを起こすことが増えてきたのです。

癇癪よりもパニックが目立っていた小学1年生

1年生の頃のコウは、パニックになることが更に増えてきました。“やらなくてはいけないこと”ができていない時は「あ、あ…どうしよう!」とオロオロしてパニックを起こし、青ざめてうつろな表情のまま固まってしまうこともありました。

そんなコウは“やりたいこと”ができていない時も同様にパニックを起こすようになり、2年生の半ば頃まで“ハッキリとした癇癪”を起こすことは減っていました。

パニックに対しては“問いかけずに”静かなところへ

コウがパニックを起こす時は、大体PCがビジー状態になった時のように“処理できる情報量を超えてしまった時”だったので、パニックを起こした時はできる限り落ち着くまでそっとしていました。
パニックを起こしたコウを小脇に抱え、”暗くて静かな”刺激の少ない環境へ。
Upload By 丸山さとこ
落ち着いてからであっても再び同じ量の刺激に晒されれば再度パニックになってしまうため、コウが落ち着いた時点で“スモールステップに分割した指示”を出すようにしていました。(宿題のプリントであれば、 「椅子に座って鉛筆を持つ」 「名前を書く」「1マス埋める」などの指示を出していました)

この時、コウに対して「お母さんの話を聞いてくれる?」「お母さんも一緒にやっていい?」「どうしたの?」などの質問調の話しかけ方をしないように気を付けていました。

今ある情報の処理で一杯一杯なコウにとって“答えなければいけない質問”はタスクを増やすだけであり、パニックを誘発するきっかけにしかならなかったからです。

再び癇癪が目立ち始めた小学2年生

ただキーキー叫ぶだけではない、“しゃべる癇癪”が始まった!?

そんな状態だったコウは、2年生の途中くらいから再び癇癪を起こすようになってきました。座ったまま地団太を踏んだり叫んだりするのです。
癇癪を起こし、「どうせ僕なんか!」と自暴自棄になるコウと圧される私。
Upload By 丸山さとこ
ネガティブな発言が増え、「どうせ僕なんか!僕が下手だからできないんだ!」「あぁもう折角ここまでやったのに!」と怒るコウと一緒にいると私まで引きずられそうになるので、長引くようであれば、彼が落ち着くまで私は家事をしたりして心理的な距離と物理的な距離を空けて過ごしていました。

(癇癪を起こした後はコウのサポートに時間をとられる可能性がある為、先に家事を終わらせておくと段取りが良かったというのもあります)

癇癪からパニックになっていくコウ

その頃のコウは癇癪が復活した一方でパニックになりやすい状態も続いており、“癇癪のまま終わるのか、癇癪からパニックになっていくのか”を見守る必要もありました。
「もうダメだ!」と泣きわめくコウを『癇癪で終わるかパニックになっていくかどっちかな…』と見守る私
Upload By 丸山さとこ
癇癪の間は怒りつつも会話は成立するコウですが、一度パニックになるとしばらく言葉が通じない状態になり、“やりたい(やらなくてはいけない)ことができていない状態”が長引くことと“パニックそのものの疲労”で、親子共々ぐったりしてしまいます。

癇癪を起こしたコウには“状況確認”と“感想(共感)”で対応

癇癪を起こすことを“交渉手段”にしないために

コウが癇癪を起こした時は、何が起きたのかなどの状況確認だけして“手助け”は行わないようにしていました。“癇癪を起こす→助けられる”というパターンをコウが学習すると、「癇癪を起こせば大体のことは解決するな!」と考えるようになるだろうと思ったからです。

「どうしたの?」「見せて」と状況や意思の確認を行った上で「そうか、それは困ったね」などと“感想の言葉”のみ伝えると、調子の良い時であればコウの方から「手伝ってほしい」「ここ助けて」と返ってくるので、それに応じる形で手助けしていました。
「癇癪を起こせば大体のことは解決するな!」とコウが閃くのを危ぶむ私がとった行動は…?
Upload By 丸山さとこ
「そうなんだよ!僕は困っているんだよ!」と返ってくる時は「手伝ってほしい?」と助け舟を出し、会話にならないほどの癇癪を起こしている時は、ある程度落ち着くまでそっとしていました。

