グレーゾーンの息子、「集中がもたない」「誰にでも話しかけちゃう」。ママ友に悩みをうち明けたらうらやましがられて…!?

ライター:keiko

しのくんは現在4歳の、発達障害グレーゾーンの男の子です。
今回は、ある日公園で出会ったママとの会話がきっかけで定型発達かそうでないのかの境界線が難しく、「グレーゾーン」について考えさせられたお話です。

監修者井上雅彦のアイコン
監修: 井上雅彦
鳥取大学 大学院 医学系研究科 臨床心理学講座 教授
LITALICO研究所 客員研究員
応用行動分析学をベースにエビデンスに基づく臨床心理学を目指し活動。対象は主に自閉症や発達障害のある人たちとその家族で、支援のための様々なプログラムを開発している。

私が気になるしのくんの行動

しのくんは現在4歳の、発達障害グレーゾーンの男の子です。

今回は、ある日公園で出会ったママとの会話がきっかけで定型発達かそうでないのかの境界線が難しく、「グレーゾーン」について考えさせられたお話です。
2歳まで意味のある発語がなく、集団行動が苦手だったしのくん。そんなしのくんも4歳になって、ある程度しゃべることができるようになり、集団行動も少しずつですが慣れてきました。

そうすると、次に気になるところが二つでてきました。
一つ目は、「集中力は1時間が限界」
集中力はもって1時間が限界で、それを過ぎると言うことを聞いてくれなくなる。

二つ目は、「人見知りがなく誰にでも話しかける」です。
例えば、水族館に行くと隣の知らない人に声をかけたり、公園では誰彼構わず「おはよー」「それ何ー?」などと声をかけに行きます。
知らない人にも構わずに声をかける発達障害グレーゾーンの4歳の息子と慌てる母の様子
Upload By keiko
この二つの行動に困っていました…。そして私は、これはきっとしのくんがグレーゾーンだからだと思っていたのです。

公園で出会ったママとの会話

ある日家の近くの公園で、しのくんと年齢の近い女の子のママと出会いました。

そのママとの会話が弾み、しのくんが療育へ通っていることなどを話し、最近悩んでいた「集中力は1時間が限界」のことや、「人見知りがなく誰にでも話かける」ことを打ち明けました。

すると…
公園でママ友に「集中力が続かない」「誰にでも話しかけてしまう」という発達障害グレーゾーンの息子の悩みを打ち明けると、「うらやましい」と言われ…
Upload By keiko
そのママから、「うちもそうです」とか「うらやましい」など、思いがけない返事が返ってきたのです。私はとても驚きました!

グレーゾーンとは?

発達障害グレーゾーンの息子と遊ぶお友達の様子を眺めながらグレーゾーンとは何なのか疑問に思う母
Upload By keiko
公園で出会ったママとしゃべって、「グレーゾーンとは?」という疑問だけが残りました。

白黒はっきりしてないからグレーゾーンなんでしょうね。できるちゃあできるし、できないっちゃあできない…

ほかにもこんなことがありました。
次ページ「ルールを守ってお友達と遊ぶことができない?」


バナー画像


年齢別でコラムを探す


同じキーワードでコラムを探す



放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。