自閉症息子がわずか半年で退園。特性は事前に伝えたけれど…私にできなかったあること

2021/04/23 更新
自閉症息子がわずか半年で退園。特性は事前に伝えたけれど…私にできなかったあることのタイトル画像

3歳10ヶ月の息子は今月から保育園に年少で入園しましたが、2020年の6月から11月まで幼稚園の満3歳児クラスに通っていました。入園生活での困りごとはズバリ、〝園側との意思の疎通の難しさ〟でした。
当時を振り返って書いてみたいと思います。

かさはらあやこさんのアイコン
かさはらあやこ
8062 View

満3歳児クラスに入園

医師に入園を促されていたが、幼稚園に通うことは難しいと感じていた
Upload By かさはらあやこ
息子を幼稚園の満3歳児クラスに入園させたのは、早く集団に入れたほうがいいと医師から促されたこと、地域に療育園が無く、集団に入るには幼稚園か保育園の二択だったこと、保育園の申し込みに落ちたことなどが理由でしたが、3歳前は本当に酷い夜驚が毎日続いており、乳児の世話もあったことでかなり疲弊していました。

今考えると 入園を促されたいちばんの理由は、私のレスパイトが目的だったのだろうと思います。私自身も、幼稚園と保育園、息子にとってどちらがいいのかなどを深く考えるより、自分が休めるならどちらでもいいという気持ちがあったと思います。

とはいえ

意思の疎通が全くできない
知的障害を伴う自閉症児を
満3歳で幼稚園に入園させる

ということは凄く難しいことでしたが、児童発達支援の先生達の協力もあり、幼稚園側が受け入れてくれたことで 晴れて入園することができました。

すっかり安心していたけれど…

息子の特性をまとめたものを入園前に提出し、「よし!これで完璧!!」と思っていたころ
Upload By かさはらあやこ
満3歳になった翌日の6月某日に入園し、11月に退園しました。
私が園側とのコミュニケーションに失敗したことが退園の理由です。

コロナ禍で面談などもなく、加配の有無さえわからぬままでしたが、入園前に息子の特性などをまとめたものを提出しました。

特性を一方的に伝えたことで満足し、相手には伝わっている、理解してくれていると思い込んでいたことや、入園後も息子が特に嫌がることなく、楽しそうに通っていたことで すっかり安心していました。

もちろんそのような状態でうまくいくはずもなく、小さな出来事がきっかけとなり、先生と意思の疎通がうまくいっていないことに気づきました。

これ以上迷惑をかけてはいけないという遠慮

小さな出来事が積み重なり、園と意思の疎通がうまくいっていないことに気づく
Upload By かさはらあやこ
感覚の過敏や鈍磨がある息子は、熱が39度以上あっても、ぐったりするようなこともなく平気で遊ぶため、なかなか気づいてあげることができません。

怪我をしても絆創膏をすぐ剥がしてしまうし、傷が気になって触ってしまい、悪化します。

虫刺されひとつでも掻きこわし、完治するまでに半年かかるような傷になってしまうし、それが原因で夜泣きをしたり、癇癪を起こしたりするので、風邪をひかないように、怪我をしないように、虫に刺されないように、目を離さず育ててきました。

「そうやって大切に、大切に育ててきました、だから、怪我をさせないようにしてください。
虫に刺されないように気をつけてください。絶対に目を離さないでください」

などと伝えることなどできるはずもなく、何かあるたびに小さなモヤモヤを抱えていきました。

息子は迎えに行くと泣いていることがよくありました。

帰りの会のとき、眠くなったりして椅子に座ることを拒み、姿勢を保つことができずに椅子からずり落ちて床に頭をぶつけて泣いてしまうのだと説明されました。

「集団生活なので特別扱いはできないのですみません」 と言われると、帰りの会で立たせておくことはできませんか? どうしても座らないといけませんか? と聞くことすらできませんでした。

障害がある息子を受け入れてくれた園に、手のかかる息子の世話をしてもらっている先生に、これ以上迷惑をかけてはいけないと遠慮し、息子の過ごしやすさを一緒に考えるという一番大切なことが全くできていませんでした。

同じ失敗を繰り返さないために

4月から新たに保育園に通い始めた息子。コミュニケーションをとり、すぐに相談できる関係性を築きたい
Upload By かさはらあやこ
小さな身体で、知らず知らずのうちにストレスを蓄積していた息子。

帰宅すると酷い癇癪を起こし、偏食は激しくなり、食べていたものをほとんど口にしなくなりました。

秋になり行事が増えたころ、砂を食べるようになったり他害をしたりするようになり、わたしは退園させることを決意しました。

些細な違和感やモヤモヤを最初からきちんと伝えていれば、息子のために諦めずに話し合っていれば、このような結果にはならなかったのではないかと思います。


息子は4月から保育園に通い始めましたが、今後、保育園でも同じような問題は起こると思います。

何か起こったとき、同じ失敗を繰り返さないために、普段から先生としっかりコミュニケーションをとり、どんな小さなことでもすぐに相談できるような関係を築き、息子のことを一番に考えて対処できるようにしたいと強く思っています。
LITALICO発達ナビ無料会員は発達障害コラムが読み放題!
https://h-navi.jp/column
登園渋り、トイレトレーニング、他害。先生への配慮の依頼は?「園生活の困りごと」体験談コラムまとめのタイトル画像

関連記事

登園渋り、トイレトレーニング、他害。先生への配慮の依頼は?「園生活の困りごと」体験談コラムまとめ

発達が気になる子どもの保育園や幼稚園での「加配制度」とは?障害児保育や小学校以降のサポートについても解説。児童発達支援や保育所等訪問まで【サポート情報まとめ】のタイトル画像

関連記事

発達が気になる子どもの保育園や幼稚園での「加配制度」とは?障害児保育や小学校以降のサポートについても解説。児童発達支援や保育所等訪問まで【サポート情報まとめ】

子どもの癇癪(かんしゃく)とは?原因、発達障害との関連、癇癪を起こす前の対策と対処法、相談先まとめのタイトル画像

関連記事

子どもの癇癪(かんしゃく)とは?原因、発達障害との関連、癇癪を起こす前の対策と対処法、相談先まとめ

発達ナビPLUSバナー
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。