なぜ宿題ができないの?発達特性とは知らなかったあの頃

なぜ宿題ができないの?発達特性とは知らなかったあの頃のタイトル画像

宿題がどうしても進まない!内容は知っているし理解しているはずなのにどうして?我が子が小学2年生のときに、ぶちあたった悩みです。理由がわからず、親子共に大変な毎日でした。当時は発達特性によるものだと知らず、悩み続けていたのです…。

16b06bd9b738835e2d134fe8d596e9ab0086a985 s
122836 View

どうしてやらないの?

今思い出しても、ため息が出るような日々でした。

長男は、どうしても宿題を順調に終えることができないのです。
毎日長い時間、宿題とにらめっこしていました。

宿題は、漢字の書き取りをノートに1ページと算数のプリントが1枚程度。
ゆっくりやっても1時間はかからないであろう宿題が、いつまでたっても終わらないのです。特に漢字の書き取りはできませんでした。

理由は全くわからず、なぜ?どうして?何がいけないのか?と悩み困り果てていました。

「宿題終わったら遊びに行っていいよ」「宿題終わったらスイミングへ行こうね」「宿題終わったら、好きなテレビを見ようね」と声かけをしていましたが、全くエンジンがかからない姿に苛立ちが募り「宿題ができなかったら〇〇させないよ!!」と叫ぶようになっていきました。

その頃の私は、ただ息子がやらないように見えていて、まさか「出来ない」のだとは思ってもいませんでした。

そんな日々は続く

そんな日々は続きます。

宿題をやろうとしても、大抵は、プリントを広げてすぐにストップしてしまうのです。

隣にいき、声をかけると漢字を一文字。離れると止まってしまうので、横に座り声をかけ続ける日もあります。それでも、なかなか終わらないのです。

あまりにも終わらず「終わらなかったら晩ご飯食べさせないよ!」と言ってしまうことも。
私がイライラし過ぎて相手ができず、父親に任せたり、完全に放置してしまう日もありました。

そんなどうにもならない日は続き、ある時は夕食を挟んで合計6時間、宿題についやした事もありました。終わったのはなんと12時半頃。

一体何をしているのだろう?

その間、長男は何をしているのかというと、席を立つわけでも、おもちゃで遊び始めるわけでもありません。

ノートの境目が鉛筆で塗られ、真っ黒に。なぜか文字を書くマスの外にだけ落書きがビッシリ。ノートのふちを縁取りのようにちぎっていたり、筆箱の内側が鉛筆や油性ペンで真っ黒に塗られていたり。

宿題が終われば、遊んだりご飯を食べたりできるのに、こんなことをしてケロっとした顔の長男。理解に苦しみました。
目標を決めたり、時間をきめたり。
ご褒美をきめて頑張ろうとすることもあります。

それでも動けないのです。そしてついに「宿題が◎◎までにおわらなければ…」とペナルティも試しました。それでも動けず、ショックを受けているようにも見えないのが、ショックでした。

発達の特性が理由と知って

そんな出口の見えない日々が、発達特性による困りだと知ったのは小学3年生の秋でした。

夏に受けた発達検査で「手本を見て写す」という作業が苦手だと知りました。
手本を見る→目線を変える→見たものと同じものを書く、という漢字の書き取り作業がスムーズに行えないのです。

そして、得意と苦手な事の差が大きい場合、苦手な事への能力が実際以下に感じるとも言われました。つまり、取り組むのにかなり努力が必要、ということです。

難しさを感じつつも、理由がわかり少しホッとしたのを覚えています。
こうして、私は「なぜやらないの?」が繰り返される日々から解放されました。長男は宿題を「やらない」のではなく、「出来なかった」のです。

とはいえ、その後も試行錯誤と悪戦苦闘の日々は続きました。今思えば、グレーゾーンとはいえ長男は療育が必要だったなぁと感じています。

もし、今同じようにお子さんの様子を見て悩んでいる方がいらしたら、発達検査を受けてみてはいかがでしょうか?子ども本人の得意不得意がわかり、モヤモヤした気持ちが何かしらスッキリするかもしれません。
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
Avatar11
Column title

あわせて読みたい関連記事

Area search

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。