おうち療育の指南本、障害がある子どもにこそ活用したいipadガイドブック、クイズ形式で地理が学べるコグトレ・パズル、障害児育児で悩んだら読みたい本など注目の5冊がずらり

2021/09/12 更新
おうち療育の指南本、障害がある子どもにこそ活用したいipadガイドブック、クイズ形式で地理が学べるコグトレ・パズル、障害児育児で悩んだら読みたい本など注目の5冊がずらりのタイトル画像

9月の新刊紹介コラムは、発達障害のある子どものコミュニケーションを育む「おうち療育」を提案する本、iPadを子どもの成長のために使いこなすためのガイドブック、都道府県を学びながら学習の土台を育めるパズルの本、自閉症のある画家が世界に羽ばたくまでの夫婦の子育てを記録した本、子育ての悩みがある人の心を軽くしてくれる本の計5冊をご紹介します。

発達ナビBOOKガイドさんのアイコン
発達ナビBOOKガイド
1543 View

子どものコミュニケーションでの不安を解消するヒントがたくさんーー『発達障害がある子の会話力がぐんぐん伸びる おうち療育をはじめよう!』

発達障害がある子の会話力がぐんぐん伸びる  おうち療育をはじめよう!
柳下 記子 (著), 野波 ツナ (著)
講談社
発達障害がある子の会話力がぐんぐん伸びる  おうち療育をはじめよう!
柳下 記子 (著), 野波 ツナ (著)
講談社
発達障害のある子どもを育てる中で、コミュニケーションについて不安を感じることはありませんか。コミュニケーションの力を育むための療育の必要性を感じているという方、すでに療育を受けているけれど月に数回だけ…と悩んでいる方もいるかもしれません。

療育はどこかに通わなければできないのでしょうか。この本では、自宅で「話す力」「聞く力」を育てるための「おうち療育」を提案しています。

著者の柳下記子さんは、20年以上発達支援を行ってきました。その実践から見つけた子どもに伝わるコミュニケーションの力を育むアプローチを、この一冊にまとめました。

子どもを上手に誘うコツから、相手の「気持ち」を理解できるまでを9つのステップで丁寧に紹介。おうちだからこそ、親子だからこそ、できる日常生活の中での療育の機会や、その見つけ方など、子どものコミュニケーションの力を伸ばす方法をマンガで読みやすく紹介しています。巻末には付録としてすぐに使える13種類の視覚支援のツール見本つき。
親子のコミュニケーションがより充実するための方法が分かる一冊、子育てをする全ての方におすすめです。
親子で自然に学ぶには?発達障害がある子の「気持ちの表現」を育む参考書にーー視覚支援ツール見本付き『おうち療育をはじめよう!』著者インタビューものタイトル画像

関連記事

親子で自然に学ぶには?発達障害がある子の「気持ちの表現」を育む参考書にーー視覚支援ツール見本付き『おうち療育をはじめよう!』著者インタビューも

iPadを子どもの成長のために使いこなすためのガイドブックーー『今日から使える!特別支援 iPad活用法』

今日から使える!特別支援iPad活用法: 見える・わかる・できる・使える111のアイデア
内田義人 (著), 加藤悦子 (著), 佐藤里美 (著), 青木高光 (監修)
合同出版
今日から使える!特別支援iPad活用法: 見える・わかる・できる・使える111のアイデア
内田義人 (著), 加藤悦子 (著), 佐藤里美 (著), 青木高光 (監修)
合同出版
GIGAスクール構想が動き出し、全国の小中学校でタブレットが一人1台使えるようになってきました。
この本は、特別支援学校でいち早く、2012年からiPadを活用し始めていた内田義人さんが執筆。iPadの基本から具体的な指導での活用法まで4つのパートで紹介しています。

さまざまあるiPadの選び方からはじまり、設定についても丁寧に解説しているため、デジタル用語が苦手な方にも安心です。
学校などの指導者向けに書かれている本ですが、家庭でも活用できるノウハウがいっぱい。iPadを活用した学習方法が知りたいみなさんにおすすめの一冊です。
特別支援教育こそ、iPadが活かせる!小学校教諭の著者が語る実践例やポイントとは?『今日から使える!特別支援 iPad活用法』のタイトル画像

