自閉症を体験できる?阪大と東大が開発中の「自閉症知覚シミュレータ」がすごい

自閉症を体験できる?阪大と東大が開発中の「自閉症知覚シミュレータ」がすごいのタイトル画像

これまで自閉スペクトラム症は社会的能力の問題と考えられてきましたが、最新の研究で、自閉症スペクトラム症の人は独特の見え方・聴こえ方をしていることが原因で社会的能力に問題が出てきているのではないかと考えられるようになってきました。今回はこのシュミレータを体験し、自閉症の息子が見ているであろう世界をのぞいてきました。そこから見えてきた息子の困難とは・・・

E66d35a623d670f416f6080f849b834be5e04d17 l
72693 View

自閉症の知覚体験シミュレータ

皆さんは、この名前を聞いたことはありますか?

大阪大学と東京大学が開発を行っているシミュレータです。
ヘッドセットを装着することで、自閉スペクトラム症の方々に世界がどう見ているかを体験できるものです。
自閉症を体験できる?阪大と東大が開発中の「自閉症知覚シミュレータ」がすごいの画像1
認知ミラーリング CREST PROJECT
Upload By GreenDays
自閉症を体験できる?阪大と東大が開発中の「自閉症知覚シミュレータ」がすごいの画像2
認知ミラーリング CREST PROJECT
Upload By GreenDays
自閉症の困りごとの一つに、「コミュニケーションが苦手」という社会性の問題があります。それは、定型発達の方からすると理解しがたい行動に出ることもしばしば。
その行動や問題の根底には「どのように見て、どのように感じるか」という感覚の違いがあり、その差を理解することで周囲の理解が深まり、支援の幅も広がっていくのでは、という視点で研究が進められているそうです。

今回はこの自閉症知覚シミュレータを体験してきました。あわせてこのシュミレータの開発を行っている、情報通信研究機構 脳情報通信融合研究センター(2017年4月30日まで 大阪大学大学院工学研究科・特任准教授)の長井志江先生と、東京大学先端科学技術研究センターの熊谷晋一郎先生のコメントを紹介します。

実際に、息子の見る世界を体験してみた

5歳の息子は人混みが苦手で電車もショッピングモールもダメ。
それでも私は「もう少し大きくなって場に慣れれば平気になるのでは」と考えていました。

ところが、開発している大阪大学特任准教授・長井志江先生の講演でこのシミュレータを体験してからは、それは大きな間違いだったと反省しています。
白くまぶしい世界、色のないぼんやりした世界、ノイズが飛び交う世界に「慣れれば大丈夫」だなんて、とても言えません。

(1)まぶしい世界

自閉症を体験できる?阪大と東大が開発中の「自閉症知覚シミュレータ」がすごいの画像3
認知ミラーリング CREST PROJECT
Upload By GreenDays
左側が元の画像、右側が自閉症スペクトラム症の人の見え方を表している画像です。

輝度によるコントラストの強調・高輝度化、と言うそうですが、私たちが雪山に降り立つと周囲が白くてまぶしい、と感じることがありますよね。

そういった状態が、日常生活でも起こる人もいるのだそうです。
騒々しい場所や往来の激しい場所など、周囲の環境によって視覚に変化が起こるそうです。

この視覚変化が起こると、表情の判別どころか目の前にいる人が誰なのかもわからなってしまうと知りました。

園や学校で視覚変化が起こったら、授業を受けるのも人間関係を築くのも、とても難しいことだと感じました。

(2)色のない世界

自閉症を体験できる?阪大と東大が開発中の「自閉症知覚シミュレータ」がすごいの画像4
認知ミラーリング CREST PROJECT
Upload By GreenDays
自閉症スペクトラムの人の中は、騒音を耳にしたり早い速度で動くものを見たときにも視覚変化が起こり、色が無くなり白黒に見える無彩色化が起こったり、ぼやけて見える不鮮明化と呼ばれる状態になる人もいるのだそうです。

その例として電車がホームに到着する映像をみましたが、電車がこちらへ向かって、目の前を通り過ぎる際に、色が消え白黒の世界になります。そして、視界はぼんやりとするのです。

これでは乗車する電車の情報を得ることは難しく、スムーズに乗り換えができるとは思えません。

(3)ノイズのある世界

自閉症を体験できる?阪大と東大が開発中の「自閉症知覚シミュレータ」がすごいの画像5
認知ミラーリング CREST PROJECT
Upload By GreenDays
自閉症スペクトラムの人の中は、視野全体に砂嵐状のノイズが入ることがある人もいるそうです。
この状態になる方はあまり多くないそうですが、片頭痛患者にも類似した症状が出るそうで、片頭痛持ちの私はこれをよく経験します。