そうこうして“その日・その時”をしのいでいる内に、5年生になった今では癇癪を起こしても以前より早く落ち着くようになりました。

コウが言うには、「ふと周囲を見た時に『あれ?皆自分と同じような状況でも怒ったり泣いたりしてないな。もしかして、自分の表現って人より激しいのかな…?』と思った」のだそうで、「そんな風に思ったことも、そう思うくらい周りを見て自分と対比したってことも、驚きだよ。成長だねぇ…」と感心しました。

次回は、そんな風に過去を振り返るようになったコウに“癇癪とパニックの違い”について聞いたり、“ムシャクシャすること・人にそれをぶつけること”について一緒に考えたりしたことを書いていきます。
「読みたい」の声多数!「かんしゃく」の困りや対応、みんなはどうしている?「わが家のかんしゃく」特集のタイトル画像

関連記事

「読みたい」の声多数!「かんしゃく」の困りや対応、みんなはどうしている?「わが家のかんしゃく」特集

小5ASD息子、癇癪と共存するため「安全な爆発方法」を模索中⁉癇癪とパニックの違いも自己分析しながら…【かんしゃく特集】のタイトル画像

関連記事

小5ASD息子、癇癪と共存するため「安全な爆発方法」を模索中⁉癇癪とパニックの違いも自己分析しながら…【かんしゃく特集】

「やりたい」と「できる」のギャップで癇癪に!ゲーム、料理、工作も…今、趣味を楽しむASDコウとの親子二人三脚の道のりのタイトル画像

関連記事

「やりたい」と「できる」のギャップで癇癪に!ゲーム、料理、工作も…今、趣味を楽しむASDコウとの親子二人三脚の道のり

自閉症の子どもの接し方は?子育ての困難と対処法まとめのタイトル画像

関連記事

自閉症の子どもの接し方は?子育ての困難と対処法まとめ

子どもの「トリセツ」をつくろう!チェックリスト、ワークで問題解決スキルの身につけ方までわかる。『自己理解力をアップ!自分のよさを引き出す33のワーク』【著者・高山先生インタビュー付】のタイトル画像

関連記事

子どもの「トリセツ」をつくろう!チェックリスト、ワークで問題解決スキルの身につけ方までわかる。『自己理解力をアップ!自分のよさを引き出す33のワーク』【著者・高山先生インタビュー付】

発達ナビPLUSバナー
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

この記事を書いた人

丸山さとこ さんが書いた記事

小5ASD息子、癇癪と共存するため「安全な爆発方法」を模索中⁉癇癪とパニックの違いも自己分析しながら…【かんしゃく特集】のタイトル画像

小5ASD息子、癇癪と共存するため「安全な爆発方法」を模索中⁉癇癪とパニックの違いも自己分析しながら…【かんしゃく特集】

以前よりパニックになることは減り、癇癪も暴れることは少なくなってきた最近のコウです。 そんな彼に「癇癪とパニック、それぞれコウの中で何が...
発語・コミュニケーション
3782 view
2020/10/15 更新
「やりたい」と「できる」のギャップで癇癪に!ゲーム、料理、工作も…今、趣味を楽しむASDコウとの親子二人三脚の道のりのタイトル画像

「やりたい」と「できる」のギャップで癇癪に!ゲーム、料理、工作も…今、趣味を楽しむASDコウとの親子二人三脚の道のり

ゲーム・将棋・折り紙・イラスト・工作・プログラミング・手芸・料理…と多趣味なコウですが、“趣味を楽しめる”までには長い道のりがありました。...
遊び・お出かけ
7683 view
2020/09/25 更新
無関心、一人遊び、ブリッジで怒り表現...?小5ASD息子が放課後に友達と遊べるようになるまで。「こんなとき、どうする?」を親子で具体的にシミュレーションのタイトル画像

無関心、一人遊び、ブリッジで怒り表現...?小5ASD息子が放課後に友達と遊べるようになるまで。「こんなとき、どうする?」を親子で具体的にシミュレーション

コミュニケーションが苦手ではあるものの人と過ごすことも大好きなコウは、自分なりのペースで友人関係を築いているようで、授業後に友人と遊ぶこと...
遊び・お出かけ
9565 view
2020/09/08 更新
放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOメディア&ソリューションズがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOメディア&ソリューションズは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOメディア&ソリューションズの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。