「ありがとう」が言えなかった息子に、街のお豆腐屋さんは…

「ありがとう」が言えなかった息子に、街のお豆腐屋さんは…のタイトル画像

4歳の次男は、体の大きさは5歳並み。でもお喋りができません。「挨拶もできない子」と思われたこともありましたが、療育事業所の近所で素敵な交流がありました。

E6ba73dc9533e190c71bfc3877414870457f1533 s
72130 View

街中で声をかけてくるご年配の方。可愛いリアクションを求められても…。

私は、子どもを連れているときに話しかけてくるご年配の方が苦手でした。

というのも、道や電車、公園などで話しかけてくださる方の多くが、我が子に「かわいいリアクション」を求めてくるからです。

「坊ちゃん、今日はどこへ行くの?」「今何歳なの?」

そう聞かれても、うちの子は表情ひとつ変えず華麗にスルー。

「じゃあね、バイバイ」

…これも見事にスルー。

嫌で無視しているわけではなく、発達の凸凹でまだ臨機応変に上手な返事が出来ないのです。
それなのに、「ご挨拶ぐらいはできないとねえ。」と苦笑いで言われて悲しい気持ちになったこともありました。

突然話しかけられて、挨拶ができないと叱られる、私はそういった場面が苦手になっていました。

療育の帰り道、商店街のお豆腐やさんに寄ってみた

ある日、いつもの民間療育事業所からの帰り道のことです。

いつも療育の行き帰りに、お店の前を通り過ぎるだけだったお豆腐屋さんに寄ってみました。

普段はスーパーでまとめて買い物をするのですが、店先の卯の花とがんもが美味しそうで、買って帰ることにしたのです。

昔ながらのお豆腐屋さんで、お店番をしていらしたのはおばあちゃま。

優しい口調で注文を聞いてくださったあとに「飴、あげてもいいかしら?」と一言聞いてくれました。
私は「嬉しいけど…。息子はありがとうと言えないからな…。」と迷ってしまいました。とはいえ、「息子はありがとうが言えないので、いりません」とも言えず、お言葉に甘えることにしました。

おばあちゃまが飴をくれた後、私は息子に向かって「ありがとうは?あ・り・が・と・う」と、普段はちゃんと言えるんですよとばかりに息子へ促しました。

しかし息子は2つの飴をサッと奪い取るも、もちろん無言です。

私に飴を差し出しながら、おばあちゃまの方は一度も見ない息子。「…ああ、気まずい」と思いながら「すみません、すみません」と謝る私。

お礼を言わない息子をちゃんと認めてくれたお豆腐屋さん

お礼が言えなかった息子を見て、また何か言われるか苦笑いをされるのか…と思っていた矢先、おばあちゃまがこう言ったのです。

「優しいのねえ。飴、ママにあげるのね。」

1人気まずい思いをしていた私には予想外の言葉です。ただただ驚きました。

私は、息子に「こんにちは」「ありがとう」「さようなら」という言葉を言わせることこそ、最大のミッションだと思っていました。それなのに、おばあちゃまは「そんなことはどうでもいいよ」という笑顔で、息子を見つめていたのです。

帰り際に、息子が最近ようやく覚えた不安定なバイバイの手振りが少し出たとき、「バイバイしたの、えらいねえ。」と言ってくださました。

息子は「ありがとう」と言葉で伝えられなかったのに。
バイバイでさえ、年齢相応ではなく、ままならなかったのに。

それでも、0歳児でもできるはずのバイバイをしようとした事をちゃんと認めてくれたのです。

子どもは地域で生きていく。理解が広がると、驚くほど生きやすくなる

私はとても驚き、あたたかい気持ちになりました。

実はこのお豆腐屋さん、通っている療育事業所が「地域の方に療育に通う子どもたちへの理解を広げたい」「子どもたちに楽しみながら療育に来てほしい」と考え、地域の商店街を巻き込んで作った、子どもたちへのスタンプラリーの加盟店だったのです。

もちろんお豆腐屋さんのお人柄があってのことだとは思いますが、きっと「大きくても話せない子どももいる」ということを身近に感じてくださっていたのだと思います。

「地域の方の理解がある」という事が、これほどすごしやすく心強いものなのか、と感じました。

これからも、地域の中で生きていく、成長していく子どもたち。
彼らのことを、もっともっと知ってもらいたい。理解を広げていきたい、そう思いました。

だからこそ、いつもは大型スーパーで買い物を済ませる派ですが、こういう出会もあるなら時々お店に入って買い物するのも良いな、お店の方に息子のことを知ってもらうのも大事だな、と思っています。

