何度注意しても減らない学校でのトラブル、子どものせいだと思ってた…

何度注意しても減らない学校でのトラブル、子どものせいだと思ってた…のタイトル画像

発達障害のある息子は、学校に行くと親や先生を困らせる行動ばかり。しかし何度叱っても問題は解決されません。悩み続けた私が自分自身を振り返ることで見出した解決への糸口とは。

Bd19c901c9edbb4009e66d9d0671450a524a4c78 l
31072 View

どうしてわかってくれないの…親を困らせる子どもの行動

私の息子には発達障害があります。

その特性から、学校に行くと周りの先生やお友達を困らせてしまうような行動ばかりしていました。友達のものを壊してしまったり、教室から飛び出してしまったり…

それは忘れ物やなくし物などは、まだ良い方だと思ってしまうほどの威力でした。

そんな息子が入学した当時の私は、問題を起こし続ける息子への対応に、身も心も疲れ果てる毎日。独りになるとその辛さから、どっと涙があふれてきました。

この子はどうして問題を起こすのだろう。

何度も言って聞かせているのに、どうしてわかってくれないのだろう。

いくら私が息子を叱っても、息子の行動は一向に良くなっていきませんでした。

子どもの行動が変わらないのはなぜ?

いくら言い聞かせてもなかなか息子の行動が変わらないのはなぜだろう?

そう考えていたとき、
「問題は本人にあるのではなく、叱るだけの大人にあるのでは」ということに気づきました。

私は、いつも何か問題が起こると、息子のことを叱ってばかりで「言い聞かせる」ことで解決しようと考えていました。

ですが、それは間違いでした。

発達障害と診断されてから気づいた事ではありますが、注意するだけではなく、そもそも問題を起こさずに済むような工夫が必要だったのです。

それは大人からの関わり方や、授業の参加の仕方など、いわゆる「子どもの周辺環境を整える」という視点でした。

子どもが変わるために周りの大人ができること。

一方的に叱るだけでは解決しない、と気づいてからは、
「なぜ問題を起こすの?」ではなく「どうすれば防げるだろう」と考えるようになりました。

子どもは、自分の過ごす環境が居心地が悪いと、その辛さを何かの行動で示してくると感じています。それは、泣きわめく場合もあれば、友達とのトラブル、学校の行き渋りで現れる場合もあります。

「困った子は、困っている子」というフレーズがあるように、子ども本人も何かに困っているのです。それを大人が一方的に叱ってしまうと、子どもの気持ちは置いてけぼりなまま根本的な解決はできません。

ですから、「問題」に直面したときは叱り言い聞かせるのではなく、そもそも問題を起こさずに済む工夫を考える必要があるのです。

問題を違う視点から見てみよう。子どもの行動に悩む人たちへ。

息子は中学生になりました。

発達障害はそもそも外から見るとわかりにくく、理解されにくい障害です。しかし中学にもなると今までの療育や支援の効果もあり、ますます障害の存在が見えにくくなったように感じます。

障害の存在が見えにくくなることは、親としては喜ばしい限りです。本人が困ることが減り、周りにも迷惑をかけることが少なくなっているのですから。

一方で問題を起こさなくなり障害が見えにくくなった分、今でも本当は抱えている問題に対して、支援や配慮を受けにくくなったな、と感じます。

最近では、時折訪れる「学校を休みたい」という発言に、ほっとすることさえあるのです。

なぜなら休むことで、先生たちに「まだまだサポートが必要なんだな」と認識してもらえる機会になるからです。

問題が起こるたびに、どうにかしようと振り回されていた私ですが、今では問題は「子どもからのSOS」と考えられるようになりました。

子どもの問題にぶつかった時、少し視点を変えてみましょう。

「どうしたら?問題を防げるのだろう?」

子どものせいにする前に一度、周りの大人の行動を振り返ってみるのです。

そうするだけで見えてくるものがあるのではないでしょうか。
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
Avatar11
Column title

あわせて読みたい関連記事

児童相談所の役割は?子どもの健康管理や虐待対応など...子育てに悩む方々を救う役割をご紹介します!のタイトル画像

児童相談所の役割は?子どもの健康管理や虐待対応など...子育てに悩む方々を救う役割をご紹介します!