チカチカとした砂嵐状のノイズのせいで、とても目を開けて普通に過ごせる状態ではありません。

周囲の環境によって、この砂嵐が出てくるのだと思うと、積極的に外出する気にはなれないと感じました。

「大丈夫だよ」ではない対処法を

特定の交差点に差し掛かると必ず「まぶしい」と怖がり抱っこを要求する息子。

彼に必要なのは「大丈夫だよ」という言葉かけではなく、帽子を目深にかぶらせて目から入る情報を減らし、耳を塞いで刺激を遮断してあげることだったのです。

このシミュレータを利用した体験は、私にとってとても大きな気づきになりました。
自閉症の息子は、私たちが体験したことのない、とても過ごしにくい世界にいたのです。

彼の見えている世界を少し体験したからといって、全ての困りごとを解消してあげられるわけではありませんが、少しでも理由がわかるとサポートの方法も変わってくるものです。

みなさんも、もし知覚体験シミュレータを利用できる機会があればぜひ体験してみてはいかがでしょうか。

ASD視覚体験シミュレータ 開発者のコメント

情報通信研究機構 脳情報通信融合研究センターの長井志江先生

「発達障害者の認知メカニズムの解明とそれに基づく支援設計」

従来の発達障害者に対する支援や療育は、第三者の視点から社会的能力の困難さに着目して設計されてきました。しかし、発達障害者の抱える困難さが社会性のレベルだけではなく、それ以前の知覚や運動、そしてそれらと環境の相互作用によって生じうることが、近年の当事者研究によって指摘されています。

ASD視覚体験シミュレータは、ASD者の視覚過敏や鈍麻がどのような環境要因(動きや音など)によって誘発され、それが常同行動や他者とのコミュニケーションの難しさなどの社会性の問題に結びつくのかを、第一人称視点から理解し共有することを可能にします。

特に、画像・音声処理技術を駆使した計算論的アプローチによって、発達障害者の非定型性を生み出す認知・神経メカニズムを明らかにし、それに基づいた当事者視点からの支援を実現します。

本シミュレータを通して発達障害の特性を個人に帰属するものと社会環境に帰属するものとに分類することで、真に役立つ支援と合理的配慮の設計に貢献します。

東京大学先端科学技術研究センター 熊谷晋一郎先生

「見えにくい障害にとってのバリアフリーな社会を目指して」

多数派と、ものの見え方、聞こえ方などの認知スタイルが異なる少数派は、生活の様々な場面で、「なぜ自分は他の人と同じように感じたり、行動したりできないのだろう」と、違和感をもつことがしばしばあります。

しかし、こうした認知的な違いは、周囲からは気づかれにくいものです。そして周囲から気づかれにくい差異は、たいていの場合、自分も気づきにくいのです。

理由もわからず、周囲と同じようにできないとき、「自分の努力不足なのだろうか」「自分がおかしいのだろうか」など、あいまいに自分を責める状況になりかねません。

差異が具体的に捉えにくい場合、社会に対してニーズを主張しようにも、うまく伝えられないという場合もあります。

そうした、気づかれにくい認知的な個性を、認知発達ロボティクスや当事者研究、計算論的神経科学の協働によって可視化し、自己理解と社会的共有を支援しようというのが、ASD視覚体験シミュレータの開発の目的です。

ASD視覚体験シミュレータ

自閉症スペクトラム障害とは?年代別の特徴や診断方法は?治療・療育方法はあるの?のタイトル画像
関連記事
自閉症スペクトラム障害とは?年代別の特徴や診断方法は?治療・療育方法はあるの?
アスペルガー症候群(AS)とは?症状と年齢別の特徴のタイトル画像
関連記事
アスペルガー症候群(AS)とは?症状と年齢別の特徴
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。

美月 さん
2017/02/06 22:06
職場にもオープンにしました。今までクローズだったのは、障害者雇用であることでの格差がある。その事への不信感です。障害者差別解消法、雇用にも欲しいですね。私の老後は、どうなることやら。

桜ねこ さん
2017/02/06 07:46
現在、医療機関で療育に関わっています。子どもたちの多くは、自分の辛い特性に加え、言語化が苦手な子どもも多く、なんで❓と思うこともしばしば。周囲理解のためにも、このような体験会が草の根的にもっと行われること望みます。症状理解そのものより、こういう動きを起こしてあげることが発達障がい理解の草の根運動なのかなぁ。。。と。

Avatar11

みんなのアンケート

Column title c6836bad50fd5a57095ac6032e29e523a502a25fc8489b1ea6580e64dc0e2b19

あわせて読みたい関連記事

発達障害の子どもが通常学級に進級する場合、先生やママ友に伝えておくべきことは?のタイトル画像

発達障害の子どもが通常学級に進級する場合、先生やママ友に伝えておくべきことは?

