私の場合「1から10までの説明」では足りないこともあるのです

私の場合「1から10までの説明」では足りないこともあるのですのタイトル画像

少しの説明で理解して行動できればいいけれど、1から10まで説明されなければ理解できない人もいます。
そんな事実を知ってもらうことで「どんな発達段階の子どもでも理解できる工夫」が広がっていきますように。

2ef94c5be6406817949fc2211a9cdf209bdd4a1b s
5358 View

「1から10まで説明が必要なの?!」

子どもの頃から社会人に至るまで、そして46歳になった今でも、気をつけないと「1から10まで言わないとわからないのか!」と言われてしまうような事象が起こります。

そんなときは、心の中で「ええ、わからないんですよ!」とちょっと口をとんがらかしてブリブリ呟きながら、「お手数をおかけして申し訳ないのですが、もう一度最初から最後まで、できればそれによる結果も含めてご説明いただけませんか?」と頭を下げます。

子どもの頃は「どうして自分だけわからないんだろう。よっぽど頭が悪いんだ」と心の中で呟きながら、言葉にならず涙が流れるばかりでした。

そうしたら「君はすぐに泣く。そして黙っていてはわからないよ?」と先生や大人たちに叱られて、さらに悔しくて言葉は全くでなくなりました。

この言葉に合わせて、説明に何かしらのニュアンスが含まれていると、もうほとんど言われている事はわからなくなります。

大人になった今も、同時進行で理解することが難しい

実は、今回このコラムのお話をいただいた際にも正にモデルケースのような出来事が起こりました。

ライターをお引き受けするにあたり様々な条件などを、メールや電話で何人かの担当の方と相次いでやり取りをしました。少しずつニュアンスが違う説明に整合性がとれず私の思考はオーバーフローしてしまいました。

また、複数の事柄を同時進行で理解するのはとても難しい私。
ライターのお話とそれに伴う準備や段取り、スケジュールや実際の手法などを同時進行で理解していく事はとても困難でした。

おそらく、一般理解が及ぶ人なら何てことない説明だったと思います。むしろ担当の方は丁寧にお話くださっていたはずです。でもその部分が特に弱い私は、丁寧にしていただいたそれさえも理解が困難でした。

「出来る!」に必要なのは1から12までの説明

理解できない原因として私が感じるのは「説明の角度」です。

発達に凸凹のある人は、物事の理解の仕方が独特であることも多いと思います。ですが、少し説明の角度を変えてみたり、言い方や言葉のチョイスを別のものに変えてみるだけで、パチン!と理解できることも少なくありません。

だから私は普段、相手が話す言葉を、頭の中で自分が理解しやすい言葉や角度に変換しながら聞いています。頭の中では常に変換作業をしているため、とても疲れます。

発達障害の人たちが疲れているのは、怠けているとか体力がないのではなく、一般理解ができる人たちがゆっくり歩いている横を、猛スピードで走り続けているようなものだと思います。

「脳が常に走っている」ことに伴うしんどさや疲労を、怠けていると誤解されるのはとても悲しいことです。

そういったことが理解され、少しでも走らなくていい時間が訪れるように願ってやみません。
脳に偏りがある人の多くは、1聞いて10知る事は難しいと思います。

結果を含めた詳細な説明を聞いて、それが理解できて納得できたら確実に実行できますが、説明やそれに含まれるニュアンスが読みとれない、納得できない場合は行動に移せないし、頭の中はかなり混乱して思考はおいつかず、オーバーフローとなります。

1を聞いて10を知ることができなくても、1から12までの説明があれば、同じようにできるようになるという事です。

しかし私が子どもの頃から現在に至るまで、「わからない子どもがわかるようにするには、なにが必要なのか」と大人が考えて工夫する事は、その子どもに対して「特別扱い」で、「1人だけを特別扱いできない」という概念から、工夫してもらいにくい現実があるように思います。

「特別扱い」は悪いこと?子どもたちの未来に願うこと

特別扱いしてもらうのは悪いこと、私はそう思っていましたし、今も説明を繰り返し求めないと理解できない自分を責めてしまう傾向にあります。

そしてたまたま説明がうまく聞き取れたらできてしまうので「やったらできる子」と言われてしまいます。

そしてそのやったらできる子は、

やったらできる→やっていないからできない→努力していないからできない→怠けている

という判断をされがちです。

たしかにやったらできるのです。できない時は怠けているのではなく「やり方がわからない、意図が理解できない」のです。1から12ぐらいまで説明があれば、必ず「できる」に繋がります。

要するに、本人の落ち度ではないということを周囲の大人に理解してもらう必要があるのです。
子どもたちには、平等に学んだり遊んだりする権利があります。

4月から始まる障害者差別解消法のもと、教育の現場においても「合理的配慮の義務化」がなされると聞いています。

「理解できる工夫」をする事は、どんな発達の子どもも同じスタートラインに立って学んだり遊んだりできるようにする、という事だと思います。

理解の難しい子どもたちが、その事で自責したり涙を流す事なく、学べますように。
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
Column title

あわせて読みたい関連記事

この記事に関するキーワード

Area search

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。