そして、「勝手に話しかけては出来ないと叱ってくる」なんて、ご年配の方のことを決めつけるのはや~めた!と思う今日このごろなのでした。
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。

azzn さん
2017/02/03 22:37
「地域を巻き込んで」とか「地域の理解を」というのは良く耳にしますが、では実際にはどんな事?と考えると、いつもうちの子がしているように頭の上に大きなクレッションマークが(;^_^A
記事を読んで、なるほど、こういう事なのね・・・と、ちょっと理解へのきっかけが出来たような気がします。
色々なタイプの子に対応できるかたなんてそうそういらっしゃらないでしょうけど、どうせダメだと諦めてしまって伝えないでいたら、何も変わらないですよね。
それにしても、良いアイデアですよね(∩_∩) スタンプラリー。

Avatar11
Column title

あわせて読みたい関連記事

子どもの言語障害とは?さまざまな言語に関する障害の違いを徹底解説しますのタイトル画像

子どもの言語障害とは?さまざまな言語に関する障害の違いを徹底解説します

言語障害とは、言葉に関して困難さのあることをさします。中でも医学的なシーンで使われる「言語障害」は、発達期に言語の産出と理解が苦手であるた...
発語・コミュニケーション
28592 view
2017/05/30 更新
ソーシャルスキルトレーニング(SST)とは?支援の対象、方法、気をつけたいポイントについてのタイトル画像

ソーシャルスキルトレーニング(SST)とは?支援の対象、方法、気をつけたいポイントについて

ソーシャルスキルトレーニング(SST)とは、人が社会でほかの人と関わりながら生きていくために欠かせないスキルを身につける訓練のことを指しま...
発達障害のこと
209073 view
2016/11/13 更新
構音障害とは?構音障害の原因、診断方法、訓練方法、家庭でできる工夫などを紹介のタイトル画像

構音障害とは?構音障害の原因、診断方法、訓練方法、家庭でできる工夫などを紹介

「構音障害」とは言語障害の一つで、同じ発達年齢の人が正しく発音できる音を習慣的に誤って発音している状態を指します。ことばの発達は心身の発達...
発語・コミュニケーション
132263 view
2017/03/24 更新
言葉が理解できず泣く娘。広汎性発達障害といわれ、初めての言語訓練で…のタイトル画像

言葉が理解できず泣く娘。広汎性発達障害といわれ、初めての言語訓練で…

広汎性発達障害の娘は、2歳半で初めて言語訓練を受けました。訓練で娘が泣きじゃくる様子を見て、「かわいそうだな」と思っていた私ですが、言語訓...
発語・コミュニケーション
99127 view
2016/09/14 更新
15年の歳月を越えて、『光とともに…』新装版が伝える自閉症児と家族の生きる物語のタイトル画像

15年の歳月を越えて、『光とともに…』新装版が伝える自閉症児と家族の生きる物語

2001年から約10年に渡って連載された、自閉症児とその家族の歩みを描いたマンガ『光とともに…』が15年の時を経て、新装版として発売されま...
発達障害のこと
32880 view
2017/04/17 更新

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

OKASURFER さんが書いた記事

その「ラン活」ちょっと待って!発達障害のある長男のランドセル事件のタイトル画像

その「ラン活」ちょっと待って!発達障害のある長男のランドセル事件

小学校新1年生に向けたランドセル商戦はどんどん前倒しになっているようですね。昨年、我が家も必死の思いで購入したランドセル…でしたが、なんと...
進学・学校生活
17206 view
2017/06/26 更新
我が家に授かった第3子。すでに障害児2人を育てる母の所信表明のタイトル画像

我が家に授かった第3子。すでに障害児2人を育てる母の所信表明

この度第3子を授かりました!嬉しい?困惑?すでに障害児を2人産んだ私の気持ちはこんなかんじです。
自分と家族のこと
37120 view
2017/06/12 更新
歯が抜けるなんて絶対いやだ!そんな長男の成長を待ってくれた「乳歯」のタイトル画像

歯が抜けるなんて絶対いやだ!そんな長男の成長を待ってくれた「乳歯」

年長になった頃から周囲のお友だちの歯が生え変わりはじめました。 歯が抜けたお友だちの様子を見て「絶対にいやだ!」と自分の歯が抜けるのを怖が...
身のまわりのこと
3914 view
2017/05/29 更新
「イキがってる」わけじゃない!聴覚過敏の味方、イヤーマフを知ってほしいのタイトル画像

「イキがってる」わけじゃない!聴覚過敏の味方、イヤーマフを知ってほしい

長男は聴覚過敏の持ち主。外出時には「イヤーマフ」が欠かせません。しかしこのイヤーマフ、なんのために付けているのか知られていないため誤解を呼...
身のまわりのこと
18473 view
2017/05/16 更新
保育園の「終わり」に直面した発達障害の息子。母が感じたことは…のタイトル画像

保育園の「終わり」に直面した発達障害の息子。母が感じたことは…

自閉症の子どもには「終わり」「区切り」をしっかり伝えた方が良いとされています。長男が保育園を「終わる」とき、どのようにそれを伝えればよいの...
進学・学校生活
11182 view
2017/04/17 更新
コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。