関連記事

特別支援教育こそ、iPadが活かせる!小学校教諭の著者が語る実践例やポイントとは?『今日から使える!特別支援 iPad活用法』

旅行気分で楽しもう! ーー『都道府県がスイスイわかる! るるぶ日本一周コグトレ・パズル』

都道府県がスイスイわかる! るるぶ日本一周コグトレ・パズル
宮口 幸治 (著)
JTBパブリッシング
都道府県がスイスイわかる! るるぶ日本一周コグトレ・パズル
宮口 幸治 (著)
JTBパブリッシング
旅行ガイドブックでおなじみの「るるぶ」がつくった、日本一周旅行の気分を味わいながら、パズルを楽しめる一冊。各地の特徴や、有名な場所、名産品など知ることができるだけでなく、全ての都道府県をテーマにしたパズルを掲載しています。

タイトルにある「コグトレ」とは、認知機能を向上させるトレーニングのこと。ベストセラー「ケーキの切れない非行少年たち」の著者でもあり、児童精神科医・医学博士の宮口幸治さんが考案しました。子どもたちの認知機能は、「学習の土台」と言われています。

「注意」「記憶」「言語理解」「知覚」「推論・判断」などの「学習の土台」を育みながら、旅行した気分で都道府県について学びましょう。親子で会話しながら楽しむこともできます。パズルが楽しい6歳くらいから、社会の授業で都道府県学習がある小学4年生にも。小学生くらいのお子さんに特におすすめの一冊です。
計算・漢字・板書...できないことの練習で困っている子どもたちに。楽しみながら認知機能を育める『コグトレ』で、学習の土台づくりを――児童精神科医・宮口幸治のタイトル画像

関連記事

計算・漢字・板書...できないことの練習で困っている子どもたちに。楽しみながら認知機能を育める『コグトレ』で、学習の土台づくりを――児童精神科医・宮口幸治

「療育」が花開いた感動の物語ーー『自閉症の画家が世界に羽ばたくまで 亡き母の想いを受け継いだ苦悩の子育て』

自閉症の画家が世界に羽ばたくまで
石村 和徳 (著), 石村 有希子 (著), 石村 嘉成 (著)
扶桑社
自閉症の画家が世界に羽ばたくまで
石村 和徳 (著), 石村 有希子 (著), 石村 嘉成 (著)
扶桑社
画家の石村嘉成さんは、高校生のときに創作活動をはじめ、2013年にフランスの美術展で版画作品が優秀賞に輝いたのきっかけに活躍しています。数々の作品には動物や虫などの生き生きとした姿が描かれています。各地で個展が開かれる度に、その生命力に満ちた作品を一目観ようとたくさんの人が訪れます。

自閉症のある男の子が「療育」に出合い、世界に認められる画家となるまでの道は、決して平坦ではありませんでした。
2歳で自閉症の診断を受けた嘉成さん。両親の石村和徳さんと有希子さんは、「暴れる、泣きわめく、発語がない」息子の子育てに、迷いながら、悩みながら向き合ってきました。しかし、嘉成さんが11歳のころ、母の有希子さんが病気のため他界。父の和徳さんはシングルファーザーとして、有希子さんの想いも受け継ぎ、嘉成さんの「療育」に取り組みます。そして、やがて嘉成さんの画家としての才能が開花するのです。

この本は、嘉成さんの成長の物語であり、彼の両親である石村和徳さん有希子さん夫婦の25年にわたる子育ての記録です。本の中に数多く掲載されている、母の有希子さんによる療育日記からは、さまざまなヒントも得られるでしょう。
発達障害のあるお子さんを育てる方だけでなく、子育てに悩むすべてのみなさんにおすすめの一冊です。

