小1発達障害娘の運動会練習、「朝礼台に注目」ができなくて。活躍したのは今回もアレだった!

2021/04/28 更新
小1発達障害娘の運動会練習、「朝礼台に注目」ができなくて。活躍したのは今回もアレだった!のタイトル画像

広汎性発達障害の娘は、現在小学5年生。
小学1年生のとき、初めての運動会の練習で、なかなか先生の声かけに反応できず、先生から注意をされることがありました。そんなとき、私が試したのは…

SAKURAさんのアイコン
SAKURA
10901 View

不安で始まった、運動会練習。

広汎性発達障害の娘は、現在小学5年生。これは、娘が小学1年生のときのお話です。

娘が小学校に入学後、初めての運動会の練習が始まりました。
私は、娘が無事、練習をこなせるか心配していました。

小学校の運動会は、人数も多く、ほかの学年との合同練習もあります。
幼稚園の運動会とは、雰囲気もやり方も違う練習…。
練習時間も長いので、娘がその時間、最後まで集中できるか不安だったのです。
運動会の練習にちゃんとついてけるか心配に思う母
Upload By SAKURA

ちゃんとやれてる?気になるけれど…

娘は、運動会の練習がある日、いつもひどく疲れた様子で帰宅していました。
ちゃんと指示は聞けている?動けている?
そのことが気になり、練習の様子を聞いてみるのですが、
運動会の練習について娘に聞いてみるも、「暑くて、疲れる!」という答え
Upload By SAKURA
「疲れた」「暑かった」というだけで、具体的な話がなかなか聞けません。
先生からの報告や電話も特になかったので、「きっと、きついけどきちんとやっているのだろう」と思っていました。

指示を聞けてなかった。

ある日、用事があって小学校に行った際、担任の先生にばったり会いました。
私は気になっていた、運動会の練習について、聞いてみることにしました。
担任の先生に会い、運動会の練習の様子について聞いてみると、朝礼台に注目でいていないことが分かる
Upload By SAKURA
娘は、「朝礼台に注目」という先生からの全体への指示に反応できず、一人、違う方向を向いてボーっとしているということでした。
耳で指示を聞きとることが苦手な娘ならではの、行動だと私は思いました。

なぜ見れない?

私は、帰宅後、早速娘に話を聞いてみることにしました。
朝礼台について理解しているか確認する母、娘はしっかり理解している
Upload By SAKURA
私は、娘が朝礼台の意味が分かっていないのかと思ったのですが、娘は朝礼台のことはわかっていました。

そうなると…
先生の指示は聞こえているが、すぐに忘れてしまうと言う娘
Upload By SAKURA
私は、娘が言葉だけの指示だけでは、長く指示を聞いていられないのかもしれないと思いました。
そこで、娘の脳内に指示のイメージが浮かびやすいよう、絵カードをつくることにしました。

絵カードは、直前に見せる!

私は、「朝礼台に注目」という言葉と、朝礼台に注目している人の絵を描きました。
母が描いた「朝礼台に注目」の絵カード
Upload By SAKURA
しかしこのとき、娘はまだ特別支援学級に在籍しておらず、担任の先生に絵カードを渡して見せてもらう…というのは、さすがに気が引けます。
娘一人のために、そんな対応を要求することは無理だと思いました。

でも…絵カードなら少しは効果があるかもしれない。
なんとかして活用できないか…。
そう考えた私は、毎朝、登校前に朝礼台の絵カードを見せることにしました。
絵カードを娘に見せる母
Upload By SAKURA
さらに、娘の体操服入れにその絵カードを入れ、娘が着替えるときに自然と目に入るようにしました。
着替えるときに見てくれたらと思い、体操服入れに絵カードを入れる母
Upload By SAKURA
これを数日繰り返したところ、
担任の先生から『朝礼台見られるようになりました』と言われるようになりました。

運動会当日に確認してみると…

そしてやってきた運動会当日。
本当に見られるようになっているのか、気になっていた私は、ドキドキしながら開会式を見守りました。
娘は「朝礼台に注目!」という掛け声で、朝礼台の方をさっと見ることができるようになっていました。
最初はビシッとしていたが、だんだんと目線がずれて下を向いてしまう娘
Upload By SAKURA
しかし、その集中力は、長く持ってはいませんでした。
目が少しずつずれていき、身体がふらふら。
最終的には、完全に目が下に向いていました。

話している先生を最後まで見ることはできませんでしたが、最初の掛け声に対しては、さっと反応できている姿を見て、絵カードは、役に立ったと実感しました。
暑い中で先生の話を聞いている間、ずっと目線をそらさず、じっと立っているというのは、(私も経験がありますが)難しいもの。
今、それを求める必要はないと感じました。

現在小学5年生になった娘。
去年(4年生)の運動会では、「朝礼台に注目」の声かけにも難なく反応できるようになっていて、先生を見ていられる時間も以前より増えました。

最近では、成長からか本人が絵カードを「いらない」と拒否するようになり、絵カードの活躍する場がほとんどなくなりましたが、これまで絵カードにはたくさん助けられました。
絵カードを見てくれるうちに、たくさん活用できてよかったと感じています。

発達の専門家に個別相談できる↓

発達ナビPLUS
Upload By SAKURA

このコラムをかいた人の著書

うちの子、個性の塊です
SAKURA (著)
すばる舎
うちの子、個性の塊です
SAKURA (著)
すばる舎
集団行動についていけない娘を助けたのは…?発達障害の娘に持たせた手づくりアイテムのタイトル画像

関連記事

集団行動についていけない娘を助けたのは…?発達障害の娘に持たせた手づくりアイテム

発達障害とは?発達障害の分類・症状・特徴・診断方法はどのようなもの?のタイトル画像

関連記事

発達障害とは?発達障害の分類・症状・特徴・診断方法はどのようなもの?

発達ナビPLUSバナー
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。

この記事に関するキーワード

あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。