つめ噛みも「自傷」?息子のカジカジが止まない時と、とまる時

つめ噛みも「自傷」?息子のカジカジが止まない時と、とまる時のタイトル画像

ADHD当事者の私。息子も「発達障害の疑いがある」と言われています。そんな凸凹親子の日常を少しだけご紹介ます。今回は、長男の爪噛みのお話です。

モンズースー
75128 View
つめ噛みも「自傷」?息子のカジカジが止まない時と、とまる時の画像
Upload By モンズースー
長男は断乳後よく指を口に入れていました。

最初は断乳の寂しさからくる指しゃぶりなのだと思っていたのですが、ある日、手が痛いと訴えるように泣いているのです。

見ると、手の爪が全部深爪になるほど噛んでいました。

とても驚きましたが、それでも「爪を噛む」行為は、どんな子どもにでもあると思い、そのうち治る…とあまり深く考えずにいました。

ただ、噛んでいるのを見かけた度に一応止めていましたが、その後何か月も治りませんでした。

ある日、発達障害関係の本を読んでいると爪噛みの事が。

そこには

「爪噛みは自傷」

と書かれていたのです。

「自傷」という、考えていたより重たい言葉に驚き怖い気持ちになりました。

何か自傷の原因があるなら、爪噛みを止めるだけでは意味が無いのではないか…逆にストレスなのではないか…そう思い爪噛みを止めることはやめました。
つめ噛みも「自傷」?息子のカジカジが止まない時と、とまる時の画像
Upload By モンズースー
支援のある幼稚園に通いはじめ、最初の数か月は爪噛みがまったくありませんでした。

この頃は、一気に言葉が増え、家族以外の人とも少し一緒に行動できるようになり、自分の気持ちを相手に伝えられるようになってきました。

その後、成長にともない、新たな壁にぶつかると、また爪噛みがはじまりました。

爪噛みは「原因があるのだ」と理解できたので、今度は無理にやめさせず、一緒に原因を考え、改善策を探しながらながらゆっくり付き合って行こうと思ってます。

振り返れば、わたし自身も、爪噛みをやめるまで20年もかかっていたのですから。
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
放課後等デイサービス・児童発達支援の求人一覧です。待遇・給与、勤務時間、研修・教育制度、職員のインタビューからあなたにぴったりの職場を探せます。
会員登録後のエントリーで1,000円のAmazonギフトカードがもらえるキャンペーンを実施中!
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

発達障害のキホンを知る

発達障害のキホンを知る

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。