偏食っぽくない偏食!?お子さまプレートが食べられなかったASDコウ。成長とともに変化が?

2020/12/15 更新
偏食っぽくない偏食!?お子さまプレートが食べられなかったASDコウ。成長とともに変化が?のタイトル画像

感覚過敏によるものなのか、”絶対に食べられない物”がいくつかあるコウです。

一般的に子どもが好むとされるハンバーグやエビフライ、からあげやウインナーなどが苦手なため、お子さまプレートが出てくると『ふりかけご飯とポテトしか食べられない』という状態になることもしばしばでした。

丸山さとこさんのアイコン
丸山さとこ
6490 View

”お子さまプレート”が食べられない子どもだったコウ

「ウインナー・からあげ・ハンバーグ・エビフライ」が食べられず、お子さまプレートに困る親子
Upload By 丸山さとこ
感覚過敏があるためなのか、コウには”絶対に食べられないもの”がいくつかあります。

主に、肉・甘味の強いもの・エビなどが駄目なので、冠婚葬祭の席などでお子さまプレートが出てくると『食べられるのはふりかけご飯とポテトか…』という状態になったりしていました。

その一方で”一般的に子どもが嫌がるもの”は大体食べられるため、一見すると問題はないように見えたりもしていました。

偏食っぽくない偏食?

野菜全般が食べられると、”偏食”っぽくは見えないようで…

ニンジン・ピーマン・ホウレンソウ・レタス・ブロッコリーなど野菜全般が好きなコウは「偏食あるの?野菜大好きだよね?」「健康的でいいじゃない!」と言われることが多く、『気にしなくて大丈夫』と励まされることもしばしばでした。
「野菜は大体食べられるよ」と言うコウ
Upload By 丸山さとこ
ところが、コウの”食べられない”は徹底したもので、多くの人が想像する「お肉が苦手なんだね」という状況とは違っていました。

小指の爪ほどの豚コマもそぼろの1かけらも発見する探知能力は「大したものだな…」と関心するほどの精度を誇り、成長期に必要なタンパク質は満たせそうもありませんでした。

タンパク質がとれればよいのでは?ということで

幸い、卵・チーズ・ヨーグルトは口にできたため、それらの食品をとるとともに、小学生になってからは麦芽飲料やジュニアプロテインをとるようにしていました。
麦芽飲料やジュニアプロテインであれば「うまい!」と言って飲めるコウ
Upload By 丸山さとこ
実際に栄養を補う効果がどの程度あったのかは分かりませんが、ココア味の飲料はコウにとってもおいしく飲めるものだったので、小学5年生になった現在でも飲み続けています。

無理のない範囲で、たまに挑戦しつつ…

キャンプで食べたお肉をきっかけに!?

学校の給食でも「お肉はちょっと食べられなかった…」と言って帰ってくることがほとんどな彼でしたが、4年生のときに小さな転機が訪れました。
キャンプ場で炭火焼肉を口にし、「あれ?このお肉はおいしい!」と目を丸くするコウ
Upload By 丸山さとこ
キャンプで炭火焼肉を食べたことをきっかけに、”オーブンやグリルで調理された(一部の)お肉は少し食べられるようになったのです。

また、からあげやミートボールやウインナーなどの既製品のおかず(弁当・冷凍食品)も何品か食べるようになってくれたため、疲れた日の食事の用意がぐっと楽になりました!

”食べられるもの”が右肩上がりに増えるわけではないけれど

相変わらず「このお店のハンバーグはOK」「この冷凍からあげは食べられない」などの細かい指定があるコウです。

その上、ときには「最近これ食べられなくなった…」と”食べられない肉料理”が増えることもあったりするので、今のところはまだ「お肉を克服してよかったね」という感じではありません。
「江戸時代の人よりは食べてるんじゃないかな…?」と思いながらコウを見守る私
Upload By 丸山さとこ
「まぁ…肉を”薬食い”と言って食べていた時代の日本人よりは食べているだろう」くらいの長い目(?)で見ながら、今後もコウの食の変遷を見守っていきたいなと思います。
LITALICO発達ナビ無料会員は発達障害コラムが読み放題!
https://h-navi.jp/column
ワーキングメモリとは?生活に不可欠な役割、発達障害との関係、調べ方、対処法をご紹介!のタイトル画像

関連記事

ワーキングメモリとは?生活に不可欠な役割、発達障害との関係、調べ方、対処法をご紹介!

道草、宿題後回し、ゲームがやめられない…発達障害あるある30事例掲載!専門家が提唱「魔法の杖とアイテム」で解決する方法がわかる『家庭で育てる 発達が気になる子の実行機能』のタイトル画像

関連記事

道草、宿題後回し、ゲームがやめられない…発達障害あるある30事例掲載!専門家が提唱「魔法の杖とアイテム」で解決する方法がわかる『家庭で育てる 発達が気になる子の実行機能』

発達ナビPLUSバナー
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。

この記事に関するキーワード

あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

この記事を書いた人

丸山さとこ さんが書いた記事

並べる、オウム返し、パニックも「性格」だと思っていた――母も当事者ゆえ気づけなかった息子の発達障害のタイトル画像

並べる、オウム返し、パニックも「性格」だと思っていた――母も当事者ゆえ気づけなかった息子の発達障害

幼児期のコウは”発達障害あるある”とされる行動をよくしていましたが、私は「発達障害がある可能性によるもの」とは考えずに「そういう性格なんだ...
発達障害のこと
9562 view
2021/11/18 更新
衝動性の高いASD息子。「ついやっちゃった」に親はどこまで介入すべき?薬の調整以外でできることは?ーー児童精神科医 三木先生に聞いてみた!のタイトル画像

衝動性の高いASD息子。「ついやっちゃった」に親はどこまで介入すべき?薬の調整以外でできることは?ーー児童精神科医 三木先生に聞いてみた!

ASD・ADHDの息子コウは、理屈では理解していることでも「ついやっちゃった」「何となく」と衝動性で動いてしまうことがしばしばあります。 ...
発達障害のこと
8415 view
2021/11/04 更新
ASDコウ、小6にして気づいた「約束」の重み。信頼されないと約束することも叶わなくてのタイトル画像

ASDコウ、小6にして気づいた「約束」の重み。信頼されないと約束することも叶わなくて

ゲームが大好きな息子のコウは、日々攻略本を読み込み動画サイトを視聴し、熱心に新しい技を練習しています。「動画撮ったよ!」とコウが自分のゲー...
遊び・お出かけ
13216 view
2021/10/20 更新
放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。