知的発達に遅れがない発達障害の子どもの場合、通常学級への在籍を選ぶご家庭も少なくないでしょう。近年では通級による取り出し指導も充実してきて...
進学・学校生活
48551view
2016/11/21 更新
発達障害の原因は?広汎性発達障害/自閉症スペクトラム・ADHD・学習障害それぞれ原因に違いはあるの?のタイトル画像

発達障害の原因は?広汎性発達障害/自閉症スペクトラム・ADHD・学習障害それぞれ原因に違いはあるの?

発達障害の原因はなんなのでしょうか?発達障害の原因は遺伝的要因の可能性があるとされていますが、それはどのような意味なのでしょうか?今回は現...
発達障害のこと
86308view
2016/11/25 更新
NHKが1年がかりの「発達障害プロジェクト」を始動!番組横断で発達障害の多様な姿を伝えますのタイトル画像

NHKが1年がかりの「発達障害プロジェクト」を始動!番組横断で発達障害の多様な姿を伝えます

2017年5月16日にNHKが「発達障害プロジェクト」をスタート。1年間かけて複数の番組横断で、発達障害のある人や周囲の人たちの、様々な暮...
発達障害のこと
83821view
2017/05/17 更新
自閉症の子どもの接し方は?子育ての困難と対処法まとめのタイトル画像

自閉症の子どもの接し方は?子育ての困難と対処法まとめ

自閉症の子どもにはどう接するべきでしょうか?こだわりが多い、コミュニケーションが苦手など様々な特性のある子どもの子育てにおいて不安に感じる...
自分と家族のこと
64344view
2016/12/11 更新
小児期崩壊性障害とは?症状・原因・治療法・療育法は?他の障害との違いは?のタイトル画像

小児期崩壊性障害とは?症状・原因・治療法・療育法は?他の障害との違いは?

小児期崩壊性障害とは、それまで明らかに定型発達していたのに突然、成長の過程で覚えた言葉や排泄能力などを失い、最終的には知的障害を伴った自閉...
発達障害のこと
34905view
2016/12/01 更新

この記事を書いた人

GreenDays さんが書いた記事

娘の本心を引き出すのは母のお芝居!?怒りの理由を言葉にする大切さのタイトル画像

娘の本心を引き出すのは母のお芝居!?怒りの理由を言葉にする大切さ

アスペルガー症候群のある娘は幼い頃から怒りの感情に振り回されて苦しんできました。さまざまな形でアンガーコントロールに取り組んで来ましたが、...
発達障害のこと
742view
2017/05/24 更新
感覚過敏の息子をパニックから一瞬で開放する「魔法の呪文」とは!?のタイトル画像

感覚過敏の息子をパニックから一瞬で開放する「魔法の呪文」とは!?

息子の久々のパニックに使うことになった「魔法の呪文」。その呪文を二人で唱えると息子はあっさりとパニックから抜け出すことができました。でも、...
発達障害のこと
4514view
2017/05/17 更新
発達性協調運動障害の息子の「テレビ体操」奮闘記!母と一緒に見つけた攻略法は…のタイトル画像

発達性協調運動障害の息子の「テレビ体操」奮闘記!母と一緒に見つけた攻略法は…

学校に行かずに家で穏やかに過ごしている子供たち。一日中家に引きこもっているわけではありませんが、最近少し運動不足気味になってきました。そこ...
学習・運動
3140view
2017/05/10 更新
昼間まで寝ている夫にイライラ。その理由がわかって見えてきたことのタイトル画像

昼間まで寝ている夫にイライラ。その理由がわかって見えてきたこと

在宅勤務の夫は夜型の生活をしています。私としては、子供たちと一緒に昼型の生活をしてほしいと訴え続けてきました。しかし、あることを知って、夫...
発達障害のこと
23495view
2017/05/03 更新
自分の「理想」を押し付けてしまうアスペルガーの娘とお話したことのタイトル画像

自分の「理想」を押し付けてしまうアスペルガーの娘とお話したこと

アスペルガー症候群である娘は、目標に向かってひたむきに努力できる性格の持ち主です。しかし一歩間違えるとギスギスとした空気を醸し出し、周囲を...
発語・コミュニケーション
7545view
2017/04/25 更新
コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。