「子どものわがままに困っている」「叱り方がわからず、ついきつくあたってしまう」などの子育ての悩みを相談したいときはありませんか?児童相談所...
発達障害のこと
2822 view
2017/09/26 更新
ADHD(注意欠陥・多動性障害)とは?症状の分類と年齢ごとの特徴 、診断方法や治療まとめのタイトル画像

ADHD(注意欠陥・多動性障害)とは?症状の分類と年齢ごとの特徴 、診断方法や治療まとめ

ADHD(注意欠陥・多動性障害)は不注意、多動性、衝動性の3つの症状がみられる発達障害のことです。周りに理解されづらく、仕事や学業、日常の...
発達障害のこと
3314862 view
2017/08/30 更新
ADHD(注意欠陥・多動性障害)の原因は?遺伝する確率は?のタイトル画像

ADHD(注意欠陥・多動性障害)の原因は?遺伝する確率は?

ADHDは「多動」「衝動」「不注意」の3つの特徴がみられる発達障害です。ADHDは先天性の障害と言われていますが、原因にはどのようなものが...
発達障害のこと
191962 view
2016/06/09 更新
自閉症の子どもの接し方は?子育ての困難と対処法まとめのタイトル画像

自閉症の子どもの接し方は?子育ての困難と対処法まとめ

自閉症の子どもにはどう接するべきでしょうか?こだわりが多い、コミュニケーションが苦手など様々な特性のある子どもの子育てにおいて不安に感じる...
自分と家族のこと
141914 view
2016/12/11 更新
「スクールカウンセラー」は悩める親子の強い味方!専門家・池田行伸教授に聞く、上手な活用術とは?のタイトル画像

「スクールカウンセラー」は悩める親子の強い味方!専門家・池田行伸教授に聞く、上手な活用術とは?

就学期のお子さんを育てている、悩める保護者のみなさん!「スクールカウンセラー」って、どんなイメージがありますか? 「まとまった相談ごとが...
進学・学校生活
6358 view
2017/11/06 更新

この記事を書いた人

kaoru さんが書いた記事

角砂糖でカロリー補給をする息子、我が家の偏食との向き合い方のタイトル画像

角砂糖でカロリー補給をする息子、我が家の偏食との向き合い方

つい先日息子が、「おれポトフが食べたい」と言い出して、心臓が止まるかと思うほどびっくりしました。「え?君がポトフを食べたいの?」と聞き返す...
身のまわりのこと
8243 view
2017/06/26 更新
なぜ中2の息子は母にハグを求めるの?愛着と発達障害との関係とはのタイトル画像

なぜ中2の息子は母にハグを求めるの?愛着と発達障害との関係とは

最近よく耳にする「愛着」という言葉。発達障害とはどんな関係があるのでしょうか?中2の息子が母である私にハグを求める姿から、発達障害児の愛着...
自分と家族のこと
50015 view
2017/01/16 更新
不登校と向き合う親の4つの質問。元チャレンジ校教員が語ったことのタイトル画像

不登校と向き合う親の4つの質問。元チャレンジ校教員が語ったこと

昨年、不登校に関する勉強会を開きました。 講師の経験から、不登校から立ち直るプロセスを通して、登校に不安がある子へのサポートの在り方を学び...
進学・学校生活
22095 view
2016/12/17 更新
何度言っても伝わらないのはなぜ?中学生の息子に理由を聞いたら…のタイトル画像

何度言っても伝わらないのはなぜ?中学生の息子に理由を聞いたら…

子どもにどれだけ注意しても、言うことを聞いてくれないのはなぜでしょう?子どもにわかりやすい、伝え方はあるのでしょうか?ヒントは息子から教え...
発語・コミュニケーション
77189 view
2016/09/07 更新
子どもが発達障害とわかったとき、周囲にはどう伝えるべき?のタイトル画像

子どもが発達障害とわかったとき、周囲にはどう伝えるべき?

わが子の発達障害を周囲にどう伝えるかは、発達障害児の保護者にとってとても気がかりな問題です。 カミングアウトするのかしないのかを含めて、私...
発語・コミュニケーション
57655 view
2016/08/17 更新
コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。