発達障害がある子どもが作業療法(OT)を受けるときのコツは?専門家への相談方法、適切な頻度は?【日本作業療法士協会会長にきく】

ライター:専門家インタビュー

発達ナビでは、作業療法に関する「みんなのアンケート」を行いました。ご回答いただいたみなさん、ありがとうございました!
お寄せいただいたコメントを参考にしながら、作業療法士(OT)の方に相談する際のポイントや、作業療法を行う際のお子さんのモチベーションアップのコツ、作業療法を受ける理想的な頻度などについて、日本作業療法士協会の中村春基会長に教えていただきました。

Q.作業療法士(OT)の方に、どのように子どもの困りごとを相談すれば良いでしょうか?

A:お子さんの具体的なエピソードを教えていただけると、作業療法士はアドバイスしやすいです。

家庭だけでなく、学校や習い事、放課後のお友達づきあいなど、どんなことでも相談してください。その際、具体的なエピソードがあると、作業療法士が手立てを考える手がかりとなります。

「先生はこう言っていた」「私たち親はこう考えている」「本人はこんな風に考えている(言っている)」と、それぞれの立場での解釈、エピソードがあると理解が深まり、適切なアドバイスがしやすくなります。
日本作業療法士協会 中村春基会長
Upload By 専門家インタビュー

Q.子どもが前向きに作業療法に取り組むために、内容や進め方で大切なことはなんでしょうか?

A:スモールステップで取り組んでいくことが大切です。

作業療法の本質的な関わりは「モチベーションアップ」です。作業療法では、本人が楽しめる遊び、取り組みやすい課題の形でプログラムを提供します。だからこそ、子どもたちには「やってみたい!」という思いが芽生えるのです。

誰でも、できないことを何度もくり返しやらされるのは苦痛ですね。その子が好きなこと、得意なこと、反対に嫌いなこと、苦手なことなど、一人ひとりの背景をしっかり理解したうえで、できることからスモールステップを組んでいくことが大切です。ご家庭でも、スモールステップを意識した関わりや声がけをしてみてください。
日本作業療法士協会 中村春基会長
Upload By 専門家インタビュー

Q.作業療法は、どのくらいの頻度で受けると良いですか?予約が取りにくく、数ヶ月に1度程度しか受けられていません。

A:頻度・回数は大切です。ただ、頻繁に通えないときこそ作業療法士と連携を!

器用さを向上させる訓練などでは、やはりある程度の回数を受けることは大切です。例えば、筋力をアップするには、週に3回くらいの頻度で作業療法を受けることが理想とされています。

ただ、家庭や通っている施設の状況によっては、頻繁に通えないこともありますよね。そんなときは、次の通所までの目標を作業療法士と決めておき、ご家庭でできることにトライしていくことが大事になります。作業療法士と方向性を共有し、「おうちOT」を進めていきましょう。
日本作業療法士協会 中村春基会長
Upload By 専門家インタビュー
次ページ「Q.複数の専門家に支援いただくと、どのような良いことがありますか。」


バナー画像


年齢別でコラムを探す


同じキーワードでコラムを探す



放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。