院志望のASD大学生息子、いきなり就活開始!?その驚きのワケとは

ライター:寺島ヒロ

でこぼこ兄妹のお兄ちゃん、タケルも今年大学3年生になりました。大学3年生の夏ともなると、そろそろ周囲は就職活動を終え、内定が出る人もちらほら。それを見てタケルもソワソワし始めたようで…。

監修者井上雅彦のアイコン
監修: 井上雅彦
鳥取大学 大学院 医学系研究科 臨床心理学講座 教授
LITALICO研究所 客員研究員
応用行動分析学をベースにエビデンスに基づく臨床心理学を目指し活動。対象は主に自閉症や発達障害のある人たちとその家族で、支援のための様々なプログラムを開発している。

ASD息子、大学3年生に

わが家のASD息子、タケルも大学3年生。大学院への進学を希望しています。周りでは、そろそろ企業の内定をもらったという人も出てきました。
ネットで就活している人の様子を見てそわそわするタケル
Upload By 寺島ヒロ
学部卒業した後、就職する人と進学する人のルートモデル
Upload By 寺島ヒロ

いきなり就職活動を始めたタケル!でも、どうして?

ところが、夏休みの少し前、タケルが酒造メーカーの会社説明会のパンフレットを読んでいるのを見つけました。ふと見ると、ほかにも10冊近い会社案内の冊子を持っているではありませんか。

「あれ?会社説明会に行ったの? 4年で卒業して就職するつもり?」と聞くと、「いえ、進学します」とのこと。
 
私「一応、就職先も確保しとこうってこと? お酒づくりに興味あったの?」
タケル「醸造に興味はあります。説明会で話を聞いて理解が深まりました」
私「その会社を受けてみるつもり?」
タケル「受けても良いかなって思ってる」
私「でも進学するんじゃないの?」
タケル「進学はします」
私「???」

何だか話がかみ合わない…。

あれこれ聞いて、どうやら「3年生になったら就活をするもの」「院に行くことを考えるのは納得のいく内定がもらえなかったとき、夏ごろに考えればいい」と言っている誰かの話を聞きかじって、自分なりに解釈していることが分かりました。
 
大学院に進学する場合でも、就職活動は学部生3年生のうちにするものだと思っていたんですね。内定をもらったまま6年間も出社しないつもりだったんでしょうか。
 
「え? 進学する人は就活しなくていいの? 3年生になったら就活をするもんだ、と聞いていたが!」と驚いていました。
「ぜひご参加ください」と書いてあったので、文字通り受け取り会社説明会に出席していたタケル
Upload By 寺島ヒロ
次ページ「「お勉強」はできても、年相応の知識がないことも…」




同じキーワードでコラムを探す



放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。