子育てが苦しいと思ったときに読んでほしいーー『発達障害の子どもを育てる親が楽になる 子育ての「呪い」が解ける魔法の言葉』

子育ての「呪い」が解ける魔法の言葉──発達障害の子どもを育てる親が楽になる
浅野 みや (著)
自由国民社
子育ての「呪い」が解ける魔法の言葉──発達障害の子どもを育てる親が楽になる
浅野 みや (著)
自由国民社
子育てしている中で、ふと言われる言葉や、潜在的に自分でも当たり前だと思っている言葉。その言葉から「こうしなくちゃいけない」「こうすべき」と思ってしまうことで、自分を責め、子育てに自信をなくしていく保護者も少なくありません。
この本では、子育てする人を縛って悩ませる言葉の例を一つひとつピックアップし、その縛りを解く言葉と発想の転換のコツを紹介しています。

著者の浅野みやさんは、発達障害専門のコーチとして15年以上2000人を超える障害のある子どもと保護者に向き合ってきました。
その浅野さんはコーチとして活躍する以前は、教員として約10年間特別支援学校に勤務。結婚を機に退職し、その後、出産・育児をする中で育児ノイローゼの状態に。そのときにコーチングに出合い救われたという自身の経験があります。
たくさんの子どもたちや保護者と関わり、苦しい状況を乗り越えた経験をもつ浅野さんならでは言葉に、きっと心が軽くなり「今の自分で大丈夫」と思えるでしょう。

発達障害のある子やグレーゾーンの子どもを育てる保護者だけでなく、子育てをする全ての方におすすめの一冊です。
LITALICO発達ナビ無料会員は発達障害コラムが読み放題!
https://h-navi.jp/column
生まれた妹も自閉症?1歳で療育センターに連れて行くとのタイトル画像

関連記事

生まれた妹も自閉症?1歳で療育センターに連れて行くと

癇癪を起こす息子に「子どものころの自分」が嫉妬…発達障害育児、家出をするほど追い詰められたら――児童精神科医 三木先生に聞いてみた!のタイトル画像

関連記事

癇癪を起こす息子に「子どものころの自分」が嫉妬…発達障害育児、家出をするほど追い詰められたら――児童精神科医 三木先生に聞いてみた!

ADHDかもと感じたら。相談できることや専門機関の特徴も紹介ーーマンガでまなぶ子どものADHDのタイトル画像

関連記事

ADHDかもと感じたら。相談できることや専門機関の特徴も紹介ーーマンガでまなぶ子どものADHD

発達ナビPLUSバナー
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

この記事を書いた人

発達ナビBOOKガイド さんが書いた記事

特別支援教育こそ、iPadが活かせる!小学校教諭の著者が語る実践例やポイントとは?『今日から使える!特別支援 iPad活用法』のタイトル画像

特別支援教育こそ、iPadが活かせる!小学校教諭の著者が語る実践例やポイントとは?『今日から使える!特別支援 iPad活用法』

GIGAスクール構想がスタートして、全国の小中学校でタブレットが一人1台使えるようになってきました。学習だけでなく、課外活動や生活の面でも...
学習・運動
5050 view
2021/09/02 更新
子どものSOS、気づいてますか?新学期に備えて読みたい子どもとの関わり方を考える本、食の多様性について学べる絵本、算数障害のある子への学習ドリルなど新刊4冊をご紹介!のタイトル画像

子どものSOS、気づいてますか?新学期に備えて読みたい子どもとの関わり方を考える本、食の多様性について学べる絵本、算数障害のある子への学習ドリルなど新刊4冊をご紹介!

8月の新刊紹介コラムは、不登校当事者と保護者への取材から得たノウハウをまとめた「不登校新聞」編集長の著書、学校生活で困っている子どもの小さ...
発達障害のこと
1137 view
2021/08/29 更新
親子で自然に学ぶには?発達障害がある子の「気持ちの表現」を育む参考書にーー視覚支援ツール見本付き『おうち療育をはじめよう!』著者インタビューものタイトル画像

親子で自然に学ぶには?発達障害がある子の「気持ちの表現」を育む参考書にーー視覚支援ツール見本付き『おうち療育をはじめよう!』著者インタビューも

「療育」というと、どこかに通うというイメージがありますが、「おうちで」できることから始めようと提案しているのが、『発達障害がある子の会話力...
発語・コミュニケーション
6054 view
2021/08/27 更新
放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。