子どもの不登校や引きこもり、生活改善を促す前に親がしたいこと

2016/05/06 更新
子どもの不登校や引きこもり、生活改善を促す前に親がしたいことのタイトル画像

外の世界に適応しようと頑張って頑張り続けて、力尽きて不登校になってしまった子どもの中には「引きこもり」になるケースも少なくありません。部屋から一歩も出ない、夜中に気配はするけど姿も見られない、そんな行動の裏にはどんな気持ちがあるのでしょうか。そして、親としてどういう対応をしたらいいのかヒントになれば幸いです。

ヨーコさんのアイコン
ヨーコ
58132 View

どうして引きこもるのか

うちの娘も小3から引きこもり始めて、もうすぐ中2になります。わが家の経験を参考にして、子どもにどういう風に対応したらいいのかヒントになればと思います。

引きこもる子どもたちは、学校で頑張って、うまくいかなくても頑張り続けてついに力尽きたという状態です。

「これ以上学校にいると自分が自分でいることができない」、「外の世界では生きづらい」から安全地帯である家に引きこもるわけです。

これは決して子育てに責任があるわけではありません。外の世界で壊れてしまった心を修復するために、自分を守るために、彼らは引きこもるのだと思います。
ひきこもりとは?原因、相談先、支援など解決の道筋は?不登校、精神疾患や発達障害との関わりも解説しますのタイトル画像

関連記事

ひきこもりとは?原因、相談先、支援など解決の道筋は?不登校、精神疾患や発達障害との関わりも解説します

引きこもっている子どもたちの気持ち

ある引きこもりの子どもの声です。

「リビングに近づくのが怖かった。家族に何か言われるのがつらかったから。寝静まるのを待って冷蔵庫をあさりに行った」
「親に『このままでいられると思っているのか、将来はどうするのか』といわれることが何よりも苦痛だった」

子どもたちは罪悪感と自己否定の気持ちでいっぱいになっています。親から言われる前に、「自分なんて生きている価値はない」、「消えてしまいたい」と自分を責め続けています。
家族が出かけるときのドアの締まる音にさえ、罪悪感を感じていたりするのです。

彼らは、今の自分の状況に強い不安を感じて悩んでいます。そして、それを親にわかってほしい、どうすれば脱出できるのか教えてほしいと願っています。だけど、それと同時に「わかってもらえない」という人間不信の気持ちでいっぱいでもあるのです。

子どもの生活を丸ごと受け入れる

まずは、いま現在の我が子の生活をあるがままに受け入れることが何より大切だと思います。

それは、「その生活を本当にそれでいいと思いなさい」という意味ではありません。親の思いはいったん横に置いておいて、「今はそのままでいい」と子どもの生活を丸ごと受け入れるのです。

まず、何かをさせようという接し方はやめましょう。
「ちょっとは運動したら」、「せめて朝ちゃんと起きなさい」といった言葉はNGワードです。

もし、あなたが会社で理不尽ないじめを受け続け、突然リストラされたうえ、家族や友だちに「あなたが悪い」といわれたらどんな気持ちになりますか?もう外の世界が怖くなりませんか?

お子さんはそんな気持ちでいるのだと想像してみてください。

そして、ゲーム三昧でも昼夜逆転でも無条件にそのまま受け入れてみてください。

本人を信頼してすべての生活を任せ、親は関心を向けながらもそれを表に出さないのがポイントです。

家を居心地よくして、食事を出し続けていたら十分です。
あとできれば、おはよう、お休みの挨拶をして、「ご飯ができたよ」、「洗濯物はない?」と呼びかけ、お小遣いも普通に渡し、誕生日を祝いましょう。

要は、口出しせずに、子どもの生活を認めたうえで普通に接するということです。

甘えが出てきたら進歩のサイン

そういう生活を続けていると、子どもが甘えてくるようになります。

一緒に寝たいと言い出したり、マッサージしてといってくる、親をワッと驚かそうとする、今までの不満を口にする、自分の知っていることを話したがるなど、小さな子どもに戻ったようでビックリするかと思います。

でもそれは、心の傷や心身の疲れが癒されてきて、新しい自分作りをするための「親と子の絆の築き直し」が始まったサイン

できるだけ応えてあげてくださいね。

特に男の子の場合、一緒に寝るのは抵抗があるかもしれません。

ですが‥こんな話を聞いたことがあります。

一緒に寝てみたら、何日かかけて少しずつ距離をつめてきて、ついにお母さんの足先にそっと触れました。
その朝、「もう一人で寝る」とすっきりした顔で言ってきたそうです。

「もっと甘えたかった」という昔の宿題を終えたのかもしれませんね。

いつか立ちあがる日を待ちながら

うちの娘は、個室にこもってしまうことはありませんでしたが、昼夜逆転、パソコン依存はもちろんのこと、お風呂に1週間入らない、歯も磨かないという生活が続きました。

ですが、ただひたすらに普通の日常を過ごしていくことを重ねているうちに、いつの間にか歯を磨くようになり、つい最近は1年ぶりに散髪にも行きました。

このごろは勉強にも興味を持ちだしてますし、なによりとても優しい子に育っています。

適切に対応すれば、どの子も必ず立ちあがれると思っています。

ゆっくりと待ってあげたいですね。
不登校の原因・きっかけは?解決に向けた子どもとの向き合い方、進級・進学や支援機関について解説しますのタイトル画像

関連記事

不登校の原因・きっかけは?解決に向けた子どもとの向き合い方、進級・進学や支援機関について解説します

フリースクールとは?不登校の子どものための授業内容、費用や利用方法、在籍校の出席認定について解説のタイトル画像

関連記事

フリースクールとは?不登校の子どものための授業内容、費用や利用方法、在籍校の出席認定について解説

発達ナビPLUSバナー
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。