発達凸凹次男の習い事。やる気はあるけど…ADHDの特性を考慮した先生の判断に胸がチクリ

2021/06/14 更新
発達凸凹次男の習い事。やる気はあるけど…ADHDの特性を考慮した先生の判断に胸がチクリのタイトル画像

子どもの「やりたい!」という意欲にできるだけ寄り添いたいと思うのが親心。しかし、発達凸凹のある子どもは新しい環境への負担が大きいため、本人が「やりたい!」と思う機会が少なかったり、挑戦する意志があっても他者と共存する上で難しいと感じることがあります。
わが家の発達凸凹次男も、習い事でそのような場面を経験しました。

スガカズさんのアイコン
スガカズ
12678 View

「どうせできっこない」「お母さんが決めて」と言っていた次男が自分から「やりたい!」と言い出して…

器械体操のクラスにあがりたい!という次男
Upload By スガカズ
ADHDのある次男は5歳のころから体操教室に通って今年で6年目です。
そんな次男が5ヶ月前急に『通常クラスから器械体操のクラスに上がりたい』と言い出しました。
どうやら小学校のクラスメイトで、バク転バク宙ができるお友達がおり、「かっこいい!自分もできるようになりたい!」と思ったのがきっかけのようです。

もともと新しいことに挑戦するのが苦手で、「少しハードルが高い」と感じたときに、「どうせできっこない」「面倒くさい」などの言葉が出やすい次男。
自己肯定感が低くて納得できないことはやりたがらないのです。
(最近は、「お母さんが決めて」という場合もあるので、成長を感じるのですが)
そんな次男が自分から「やりたい」と言い出したものですから、私は飛び上がるくらいうれしくて体操教室の先生に相談しました。
先生方は「次男くんが『やりたい』と思う気持ちが一番大事です」と了承してくれました。

「もっと体操の時間を増やしたい!」でも先生に言われた言葉は…?

器械体操のクラスに上がることができた次男
Upload By スガカズ
念願だった器械体操のクラスに上がることができた次男。
器械体操の一番下のクラスなので、チームワークは重要ではないものの、難しい技に挑戦します。
周りは次男よりできる子たちばかりです。最初のうちは新しい環境に緊張していましたし、トレーニング内容や先生の指示も今までと違うこともあり、戸惑っていましたが段々と慣れてきました。
2ヶ月ほど経ったころに、本人が「もっとがんばりたいから体操の時間を増やしたい」と言いました。
しかし、本人の希望を伝えたところ、先生に断られました。
先生の指摘に「確かに…!」
Upload By スガカズ
先生から「与えられた時間をしっかりこなすことが重要」と言われる
Upload By スガカズ
断られた際に、私はハッとしました。
子どものやりたい気持ちを尊重したいあまり、次男の希望を叶えることのデメリットまで目を向けられていなかったのです。

子どもの『やる気』を大切にしていくために

次男は運動神経は悪くないものの、感覚統合がうまくいっていないようなところもあります。
たとえば同じ姿勢を保つことが難しかったり、物にぶつかりやすいことなどがあります。
また、トレーニング中に痛みを伴ったり予想していなかったことが起こると「失敗体験」と受け取り落ち込み、別の場所で休憩することが多くあります。

そういった結果に対して今まで他者から指摘されたことはありませんでしたが、もしかすると「あの子はいつも休んでばかりだなぁ」と思われていたのかもしれません。

例え次男が「もっと体操の時間を増やしたい」と今思っていたとしても、ADHDの特性から、ほかの子の練習時間やモチベーションに影響したり、当の本人がやる気を失ってしまうのであれば体操の時間を増やすのは得策ではなく、まずは与えられた時間を続けていくのが大事だと理解しました。
わかってくれたが残念そうな次男
Upload By スガカズ
本人のやる気を尊重したいのはやまやまですが、希望を叶えてあげられないことは親としては心苦しく、胸がチクリと痛みました。

次男は理解してくれましたが、とても残念そうにしていました。

現在もほかの子と比べると足を痛めるなどして休憩する時間は多いです。
その様子を見るたびに、静かに見守りたい気持ちと、他者への影響を心配する気持ちの間で揺れる自分がいます。

月に一度、休みの日に大型トランポリンのあるスポーツジムに家族で向かうようにしています。(予約制なので人は多くありません)
次男だけでなく、他のきょうだいたちも楽しそうに遊んでいます。
体操の時間は増やせないですが、プライベートでトレーニングの時間をつくれればいいなと思っています。
LITALICO発達ナビ無料会員は発達障害コラムが読み放題!
https://h-navi.jp/column
担任は?友達との相性は…クラス替えは試練!?ADHD次男に必要な「合理的配慮」のタイトル画像

関連記事

担任は?友達との相性は…クラス替えは試練!?ADHD次男に必要な「合理的配慮」

【ADHD(注意欠如・多動性障害)】0歳から成人期まで、年齢別の特徴や症状の現れ方を解説しますのタイトル画像

関連記事

【ADHD(注意欠如・多動性障害)】0歳から成人期まで、年齢別の特徴や症状の現れ方を解説します

発達ナビPLUSバナー
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

この記事を書いた人

スガカズ さんが書いた記事

3日間行方不明!150キロ先で補導。「親なきあと」を考え施設入所を検討し始めた、重度自閉症の兄の脱走事件のタイトル画像

3日間行方不明!150キロ先で補導。「親なきあと」を考え施設入所を検討し始めた、重度自閉症の兄の脱走事件

私の兄は重度の自閉症と知的障害があります。私は子どものころ実家で兄と一緒に生活していましたが、現在兄は障害者支援施設に入居しており、お互い...
自分と家族のこと
31451 view
2021/10/26 更新
小5ADHD息子への障害告知のタイミング。障害は「周りに受容してもらう」ものではない?――児童精神科医 三木先生に聞いてみた!のタイトル画像

小5ADHD息子への障害告知のタイミング。障害は「周りに受容してもらう」ものではない?――児童精神科医 三木先生に聞いてみた!

わが家の小5の次男はADHDがあり、通常学級に在籍しています。そろそろ障害告知をする時期が近づいていそうなのですが、次男が自分の障害につい...
進学・学校生活
18560 view
2021/10/11 更新
私の兄は重度自閉症。子ども時代に見た大人に自分も…?きょうだい児、そして妻・母として感じた「ショック」な感情のタイトル画像

私の兄は重度自閉症。子ども時代に見た大人に自分も…?きょうだい児、そして妻・母として感じた「ショック」な感情

私の7歳上の兄には重度の自閉症と知的障害があります。きょうだい児として育った私は子どものころから、兄の障害を当たり前の存在として受け入れて...
自分と家族のこと
39262 view
2021/09/25 更新
放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。